さくらがLet’s Encrypt実装可能に

先日、シマンテック傘下SSLをChromeが失効するということをお伝えしました。その際、私は「他にもさくらサーバーはRapidSSLを使用していたり、レンタルサーバーも提携する証明書を見直さなければなりません。いっそのこと、全部Let’s Encryptで良いんじゃないか的な考えも沸き起こってきますよね。」と感想を述べていましたが、一部現実になりましたので(笑)、そのご紹介です。

安全に

ふわふわ

さくらがLet’s Encrypt機能を実装

さくらインターネットがレンタルサーバーにLet’s Encrypt(無料SSLサーバー証明書)の設定機能を10月17日から実装すると発表しました。

Let’s Encrypt(レッツエンクリプト)は独自ドメインがあれば誰でも発行できる無料のSSLサーバー証明書です。発行スピードも早く「さくらのレンタルサーバ」のコントロールパネルからボタンワンクリックで簡単に設定できます。即日発行で自動更新と面倒な作業は一切必要ありません。また有料の証明書と暗号化強度において違いはありませんので安心してお使いいただけます。

引用)さくらインターネット

これもシマンテック傘下のSSL(RapidSSL)がGoogle Chromeから失効される波を受けての結果ではないかと推察していますが、いち早く今の段階でLet’s Encryptを取り込むあたり、流石ですね。

ふわふわ

今後SSLはLet’s Encryptが常識になっていくのか

Let’s EncryptのSSL証明書は3ヶ月更新ですので、単純に実装すると更新作業が面倒だったりします。しかし、最近ではそのLet’s Encryptの条件と運用者の作業を上手く着地させるために、サーバー会社側でより簡単に設定できる機能が充実してきています。ゆくゆくはSSLがデフォルトで発行される程になるかもしれません。

とにかく今はWordPressも含めて、Let’s Encryptがマジョリティになってきていますし、現時点ではSSLの最低限としてLet’s Encryptでも充分かと思います。ただ、今後の様々なウィルスやアタックを想定すると、どのサイト運用者でもSSL以外でのセキュリティ強化運用は検討し続けていかなければならないでしょう。セキュリティの定期点検はマメに行うことをオススメします。


関連記事
ディレクトリと内部リンク構造(パンくずリスト)がコンテンツテーマに則したツリー構造になっていて、それが相似しているとクローラビリティ(回遊性)とインデックス効率が良い、という話は何度かさせていただいています。これが実現できれば確かに最も美しいと思います。しかし一方で、これを遵守するあまりユーザーにと ...(続きを読む)
Googleの画像検索結果において、フェイク画像が入っていたりしてユーザーの混乱を招くこともあります。そこで、Googleではファクトチェックした画像には事実確認済みである情報を表記するようになりました。既に世界的規模で導入されているそうで、The Keywordで発表しています。私が確認した限り、 ...(続きを読む)
2018年にも発表がありましたGoogleのスパムレポートについて、2019年度版がウェブマスター向け公式ブログで発表されましたので、ご紹介します。これぞまさしくイタチごっこかもしれませんが、壮大なスパム対Googleの戦いの話です。 概要 2019年を振り返って、Googleからのレポートをまとめ ...(続きを読む)
Core Web Vitalsに関して、Googleがweb.devで計測ツールを紹介してくれていますので、和訳記事をご紹介します。Core Web Vitalsに関しては以下のページもご参考ください。 ウェブに関する主な指標 Core Web Vitalsの登場記事 Core Web Vitals ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。