新しいウェブマスター向けウェブサイト

Googleウェブマスター向け公式ブログでウェブマスター向けに新しくサイトを作成したとアナウンスされましたので、ご紹介します。サイト制作を行う上で、もしくはSEO初心者には貴重なダッシュボードになりそうです。

Google-webmaster-site

ふわふわ

どんな機能のサイト?

簡単に申しますと、Googleが教える「サポート」「学ぶ」「つながる」からなる虎の巻サイトです。

「サポート」ではSEO施策上のざっくりした疑問に合わせて施策手順を紹介しています。「学ぶ」では検索の仕組みを案内していたり、「SEO業者が必要か判断する」ページに飛んだりと、意外と読んでいて面白いです(笑)。「つながる」はコミュニティやイベント、フォーラムの案内を知ることができます。

  • ウェブマスター向けトラブルシューティング: サイトを移転する方法や Search Console で表示されるメッセージなどについてサポートが必要なら、このトラブルシューティングが問題解決のお手伝いをします。また、Google 検索や Google Search Console でよく見られるサイトの問題を解決することもできます。
  • 人気リソース: 人気の Google ウェブマスター向け YouTube 動画や、ブログ記事、フォーラム スレッドをお探しの場合は、こちらをご覧ください。人気のリソースが一覧にまとめられています。このリソースは言語によって異なる場合があります。
  • イベント カレンダー:オンラインのオフィスアワーやお近くのライブイベントでチームの担当者とお話しになりたい場合は、こちらをご覧ください。オフィスアワーとイベントは、世界中で様々な言語にて開催しています。

引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

ふわふわ

意外と面白い

今回のウェブマスター向けウェブサイトはSearch Consoleヘルプにおける細かい説明記事を初心者に分かりやすい切り口で紹介しているダッシュボードとなっている印象を受けます。私自身も知らなかった記事が掘り起こされていたり、読んでいても面白かったりしているので、お時間がある時に読み進めてみてはいかがでしょうか?

また、初心者だったり、これからSEOを始めようと考えている人にはぴったりな内容構成だと思いますので、ちょいちょい「SEOとは」とかを説明しなくてはならない場面に出くわす私としましても助かるサイトです(笑)。


関連記事
曲名等でGoogle検索すると検索結果画面にダイレクトアンサー枠(インフォメーションボックス)やナレッジグラフ(Knowledge Panels)が出現し、そこに歌詞が表記されていたりします。私もこれを最初に見た時、驚きましたが、これがどういう仕組みで提供されているかについて、Googleが言及して ...(続きを読む)
Googleは新しいサーチコンソールに移行している中で、サイトの設定にあった[使用するドメイン]機能を廃止したと発表しました。元々この機能はただの設定でしたし、サイトオーナーとしては別作業でURLを正規化する業務もあったので、特段問題もないかな、とは思います。 どんな内容? 新しいGoogle Se ...(続きを読む)
Googleから今年5月にリリースされたばかりのHow-toとFAQの構造化データマークアップですが、まだHow-toの方は日本でのリッチリザルト化は見受けられません。日本へのマークアップ反映はまだのようです。一方でFAQの構造化データマークアップに関しては、迅速に反映されているようでして...それ ...(続きを読む)
もともとGoogleでは、明らかになっていないものの、QDD作用が働き、検索結果の1P以内に同ドメインをクラスタリング(連続表示)したがらない傾向にあったかと思います。しかし検索クエリによって、実際には検索結果1ページ目に同じサイト(ドメイン)が3つ4つ並ぶこともしばしば。それが今回のアップデートに ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。