さくらがLet’s Encrypt実装可能に

先日、シマンテック傘下SSLをChromeが失効するということをお伝えしました。その際、私は「他にもさくらサーバーはRapidSSLを使用していたり、レンタルサーバーも提携する証明書を見直さなければなりません。いっそのこと、全部Let’s Encryptで良いんじゃないか的な考えも沸き起こってきますよね。」と感想を述べていましたが、一部現実になりましたので(笑)、そのご紹介です。

安全に

ふわふわ

さくらがLet’s Encrypt機能を実装

さくらインターネットがレンタルサーバーにLet’s Encrypt(無料SSLサーバー証明書)の設定機能を10月17日から実装すると発表しました。

Let’s Encrypt(レッツエンクリプト)は独自ドメインがあれば誰でも発行できる無料のSSLサーバー証明書です。発行スピードも早く「さくらのレンタルサーバ」のコントロールパネルからボタンワンクリックで簡単に設定できます。即日発行で自動更新と面倒な作業は一切必要ありません。また有料の証明書と暗号化強度において違いはありませんので安心してお使いいただけます。

引用)さくらインターネット

これもシマンテック傘下のSSL(RapidSSL)がGoogle Chromeから失効される波を受けての結果ではないかと推察していますが、いち早く今の段階でLet’s Encryptを取り込むあたり、流石ですね。

ふわふわ

今後SSLはLet’s Encryptが常識になっていくのか

Let’s EncryptのSSL証明書は3ヶ月更新ですので、単純に実装すると更新作業が面倒だったりします。しかし、最近ではそのLet’s Encryptの条件と運用者の作業を上手く着地させるために、サーバー会社側でより簡単に設定できる機能が充実してきています。ゆくゆくはSSLがデフォルトで発行される程になるかもしれません。

とにかく今はWordPressも含めて、Let’s Encryptがマジョリティになってきていますし、現時点ではSSLの最低限としてLet’s Encryptでも充分かと思います。ただ、今後の様々なウィルスやアタックを想定すると、どのサイト運用者でもSSL以外でのセキュリティ強化運用は検討し続けていかなければならないでしょう。セキュリティの定期点検はマメに行うことをオススメします。


関連記事
ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで ...(続きを読む)
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。