GSCのURL検査に新機能追加

米国現地時間1月16日にGoogle Search ConsoleでのURL検査に新機能が追加されたとツイートがありました。この新しいURL検査の補足機能によって対象ページの情報が色々分かるようになったのは有難いですね。

G Search Console

ふわふわ

新機能とは?

Google Search Console内の「URL検査」機能で対象URLを入力すると、公開済みのHTTPステータス、HTMLソース、JavaScriptの機能状況、レンダリングスクリーンショット表示まで確認できるようになりました。

イェーイ!新しい機能がサーチコンソールで使えるようになったよ!URL検査ツールの中で、クロール済みページのHTTPレスポンス、ページソース、JavaScriptのログ、レンダリングされたスクリーンショットを確認できます!是非チェックしてみて感じたことをお知らせください!

引用)@googlewmcより意訳

ふわふわ

どこの何の機能?

まずは、URL検査にて特定のページURLを入力します。入力すると検査結果として「URLはGoogleに登録されています」等が表示されますので、その下部にある「クロール済みページを表示」をクリックします。そうすると右側から新しい枠が出現し、以下のように確認できます。項目は「HTMLソース表示」「スクリーンショット」「その他の情報」の3つです。

URL検査①

「その他の情報」の中には、「HTTPレスポンス(ステータス状況)」と、「ページのリソース(エラー箇所の指摘等)」、「JavaScriptコンソールメッセージ(エラー箇所の指摘等)」が確認できます。ちなみに、「スクリーンショット」と「JavaScriptコンソールメッセージ」に関しては、クロール済みであることが前提ですので、「公開URLをテスト」の部分をクリックしないと確認できません

URL検査②

使用した私の感想を申し上げますと…

狭い!(笑)

それでは、是非ご利用くださいませ。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。