リッチリザルトテストに機能追加

Googleのリッチリザルトテストツールにおいて、テスト結果内に表示される「ページの読み込みに関する問題 詳細を表示」をクリックすると読み込めない外部リソースを指摘してくれる機能が追加された、とGoogleがツイート発表していましたのでご紹介します。

リッチリザルト

ふわふわ

どういう内容?

まずはGoogleのツイート内容から。

リッチリザルトテストが新しくなりました! 今後、ツールではページ単位で読み込めなかった外部リソース要素についてもレポーティングします。
goo.gle/richresultsでお試しください。
詳細はこちら https://support.google.com/webmasters/answer/7445569#ignored_items

引用)@googlewmcより和訳

もともとこれは、ほぼ同じものがモバイルフレンドリーテストツールには含まれていた機能です。要は「モバイル向けになっているか確認したけど、これらの外部リソース(別ドメインで生成されている要素)は読み込めなかったよ」と教えてくれる機能です。

モバイルフレンドリーテストの機能
モバイルフレンドリーテストの読み込めない外部リソース例

この機能がリッチリザルトテストツールにも含まれるようになったようです。要は「リッチリザルト向けになっているか確認したけど、これらの外部リソース(別ドメインで生成されている要素)は読み込めなかったよ」と教えてくれる機能ですね。

リッチリザルトテストの機能
リッチリザルトテストの読み込めない外部リソース例

こうなってくると「構造化データテストツールには起用しないんかい!」と思いますが、UIが異なるので簡単には実装できないのかもしれませんね。

また、モバイルフレンドリーテストとリッチリザルトテストでは指摘される外部リソースも異なります。これはモバイルフレンドリー要素かリッチリザルト要素かの目的に対して、その要素が影響するかしないかを自動判定しているためです。Search Consoleヘルプには以下のように記載されています。

ページで使用されている特定のリソースをテストツールが読み込めない場合、警告が表示されます。リソースとは、JavaScriptファイルなど、ページに含まれる外部要素のことです。リッチリザルトテストでは、特定のタイプのリソースのみを読み込もうとします。テストに影響しないその他のリソースは無視されます。

引用)Search Consoleヘルプ

ふわふわ

レンダリング上も要確認

そもそも外部リソースには気を付けなくてはなりませんね。Googlebotのレンダリングを阻害する可能性があります。例えば、広告やソーシャルボタン、計測ツールやガジェット、ジェネレーター等の利用において、他のドメインからリソース提供されている場合、それを利用しているサイトページ側からはアンコントローラブルです。従って、他のドメイン側でrobots.txtからgooglebot対してdisallow設定されていたら、うまくレンダリングできなくなります。うまくレンダリングできなくなった結果、表示が崩れてしまった状態でGoogleが読み込めば評価は下がってしまう恐れもあるわけです。

ですので、モバイルフレンドリーテストにせよ、リッチリザルトテストにせよ、確認する際は「読み込めていない外部リソースは何か」も合わせて理解しておくと良いと思います。


関連記事

配送情報の構造化データ

米Googleでは米国現地時間2020年9月22日に、Googleショッピングにおける発送関連(送料や配送スケジュール)の情報を構造化データのマークアップで対応できるようになる旨を発表しました。現時点では米国(英語圏)のみで日本は未対応ですが、ECサイト運用者は今のうちに理解だけしておくと良いと思い ...(続きを読む)

GoogleがHTTP/2に対応

Googleが2020年11月から一部のサイトでHTTP/2もクロールするようになります。私は2016年にHTTP/2を実装してみましたが、明らかにユーザー体験上の効果が出ました。そしてこの度、GooglebotもHTTP/2プロトコルを検知するようになるとGoogleが発表していますので、そのご紹 ...(続きを読む)

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。