リッチリザルトテストに機能追加

Googleのリッチリザルトテストツールにおいて、テスト結果内に表示される「ページの読み込みに関する問題 詳細を表示」をクリックすると読み込めない外部リソースを指摘してくれる機能が追加された、とGoogleがツイート発表していましたのでご紹介します。

リッチリザルト

ふわふわ

どういう内容?

まずはGoogleのツイート内容から。

リッチリザルトテストが新しくなりました! 今後、ツールではページ単位で読み込めなかった外部リソース要素についてもレポーティングします。
goo.gle/richresultsでお試しください。
詳細はこちら https://support.google.com/webmasters/answer/7445569#ignored_items

引用)@googlewmcより和訳

もともとこれは、ほぼ同じものがモバイルフレンドリーテストツールには含まれていた機能です。要は「モバイル向けになっているか確認したけど、これらの外部リソース(別ドメインで生成されている要素)は読み込めなかったよ」と教えてくれる機能です。

モバイルフレンドリーテストの機能
モバイルフレンドリーテストの読み込めない外部リソース例

この機能がリッチリザルトテストツールにも含まれるようになったようです。要は「リッチリザルト向けになっているか確認したけど、これらの外部リソース(別ドメインで生成されている要素)は読み込めなかったよ」と教えてくれる機能ですね。

リッチリザルトテストの機能
リッチリザルトテストの読み込めない外部リソース例

こうなってくると「構造化データテストツールには起用しないんかい!」と思いますが、UIが異なるので簡単には実装できないのかもしれませんね。

また、モバイルフレンドリーテストとリッチリザルトテストでは指摘される外部リソースも異なります。これはモバイルフレンドリー要素かリッチリザルト要素かの目的に対して、その要素が影響するかしないかを自動判定しているためです。Search Consoleヘルプには以下のように記載されています。

ページで使用されている特定のリソースをテストツールが読み込めない場合、警告が表示されます。リソースとは、JavaScriptファイルなど、ページに含まれる外部要素のことです。リッチリザルトテストでは、特定のタイプのリソースのみを読み込もうとします。テストに影響しないその他のリソースは無視されます。

引用)Search Consoleヘルプ

ふわふわ

レンダリング上も要確認

そもそも外部リソースには気を付けなくてはなりませんね。Googlebotのレンダリングを阻害する可能性があります。例えば、広告やソーシャルボタン、計測ツールやガジェット、ジェネレーター等の利用において、他のドメインからリソース提供されている場合、それを利用しているサイトページ側からはアンコントローラブルです。従って、他のドメイン側でrobots.txtからgooglebot対してdisallow設定されていたら、うまくレンダリングできなくなります。うまくレンダリングできなくなった結果、表示が崩れてしまった状態でGoogleが読み込めば評価は下がってしまう恐れもあるわけです。

ですので、モバイルフレンドリーテストにせよ、リッチリザルトテストにせよ、確認する際は「読み込めていない外部リソースは何か」も合わせて理解しておくと良いと思います。


関連記事
Googleはモバイルの検索結果画面のデザインを2019年5月に変えました。アイコン表示によってサイト選択の直観性を重視した形となりました。その後、デスクトップ版でも同様の検索結果デザインが散見されましたが、いよいよ正式にデスクトップの検索結果デザインも変更したとツイート発表されましたのでご紹介しま ...(続きを読む)
米国現地時間1月13日にコアアップデートを行うとGoogleがツイート発表しました。正確には現地時間13日の夜にコアアップデートを行うという事前告知でしたので、このブログを執筆しているタイミング(日本時間1月14日午後)にはアップデートが始まっているかと思います。 発表内容 Later today, ...(続きを読む)
SEOにおいて考える時、まず最初に「サイトをどうしたいのか」という要件が必要です。もう数年前までのように「○○というキーワードで検索1位を」云々という人はおらず、どういう市場に対してどうアプローチをしていくべきか、までしっかり見定めてからご相談いただくケースも多くなってきています。しかし、その時点で ...(続きを読む)
あけましておめでとうございます。2020年です。さて、昨年の米国現地時間12月27日にGoogleのWebmaster Central Blogにて2019年を振り返った記事があがっておりましたので、今年一発目としてそのご紹介をしたいと思います。年始ボケから頭を切り替えるにはちょうど良いかもしれませ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。