GSCのURL検査に新機能追加

米国現地時間1月16日にGoogle Search ConsoleでのURL検査に新機能が追加されたとツイートがありました。この新しいURL検査の補足機能によって対象ページの情報が色々分かるようになったのは有難いですね。

G Search Console

ふわふわ

新機能とは?

Google Search Console内の「URL検査」機能で対象URLを入力すると、公開済みのHTTPステータス、HTMLソース、JavaScriptの機能状況、レンダリングスクリーンショット表示まで確認できるようになりました。

イェーイ!新しい機能がサーチコンソールで使えるようになったよ!URL検査ツールの中で、クロール済みページのHTTPレスポンス、ページソース、JavaScriptのログ、レンダリングされたスクリーンショットを確認できます!是非チェックしてみて感じたことをお知らせください!

引用)@googlewmcより意訳

ふわふわ

どこの何の機能?

まずは、URL検査にて特定のページURLを入力します。入力すると検査結果として「URLはGoogleに登録されています」等が表示されますので、その下部にある「クロール済みページを表示」をクリックします。そうすると右側から新しい枠が出現し、以下のように確認できます。項目は「HTMLソース表示」「スクリーンショット」「その他の情報」の3つです。

URL検査①

「その他の情報」の中には、「HTTPレスポンス(ステータス状況)」と、「ページのリソース(エラー箇所の指摘等)」、「JavaScriptコンソールメッセージ(エラー箇所の指摘等)」が確認できます。ちなみに、「スクリーンショット」と「JavaScriptコンソールメッセージ」に関しては、クロール済みであることが前提ですので、「公開URLをテスト」の部分をクリックしないと確認できません

URL検査②

使用した私の感想を申し上げますと…

狭い!(笑)

それでは、是非ご利用くださいませ。


コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。