外部リンクの貼付傾向を検証

最近、めっきり鳴りを潜めた外部リンク施策(笑)。そんな中、私はひそかに自分の運用サイトでページ更新(追加)に伴う外部リンクビルディング(外部リンクが貼られるスケジュール)を検証していました。最近は外部リンクが貼られる傾向が多様化してきた一方で、(Facebook等によるリンク紹介も多く)外部リンクも得られにくいような印象を受けていましたので自分自身気になっていたところです。

眠い

ふわふわ

検証対象サイト

5つのサイトで新しい記事を投稿した時の記事当たりの外部リンク数とその時期を検証しました。外部リンクの確認はSearch Consoleとahrefs.comを活用しました。また、目視確認できるものはそれも含めています。

結果として、以下の外部リンク推移を確認いたしました。

リンク増加スケジュール

サイトによって更新頻度が異なるため、1ヶ月間の該当ページの合計外部リンク数をページ数で割って平均値を算出しています。

ふわふわ

検証結果

サイト毎に特性が異なるので、それぞれでサマリーをご紹介します。

1.ビジネスブログ

はい、この「ふわふわビジネスブログ」です(笑)。これはページを更新すると、どなたかがフィード登録しているらしく、すぐにTwitterでツィートされます。Twitterはnofollowも付いていますし、リダイレクトということもあって、外部リンク効果やSearch Console等でのツール出現等は一切ございません。たまにNAVERまとめで取り上げられたりしますが、今回の検証期間中は特にございませんでした。やはりこのブログは情報鮮度が命のようなところもございますので、最初の頃に外部リンクを受けなければ、その後もずっと受けないということが分かりました。
 

2.ペット系サイト

私が飼っているペットの種類に関するあらゆる情報を詰め込んだサイトです。月間約5,000UU、約15,000PVあります。こちらは1ヶ月に1回程度しかページを増加していませんが、やはり特性上、ペット系ブログやペット系まとめサイト(キュレーションサイト)で取り上げられることが多いです。また、キュレーションサイトも色々あり、ひとつのキュレーションサイトに取り上げられると、そのミラーサイト(のようなもの)からもリンクが増加したり、他のキュレーションサイトを呼び込んだりして、順調に外部リンク数が増加していくことが分かりました。
 

3.悩み系サイト

女性の悩み系サイトです。月間約30,000UU、約50,000PVあります。比較的大き目のサイトです。こちらは悩み系サイトだけあって、キュレーションサイトの他にもブログ系からのリンクが増加していきます。(結果的にリンク元となる)ブロガーが自分の悩みとしてコンテンツ作成して紹介してしまうと、読者に「この人…そうなんだ」と思われてしまうため、客観的に情報を案内するために取り上げられる傾向が強いです。また、悩みに流行要素が無ければいつでも検索で目に触れる機会もあることから、掲載を継続すればするほど外部リンクも受けやすいことが分かります。
 

4.嗜好系サイト

これは土日で行っている趣味のサイトです。Facebookからのリンクのみです。Facebookは投稿単位でGooglebotが来ているわけではございませんし、単純に身内によるいいね!によるリンク増加ですので、実質ゼロです(笑)。目視ですし、身内が後から思い出したようにまとめていいね!を押しているだけです(笑)。
 

5.ニュース系サイト

これは月間約300,000UU、約500,000PVあるサイトですので、今回の5サイトの中で一番大きなサイトだと言えます。まぁ、メディアですね。リンクは多岐に渡ります。意味不明なリンク集に無駄に取り上げられることもあれば、2chに取り上げられたりします。2chでの取り上げられ方は、ユーザーがユーザーに、ある単語を説明する時にリンク紹介する形が多いです。他にはキュレーションサイトやはてなブックマーク、Twitter等、様々なCGMやSNSからリンクを受けます。ニュース系サイトと言いましても、ページ単位では色々なテーマがありますので、テーマ毎にリンクのされ方は異なりますが、やはりニュース系サイトはリンクの瞬発力が良いです。1記事あたりの平均値としても多いと思います。

ふわふわ

新たな発見はない…

今回、4ヶ月くらいかけて検証してみたのですが、結論としましては「まぁ、そうだろうね」という…(笑)。面白い発見は全然ありませんでした(笑)。サイトを運用していれば、自分だと想像がつくものですし、そういった想像がつく結果しか得られませんでした。でも、長いことかけて行ってきましたので、せっかくだから紹介しました。

爆発的にリンクが増加するであろうキャンペーンや記事を書いたわけではございませんし、平常運転投稿でしたので、従来通りの結果なのでしょう。しかし逆に申しますと、地道に一定の頻度でページを増加させ続ければリンクは増えていくという証拠にもなりました。

今は良くも悪くも「コンテンツマーケティング=被リンク」的なイメージがございますが、やはり、記事をアップし続ける情熱と愛が外部リンクを引き起こすのだと思います(笑)。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。