GSC:インデックスカバレッジの更新

新Google Search Consoleにおけるインデックスカバレッジ項目がアップデートされましたので、そのご紹介になります。今回のアップデートによってレポートの精度が上がったとのことです。

G Search Console

ふわふわ

何があったの?

7月14日~8月1日までの間でGoogle Search Consoleのインデックスカバレッジを更新しており、その間この項目は機能していませんでした。しかし、8月2日から更新し、再稼働を始めています。

今回の更新によって、より正確なデータになったという話ですが、元来インデックス数は実際のファイル数よりも比較的多めになりがちですので、(私が確認する限り)8月2日のタイミングでインデックス数が減っているサイトの方が比較的多く見受けられました。それでも一部のサイトでは同タイミングでインデックス数が増えているものもありました。

インデックス数の変化①

インデックス数の変化②

インデックス数の変化③

ふわふわ

確認のしかた

このインデックスカバレッジに関しては、Search Consoleヘルプに詳しく書かれています。インデックス数が急激に増えた、減った等があった場合、またステータスでエラーが多い場合等、解消策に関して参考にすると良いと思います。

例えば求人件数がゼロの切り口の転職ページや色違いでの商品点数紹介が多いECページ等を多く持つサイトは、類似ページが増加することで、ソフト404扱いが増えたりします。思わぬインデックス状況を招いている可能性もございますので、定期的にこの項目はチェックしておくと良いでしょう。


関連記事

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。