• 英語版の検索セントラルが見やすくなった

英語版の検索セントラルが見やすくなった

米国現地時間7月6日、GoogleはEnglish表記の「Latest documentation updates」でGoogle Search Centralのドキュメント構造を大幅に変更したことを発表しました。滅茶苦茶分かりやすくなりました!
但し、英文表記のみの構造で、日本語版では従来のままです。英文表記の方ではどう変わったかご紹介します。

Google Search Centralのドキュメントが変わった

今の日本語版がまさにそうなのですが、Google Search Centralのドキュメントの展開が初心者とか上級者とか、そういう切り口で紹介されています。

日本語バージョン

これですと、結局最初から全部ドキュメントを読んでいかなければならず、欲しい情報があっても、目当ての情報に辿り着きにくい状況でした。なので、私もGoogle Search Centralを使って新人に教えるのがかなり面倒で…本当に使い勝手が悪いと思っていました。しかし、今回それがなんと要素別に展開してくれるようになったのです!
とても使いやすくなりました。

7月6日:Google Search Central内のドキュメントのナビゲーション構造を、初級者向けというようなレベル別ではなく、トピックに基づいた切り口になるように再編成しました。また、初級者レベルに対して提供していたガイダンスは、SEOスターターガイドで既に説明されているガイダンスと重複するため削除しました。

引用)Search Central(English)

具体的な変更内容

以下が今までのGoogle Search Central(English)です。切り口が上記の日本語と同様に、「あまり時間が無い人向け」「初心者向け」「上級者向け」という展開になっていることが分かりますよね。

旧Google Search Central

対して、新しいGoogle Search Central(English)が以下です。

新Google Search Central

切り口が「SEOの基礎」「クローリングとインデクシング」「検索での見え方」「ユーザー体験」という切り口に変わっています。そして、その配下にそれぞれの項目名が記載されているため、知りたい要素を探しやすくなりました。

左サイドバーについては、これはEnglishも日本語も古いも新しいもほぼ同じです。上級者向けの情報で統一されました。そして、新しいほうは、初心者とか上級者という切り口が無くなり、初心者向けの情報はスターターガイドに含有されているということで削除されています。

何をもって初心者なのか上級者なのか、非常に分かりづらかったので、これですっきりしました。知りたい情報にも辿り着きやすくなったし、誰かに教える時も操作が楽になったと思います。

繰り返しになりますが、私としましては余計な情報も減り、だいぶ使いやすくなりましたので、早く日本語バージョンにも適用されると良いなぁ、と思っています。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事