画像検索からレンズで再検索

米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。

スンダー・ピチャイ氏

ふわふわ

どういう内容

昨年にGoogleが公表していた新機能の内容として、“画像検索結果の画像がGoogle Lensに対応していれば、画像に表示されたオブジェクトとは別のオブジェクトを再検索可能になる”という話でした。しかし、それが既に米Googleでは実装されていたのを確認しました。

例えば、米Googleで「007」と画像検索します。その検索結果の中から気になる画像をタップすると、Lensのアイコンの右上に赤い丸が表示され、その中に数字が出ます。その数字の数が検索対象以外のオブジェクトの数のようです。従って、Lensのアイコンをタップすると該当する別オブジェクトの画像検索結果をGoogle Lensが表示してくれます。この場合はアストンマーチンの車ですね。

検索結果からLensへ

他にも自分で○等で括ったオブジェクトをGoogleはLensで別途紹介してくれますが、元々Lensに対応していない画像やオブジェクトだった場合は、類似画像が出る程度です。

検索結果からLensへ②

The Keywordに上がっているモーション画像でご紹介すると、以下のような感じです。

Lens機能

引用)The Keyword

ふわふわ

データベースが増えていけば面白い

この機能はまだまだ米Google中心ですし、Google Lensの対応数も少数かとは思いますが、今後このデータベースが増えていき日本にもこの機能が上陸してくれば、非常に面白くなりそうですね。今回はユーザーの立場における感想にはなりますが、サイトオーナーにとって画像チョイスや写真の撮り方ひとつで、これからコミュニケーション接触機会やビジネス接触機会は増えていくと思いますので、注視しておくと良いのではないでしょうか。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。