リンクレポートが新GSCに登場

米国現地時間8月21日、ついにGoogle Webmaster Central Blogでリンクレポート機能がロールアウトしたと発表されました。

G Search Console

ふわふわ

リンクレポート

Google Webmaster Central Blogでは、リンクレポートの他に、モバイルユーザビリティレポートや設定(プロパティ設定:所有者の確認)が紹介されていますが、リンクレポート以外は全て日本でも実装済みですので説明は不要ですね。

ちなみにリンクレポートの見方に関しては、既に日本語のSearch Consoleヘルプが出来ています。

Googleが検知する被リンクをSearch Consoleで確認できる機能が実装されます。今日から新しいリンクレポート機能をロールアウトしていきます。そして、それは旧Search Console内の「サイトへのリンク」項目と「内部リンク」項目の機能が合体した形になります。とても使いやすくなるかと思います。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

どうやらリンクレポートという1つの機能項目の中にExternal links(外部リンク)とInternal links(内部リンク)に分かれて表示されるようになるようです。また、表示される形式は従来のSearch Consoleと同じようにルートドメイン単位でグループ化されるようです。

  • サイト内のページは正規URLを使用してグループ化されます。つまり、アンカータグと一部のパラメータが除外されてからグループ化されます。
  • 重複するリンクは統合されます。重複するリンクとは、すべてのパラメータが削除され、他の正規化が完了した後、同じソースURLから同じターゲットURLへと移動するリンクを指しています。リンクテキストレポートにおける重複は、URLではなくリンクテキストに基づきます
  • 表の行数は1,000行に制限されているため、大規模なサイトやリンク先が多いサイトではデータが切り捨てられることがあります。
  • リンクレポートでは「サイト」という用語が使用されていますが、データは実際にはルートドメインによってグループ化されます。プロトコル(http / https)、サブドメイン(m.、www)、サブディレクトリは取り除かれ、まとめてグループ化されます。
  • グループ化されて表示される際にTLDは省略されません。
  • 外部サイトやリンクとは、現在のプロパティの外部にあるものすべてを指します。

引用)リンクレポート – Search Consoleヘルプより抜粋

この辺は従来の機能表記方法と変わりませんね。また、被リンク順序は発リンク数の多いルートドメイン順に表示され、そのリンク先となる自サイトのページURLも分かります。また被リンクの最も多い順に自サイトのページも表示されます。これも今までと同じかと思います。

では、何が今までと違うのか――今回の新Search Consoleでは、アンカーテキストが多い順に表示される機能があったり、被リンクページとなるURLから逆引きしてリンク元サイトが分かったりするようです。要は被リンクを確認する切り口が多様化したのだと思われます。

内部リンクに関しましては、ここの説明だけではどこまで新しくなるのかは分かりませんが、あまり変化は見受けられなそうです。リンクデータのダウンロードも従来通り可能で、サンプル数は最大100,000件までのようです。この数字も従来と変わっていませんね。

ちなみに、新リンクレポート機能では若干被リンク数値が下がる傾向があるとのことです。

このレポートのデータは、以前の「サイトへのリンク」レポートよりも精度が高くなっています。そのため、この新しいレポートでは値が以前よりも小さくなることがありますが、これはリンク数の減少を示しているのではなく、レポートの方法がより正確かつ確実になったことを示しています。

引用)リンクレポート – Search Consoleヘルプ

ふわふわ

待ち遠しい

新リンクレポートがどこまで使い勝手が良くなるのか、実際に触れてみないと分かりませんが、ロールアウトが始まったようですので、もう少しで使えるようになってくるのではないでしょうか。

楽しみですね♫


コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。