次世代の視覚的検索(Google I/O)

Google I/O 2019にて、Google検索がAR(拡張現実)を活かした視覚的な機能を発表しました。既にGoogleの「The Keyword」でも取り上げられていますが、これは興味深い内容でしたので、ご紹介したいと思います。

アトラクション

ふわふわ

AR検索

これからの機能として紹介されていますが、例えばGoogleで「サメ(Shark)」と検索し、そのリッチリザルト内検索結果の「View in 3D」とタップすると、3次元でサメを閲覧・確認することが出来ます。さらに、「View in your space」をタップすれば、ARを使って、実際の今いる空間の中にサメを登場させることが出来ます。それによって、サメの大きさや実物感を捉えることが出来るという仕組みです。以下がデモ画面です。

AR検索

引用)The Keyword

ふわふわ

Google Lensの新機能

また、Google Lensを使った新機能も登場しました。例えばレストラン等のメニューだけを見てもそれがどういう食べ物か分からなかったりします。そういう時はGoogle Lensを使って、メニュー名をタップします。そうすると、メニュー名をテキストで検索した検索結果が画像も含め案内してくれる仕組みです。つまり、テキストを読んでGoogle検索に打ち直して検索しなくても、直観的に知りたい情報を得ることができるようになります。以下がそのデモ画面です。

メニューが何か分かる

引用)The Keyword

他にも、Google Lensでは外国語表記の物(標識でも本でも何でも)にかざすと、その表記部分が自国語に翻訳された物になるという機能も登場しました。さらにGoogleのプログラミング言語であるGoogle Goと連携させることで、Google Lensをかざした部分の言葉を読み上げてくれる機能もあります。これは、目の不自由な人にとってはある程度有益となるのではないでしょうか。

ふわふわ

直感性と直観性を重視した機能

今回ご紹介した内容はGoogle I/Oで発表された新機能や開発要件の中の一部ではありますが、個人的には非常に感動しました。直感的なLensの機能はもちろんのこと、直観的なARを活かしたことによって、バリアフリーとか言語フリーとかも包括したものとなっており、まさしく次世代検索の在り方を具現化したと感じました。

いやぁ、どんどんすごくなっていきますねぇ~。

しかし、この開発スピードに対して「理解できないよ、もう」と思っている人――まだ遅くありません。是非Googleによる「はじめてのAI」を勉強しながら理解を深めてみてください。


関連記事
たまにtitleタグや見出しタグに施策キーワードを入れ込んだり、変更したりしただけで施策キーワードの順位が向上するケースがあると思います。一方で変更しただけでは検索順位がビクともしないケースもあります。これにはどんなメカニズムが働いているのか、私なりにご紹介します。 まずはtitleタグや見出しタグ ...(続きを読む)
Googleは画像ライセンスに関する構造化データのマークアップに関して、2020年2月に導入して以来、ずっと開発中でした(マークアップしておくことはできた)。ベータ版というのはそのままですが、この度、その画像ライセンスに関して、リッチリザルトテストツールで検証でき、Google Search Con ...(続きを読む)
Googleは、従来のAMPテストツールに関して、ウェブストーリー化できているかの確認もできるようになったと発表しました。ウェブストーリーはもともとAMPストーリーと呼ばれていたものでして、検索結果から対応しているサイトページ内の画像や動画のスライドショーを閲覧できる機能(Instagramストーリ ...(続きを読む)
今年3月にGoogleは9月に全サイトページを強制的にモバイルファーストインデックス(以下:MFI)化すると発表していましたが、コロナ禍ということもあり、来年(2021年)3月に延期することを決めました。併せて、改めてMFIに向けて事前に準備しておきましょう的な記事を公開しておりますので、和訳してご ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。