画像検索からレンズで再検索

米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。

スンダー・ピチャイ氏

ふわふわ

どういう内容

昨年にGoogleが公表していた新機能の内容として、“画像検索結果の画像がGoogle Lensに対応していれば、画像に表示されたオブジェクトとは別のオブジェクトを再検索可能になる”という話でした。しかし、それが既に米Googleでは実装されていたのを確認しました。

例えば、米Googleで「007」と画像検索します。その検索結果の中から気になる画像をタップすると、Lensのアイコンの右上に赤い丸が表示され、その中に数字が出ます。その数字の数が検索対象以外のオブジェクトの数のようです。従って、Lensのアイコンをタップすると該当する別オブジェクトの画像検索結果をGoogle Lensが表示してくれます。この場合はアストンマーチンの車ですね。

検索結果からLensへ

他にも自分で○等で括ったオブジェクトをGoogleはLensで別途紹介してくれますが、元々Lensに対応していない画像やオブジェクトだった場合は、類似画像が出る程度です。

検索結果からLensへ②

The Keywordに上がっているモーション画像でご紹介すると、以下のような感じです。

Lens機能

引用)The Keyword

ふわふわ

データベースが増えていけば面白い

この機能はまだまだ米Google中心ですし、Google Lensの対応数も少数かとは思いますが、今後このデータベースが増えていき日本にもこの機能が上陸してくれば、非常に面白くなりそうですね。今回はユーザーの立場における感想にはなりますが、サイトオーナーにとって画像チョイスや写真の撮り方ひとつで、これからコミュニケーション接触機会やビジネス接触機会は増えていくと思いますので、注視しておくと良いのではないでしょうか。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。