画像検索からレンズで再検索

米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。

スンダー・ピチャイ氏

ふわふわ

どういう内容

昨年にGoogleが公表していた新機能の内容として、“画像検索結果の画像がGoogle Lensに対応していれば、画像に表示されたオブジェクトとは別のオブジェクトを再検索可能になる”という話でした。しかし、それが既に米Googleでは実装されていたのを確認しました。

例えば、米Googleで「007」と画像検索します。その検索結果の中から気になる画像をタップすると、Lensのアイコンの右上に赤い丸が表示され、その中に数字が出ます。その数字の数が検索対象以外のオブジェクトの数のようです。従って、Lensのアイコンをタップすると該当する別オブジェクトの画像検索結果をGoogle Lensが表示してくれます。この場合はアストンマーチンの車ですね。

検索結果からLensへ

他にも自分で○等で括ったオブジェクトをGoogleはLensで別途紹介してくれますが、元々Lensに対応していない画像やオブジェクトだった場合は、類似画像が出る程度です。

検索結果からLensへ②

The Keywordに上がっているモーション画像でご紹介すると、以下のような感じです。

Lens機能

引用)The Keyword

ふわふわ

データベースが増えていけば面白い

この機能はまだまだ米Google中心ですし、Google Lensの対応数も少数かとは思いますが、今後このデータベースが増えていき日本にもこの機能が上陸してくれば、非常に面白くなりそうですね。今回はユーザーの立場における感想にはなりますが、サイトオーナーにとって画像チョイスや写真の撮り方ひとつで、これからコミュニケーション接触機会やビジネス接触機会は増えていくと思いますので、注視しておくと良いのではないでしょうか。


関連記事
GoogleはChromeにて、HTTPSサイトページの中にHTTPのリソースが含まれている場合、今後は混合コンテンツとしてデフォルトでブロックしていくと、Security Blogで発表しました。 混合コンテンツって? まず最初に理解しておかなければならないのは混合コンテンツというものについてです ...(続きを読む)
Google Search Console(以下:GSC)で「アドレス変更」が実装されました。新しいGSC用に生まれ変わって導入されたので、機能自体が新しいわけではありませんが、一応Googleが公表してくれています。 概要は? Googleの発表は以下の通りです。 Launching today ...(続きを読む)
最近、非常に多くなってきたリッチリザルト。構造化データのマークアップによるものが多いですが、マークアップはしたものの、サイトオーナーは「本当に出ているのかなぁ」と疑問に思うかもしれません。そこで、Google Search Console(以下:GSC)でリッチリザルト表示がどうやって確認できるかに ...(続きを読む)
今回はE-A-Tについて私なりに書いておこうかと思います。まず知っておいていただきたいこととして、E-A-Tは無形です。E-A-Tはアルゴリズムではありません。もっと言ってしまえば幻想です。「E-A-T対策」とか訳のわからないことを言う人がいますが、単純にGoogleにとってE-A-Tは「どんな人が ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。