検索結果の半分はMFIですって!?

GoogleはWebmaster Central Blogで、世界的に検索結果の半分がモバイルファーストインデックス済みだと発表しました。

MFIイラスト

ふわふわ

本当?

私の知る限り、半分がMFIという実感は全くございませんが、Googleがそう言っている以上そうなのかもしれません。また、他の国では50%以上がザラにあり、日本だけ割合が低いため世界的には半分以上なのかもしれません。

まだまだ多くのやるべきことはありますが、この度、検索結果に表示されるサイトページの半分以上がモバイルファーストインデックスに対応していることを発表します。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

ちなみに、自分のサイトページがMFIにしっかり対応しているかどうかはサーバーログかGoogle Search Consoleの「URL検査」を利用すると分かります。

サーバーログを確認し、Googlebotの大部分がスマートフォン版かどうかを確認することで、MFIになっているかどうかが分かります。もっと簡単な方法はSearch Consoleの「URL検査」を使うことで、最後にクロール&インデックスされたユーザーエージェントを確認することで、該当ページのMFI化を確認できます(本来はGooglebotがクロールしたかどうかを確認する程度のものですが…)。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

「URL検査」を使用することで、↓の部分で確認できますよね。「ユーザーエージェント:スマートフォン用Googlebot」と記載されています。

MFIかを確認

ふわふわ

Googleから注意喚起

併せて、Googleからレスポンシブウェブデザイン以外のスマホ対応ページに関して、注意喚起しています。要は、「セパレートタイプでもダイナミックサービングタイプでも、レスポンシブウェブデザインと違ってPCとスマホでファイルが異なる場合、以下の2点を注意して」とのことです。

  • スマホファイルにも構造化データのマークアップをすること
  • スマホファイル内の画像にもaltテキストを明記すること

今さら感の強い話ではありますが、きっと世界的に上記2点の欠落は多いのでしょう。確かに私の感覚値では、レスポンシブウェブデザインのサイトページが優先的にMFI化が進んでいるように感じますが、きっと別ファイルでスマホ対応しているようなサイトページにはこういった課題からMFI化が遅れているのかもしれません。

私がお取引している対象企業のサイトページはほとんどがレスポンシブウェブデザインがなのですが、別ファイル展開しているサイトオーナーの方々はお気を付けください。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。