GSCのURL検査に新機能追加

米国現地時間1月16日にGoogle Search ConsoleでのURL検査に新機能が追加されたとツイートがありました。この新しいURL検査の補足機能によって対象ページの情報が色々分かるようになったのは有難いですね。

G Search Console

ふわふわ

新機能とは?

Google Search Console内の「URL検査」機能で対象URLを入力すると、公開済みのHTTPステータス、HTMLソース、JavaScriptの機能状況、レンダリングスクリーンショット表示まで確認できるようになりました。

イェーイ!新しい機能がサーチコンソールで使えるようになったよ!URL検査ツールの中で、クロール済みページのHTTPレスポンス、ページソース、JavaScriptのログ、レンダリングされたスクリーンショットを確認できます!是非チェックしてみて感じたことをお知らせください!

引用)@googlewmcより意訳

ふわふわ

どこの何の機能?

まずは、URL検査にて特定のページURLを入力します。入力すると検査結果として「URLはGoogleに登録されています」等が表示されますので、その下部にある「クロール済みページを表示」をクリックします。そうすると右側から新しい枠が出現し、以下のように確認できます。項目は「HTMLソース表示」「スクリーンショット」「その他の情報」の3つです。

URL検査①

「その他の情報」の中には、「HTTPレスポンス(ステータス状況)」と、「ページのリソース(エラー箇所の指摘等)」、「JavaScriptコンソールメッセージ(エラー箇所の指摘等)」が確認できます。ちなみに、「スクリーンショット」と「JavaScriptコンソールメッセージ」に関しては、クロール済みであることが前提ですので、「公開URLをテスト」の部分をクリックしないと確認できません

URL検査②

使用した私の感想を申し上げますと…

狭い!(笑)

それでは、是非ご利用くださいませ。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。