検索結果の半分はMFIですって!?

GoogleはWebmaster Central Blogで、世界的に検索結果の半分がモバイルファーストインデックス済みだと発表しました。

MFIイラスト

ふわふわ

本当?

私の知る限り、半分がMFIという実感は全くございませんが、Googleがそう言っている以上そうなのかもしれません。また、他の国では50%以上がザラにあり、日本だけ割合が低いため世界的には半分以上なのかもしれません。

まだまだ多くのやるべきことはありますが、この度、検索結果に表示されるサイトページの半分以上がモバイルファーストインデックスに対応していることを発表します。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

ちなみに、自分のサイトページがMFIにしっかり対応しているかどうかはサーバーログかGoogle Search Consoleの「URL検査」を利用すると分かります。

サーバーログを確認し、Googlebotの大部分がスマートフォン版かどうかを確認することで、MFIになっているかどうかが分かります。もっと簡単な方法はSearch Consoleの「URL検査」を使うことで、最後にクロール&インデックスされたユーザーエージェントを確認することで、該当ページのMFI化を確認できます(本来はGooglebotがクロールしたかどうかを確認する程度のものですが…)。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

「URL検査」を使用することで、↓の部分で確認できますよね。「ユーザーエージェント:スマートフォン用Googlebot」と記載されています。

MFIかを確認

ふわふわ

Googleから注意喚起

併せて、Googleからレスポンシブウェブデザイン以外のスマホ対応ページに関して、注意喚起しています。要は、「セパレートタイプでもダイナミックサービングタイプでも、レスポンシブウェブデザインと違ってPCとスマホでファイルが異なる場合、以下の2点を注意して」とのことです。

  • スマホファイルにも構造化データのマークアップをすること
  • スマホファイル内の画像にもaltテキストを明記すること

今さら感の強い話ではありますが、きっと世界的に上記2点の欠落は多いのでしょう。確かに私の感覚値では、レスポンシブウェブデザインのサイトページが優先的にMFI化が進んでいるように感じますが、きっと別ファイルでスマホ対応しているようなサイトページにはこういった課題からMFI化が遅れているのかもしれません。

私がお取引している対象企業のサイトページはほとんどがレスポンシブウェブデザインがなのですが、別ファイル展開しているサイトオーナーの方々はお気を付けください。


関連記事

GoogleがHTTP/2に対応

Googleが2020年11月から一部のサイトでHTTP/2もクロールするようになります。私は2016年にHTTP/2を実装してみましたが、明らかにユーザー体験上の効果が出ました。そしてこの度、GooglebotもHTTP/2プロトコルを検知するようになるとGoogleが発表していますので、そのご紹 ...(続きを読む)

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。