検索結果の半分はMFIですって!?

GoogleはWebmaster Central Blogで、世界的に検索結果の半分がモバイルファーストインデックス済みだと発表しました。

MFIイラスト

ふわふわ

本当?

私の知る限り、半分がMFIという実感は全くございませんが、Googleがそう言っている以上そうなのかもしれません。また、他の国では50%以上がザラにあり、日本だけ割合が低いため世界的には半分以上なのかもしれません。

まだまだ多くのやるべきことはありますが、この度、検索結果に表示されるサイトページの半分以上がモバイルファーストインデックスに対応していることを発表します。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

ちなみに、自分のサイトページがMFIにしっかり対応しているかどうかはサーバーログかGoogle Search Consoleの「URL検査」を利用すると分かります。

サーバーログを確認し、Googlebotの大部分がスマートフォン版かどうかを確認することで、MFIになっているかどうかが分かります。もっと簡単な方法はSearch Consoleの「URL検査」を使うことで、最後にクロール&インデックスされたユーザーエージェントを確認することで、該当ページのMFI化を確認できます(本来はGooglebotがクロールしたかどうかを確認する程度のものですが…)。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

「URL検査」を使用することで、↓の部分で確認できますよね。「ユーザーエージェント:スマートフォン用Googlebot」と記載されています。

MFIかを確認

ふわふわ

Googleから注意喚起

併せて、Googleからレスポンシブウェブデザイン以外のスマホ対応ページに関して、注意喚起しています。要は、「セパレートタイプでもダイナミックサービングタイプでも、レスポンシブウェブデザインと違ってPCとスマホでファイルが異なる場合、以下の2点を注意して」とのことです。

  • スマホファイルにも構造化データのマークアップをすること
  • スマホファイル内の画像にもaltテキストを明記すること

今さら感の強い話ではありますが、きっと世界的に上記2点の欠落は多いのでしょう。確かに私の感覚値では、レスポンシブウェブデザインのサイトページが優先的にMFI化が進んでいるように感じますが、きっと別ファイルでスマホ対応しているようなサイトページにはこういった課題からMFI化が遅れているのかもしれません。

私がお取引している対象企業のサイトページはほとんどがレスポンシブウェブデザインがなのですが、別ファイル展開しているサイトオーナーの方々はお気を付けください。


関連記事
Google Search Consoleにおいて、今まではGoogleからの通知を確認する際、自分でメッセージ欄から確認しにいかなければなりませんでしたが、これからはGSC内でいつでも確認できるようになりました。GoogleがWebmaster Central Blogにて発表しています。 どうい ...(続きを読む)
ニューラルネットワークやRankBrainとニューラルマッチングとの違いについては、今までも触れてきましたし、既にGoogleアルゴリズムに組み込まれている機能ですが、この度そのニューラルマッチングのシステムがローカル検索においても導入されたとGoogleの公式Twitterで発表されました。 Go ...(続きを読む)
先日、Googleが行った11月のトピックがWebmaster Central Blogにて紹介されていました。そのGoogleの動きをおさらいしつつ、新しく初心者サイトオーナーに向けたGoogleのSEO動画講座をご紹介したいと思います。 Googleが11月に行ったこと そういえば、10年くらい ...(続きを読む)
先日、Google Search Consoleでリッチリザルト表示の確認についてご紹介したところでしたが、早速追加で商品リッチリザルトについても確認できるようになりましたのでご紹介します。 商品リッチリザルトの確認 商品リッチリザルトとは、検索結果のスニペット部分に以下の要素が出ているものを指しま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。