リンク否認ツールが刷新

リンク否認ツールがリニューアルしました。GoogleがTwitterで発表しています。マイナーチェンジではありますが、ご紹介します。

本日、新しいSearchConsole用へのリンク否認ツールの移行が完了しました。

  • インターフェースを改善
  • 否認ファイルのダウンロードがテキストファイル化
  • アップロードファイル内のエラーレポートについて、10件までの制限が解除

詳細は https://support.google.com/webmasters/answer/2648487

引用)@googlesearchcより和訳

ふわふわ

変更点

新しいリンク否認ツールは使いやすいですね。

変更点は以下3点だそうです。

1.見た目が変わった

元々シンプルでしたが、引き続きシンプルでしかも分かりやすくなっています。

リンク否認ツール

使いやすくもなりました。しかし簡単にリンク否認できるよう、使い勝手が良くなった半面、その分気軽にバンバン否認申請する可能性も生じます。これは利用者のマインドの問題です。なので、目立つようにGoogleから注意点を記載しています。

使い方を間違えると、Google検索結果でのサイトのパフォーマンスに影響が及ぶ可能性があります。ご自身のサイトに対して、スパム行為のあるリンク、人為的リンク、品質が低いリンクが数多くあり、それが問題を引き起こしていると確信した場合にのみ、バックリンクを否認することをおすすめします。

引用)Search Console – リンクの否認

申請時は慎重に・・・ってことですね。以前は申請時に注意事項として上記文章が出ていましたが、冒頭に「これは高度な機能なので、慎重に使用する必要があります。」という文章が入っていました。この文章が無くなったということは、高度な機能では無くなったのでしょうか(笑)。ちなみに、今までのインターフェイスに関してはこのブログの別ページ「リンク否認のしかた」をご覧ください。

2.アップロードリストのダウンロードは.txt形式

リンク否認ツールを使って否認対象のドメインやURLを記述しアップロードするのは.txt形式でしたが、それをダウンロードする場合は.csv形式になっていました。それが今回の仕様で、ダウンロードも.txt形式になったようです。アップロードもダウンロードも.txt形式になったのは有難いのですが、ダウンロードしたファイルは改行無しにドメインやURLが記載されているだけですので、整理するのが大変です。確認するには適当に改行しながら見ていくしかありませんね。

3.エラーレポートは無制限に

今まではアップロードした否認ツールのエラー部分に関する記述は10件までしか表示してくれませんでした。しかし、今回の仕様ではエラー対象となる部分は全て表示してくれるようになっています。これは嬉しい変更点ですが、エラーの原因が何なのか、どういうエラーなのか等は表示されず、ただドメインやURL単位でエラーを教えてくれるだけです。その先は自分で仮説付けて改善していくしかありませんね。

ふわふわ

リンク否認ツールは直接アクセスすること

Googleの発表では「新しいSearch Consoleに合わせて…」みたいなことが記載されていますが、実際にGoogle Search Consoleからリンク否認ツールページには行けません。ユーザビリティを良くした一方でアクセシビリティを低下させています。それくら慎重に取り扱ってもらいたいのでしょう。裏を返せば、不当にリンクを否認して余計に悪化したケースが多かったのかもしれませんね。

リンク否認ツールに辿りつくには、直接対象ページに行くか、「リンクを否認する」等で普通にGoogle検索して上位表示される「サイトへのリンクを否認する|Search Consoleヘルプ」から否認ツールのページに行くか、等でしょう。

非常に使いやすいので、ご利用は計画的に―。


関連記事

ECに商品固有IDを

ECサイト等で展開する商品について、Googleは商品固有ID(GTINまたはMPN)の属性を構造化データや商品フィードに入れ込むことを推奨する内容を米国現地時間2月26日にSearch Central Blogで発表しました。これによりGoogleからのファインダビリティ(見つけやすさ)や正確な商 ...(続きを読む)

GSCの関連付け機能が拡張

Googleは、Search Consoleに関連付けられるサービスが新しく増えた旨、発表しました。今まではGoogle Analyticsとだけ関連付けられましたが、Google広告やYouTube等が加わる形になっています。ここでは、その発表内容の和訳とともにご紹介します。 Googleからの発 ...(続きを読む)

画像検索結果を多様化

Googleは画像検索結果にも多様性を持たせる動きを加えたと米国現地時間2月11日にツイートしました。画像検索結果に様々な画像を表示することで、ユーザーの選択肢や情報を増やすことを目的としているようです。 TwitterでのGoogle発表内容 まずは以下のツイート内容をご確認ください。 Have ...(続きを読む)

Passage(文節)ランキング始動

昨年10月に告知されたGoogleのPassage Indexingについて、「文節単位でしっかりとインデックスしてランキング」しますというPassage Ranking(パッセージランキング)が米国現地時間2月10日にローンチしたと発表されましたのでご紹介します。 Googleの発表内容 Goog ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。