検索結果の半分はMFIですって!?

GoogleはWebmaster Central Blogで、世界的に検索結果の半分がモバイルファーストインデックス済みだと発表しました。

MFIイラスト

ふわふわ

本当?

私の知る限り、半分がMFIという実感は全くございませんが、Googleがそう言っている以上そうなのかもしれません。また、他の国では50%以上がザラにあり、日本だけ割合が低いため世界的には半分以上なのかもしれません。

まだまだ多くのやるべきことはありますが、この度、検索結果に表示されるサイトページの半分以上がモバイルファーストインデックスに対応していることを発表します。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

ちなみに、自分のサイトページがMFIにしっかり対応しているかどうかはサーバーログかGoogle Search Consoleの「URL検査」を利用すると分かります。

サーバーログを確認し、Googlebotの大部分がスマートフォン版かどうかを確認することで、MFIになっているかどうかが分かります。もっと簡単な方法はSearch Consoleの「URL検査」を使うことで、最後にクロール&インデックスされたユーザーエージェントを確認することで、該当ページのMFI化を確認できます(本来はGooglebotがクロールしたかどうかを確認する程度のものですが…)。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

「URL検査」を使用することで、↓の部分で確認できますよね。「ユーザーエージェント:スマートフォン用Googlebot」と記載されています。

MFIかを確認

ふわふわ

Googleから注意喚起

併せて、Googleからレスポンシブウェブデザイン以外のスマホ対応ページに関して、注意喚起しています。要は、「セパレートタイプでもダイナミックサービングタイプでも、レスポンシブウェブデザインと違ってPCとスマホでファイルが異なる場合、以下の2点を注意して」とのことです。

  • スマホファイルにも構造化データのマークアップをすること
  • スマホファイル内の画像にもaltテキストを明記すること

今さら感の強い話ではありますが、きっと世界的に上記2点の欠落は多いのでしょう。確かに私の感覚値では、レスポンシブウェブデザインのサイトページが優先的にMFI化が進んでいるように感じますが、きっと別ファイルでスマホ対応しているようなサイトページにはこういった課題からMFI化が遅れているのかもしれません。

私がお取引している対象企業のサイトページはほとんどがレスポンシブウェブデザインがなのですが、別ファイル展開しているサイトオーナーの方々はお気を付けください。


関連記事
Googleから今年5月にリリースされたばかりのHow-toとFAQの構造化データマークアップですが、まだHow-toの方は日本でのリッチリザルト化は見受けられません。日本へのマークアップ反映はまだのようです。一方でFAQの構造化データマークアップに関しては、迅速に反映されているようでして...それ ...(続きを読む)
もともとGoogleでは、明らかになっていないものの、QDD作用が働き、検索結果の1P以内に同ドメインをクラスタリング(連続表示)したがらない傾向にあったかと思います。しかし検索クエリによって、実際には検索結果1ページ目に同じサイト(ドメイン)が3つ4つ並ぶこともしばしば。それが今回のアップデートに ...(続きを読む)
米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。 どういう内容 昨年にGoogl ...(続きを読む)
日本時間2019年6月4日(米国現地時間6月3日)にGoogleのコアアルゴリズム・アップデートがありました。もちろん通常通りのロールアウト(徐々に展開)していく感じですが、早速一部で変化が見受けられましたのでご紹介したいと思います。 今回は予告形式 サイト運用者からの希望もあり、今回のコアアルゴリ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。