GSC:インデックスカバレッジの更新

新Google Search Consoleにおけるインデックスカバレッジ項目がアップデートされましたので、そのご紹介になります。今回のアップデートによってレポートの精度が上がったとのことです。

G Search Console

ふわふわ

何があったの?

7月14日~8月1日までの間でGoogle Search Consoleのインデックスカバレッジを更新しており、その間この項目は機能していませんでした。しかし、8月2日から更新し、再稼働を始めています。

今回の更新によって、より正確なデータになったという話ですが、元来インデックス数は実際のファイル数よりも比較的多めになりがちですので、(私が確認する限り)8月2日のタイミングでインデックス数が減っているサイトの方が比較的多く見受けられました。それでも一部のサイトでは同タイミングでインデックス数が増えているものもありました。

インデックス数の変化①

インデックス数の変化②

インデックス数の変化③

ふわふわ

確認のしかた

このインデックスカバレッジに関しては、Search Consoleヘルプに詳しく書かれています。インデックス数が急激に増えた、減った等があった場合、またステータスでエラーが多い場合等、解消策に関して参考にすると良いと思います。

例えば求人件数がゼロの切り口の転職ページや色違いでの商品点数紹介が多いECページ等を多く持つサイトは、類似ページが増加することで、ソフト404扱いが増えたりします。思わぬインデックス状況を招いている可能性もございますので、定期的にこの項目はチェックしておくと良いでしょう。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。