画像ファイル名も重要

先日、Googleのデジタルワークショップを学習している中で、ちょっと気になった情報がございましたので、ここで紹介してみたいと思います。

ネーミング

ふわふわ

Googleデジタルワークショップとは

インターネット及びWEBサイト初心者に対して、Googleがビジネスや就職活動に役立つよう、無料で「デジタルマーケティング」を学習できるサイトページです。全部で89レッスンあり、それぞれの章でテストに合格していくとバッジが貰えます。そのバッジを全23個獲得し、最終試験に合格するとデジタルマーケティングが修了となり、Googleから認定証が発行される仕組みです。

認定証

既に業界で働いている人にとっては今さらな感じですが、意外と知らなかった情報もあるかもしれませんので、学習することをオススメします。

で、私にとっては実際に「おぉ…」という内容がございましたのでご紹介します。

ふわふわ

ファイル名はSEO上重要ではない?

以前より、私はファイル名の設定に関して、内容を推察しやすいよう設定することを勧めておりました。これがSEO(≒検索ランキング上昇)寄与にどれくらい影響するのかは分かりませんが、私は色々な理由から推奨しています。

HTMLファイルでも、画像ファイルでも、ディレクトリでも、内容を推察しやすい英語を各ファイル(HTML毎、画像ファイル毎に)重複することなく命名しましょう。SEOというよりも、何より管理しやすいです。尚、整理・分類されたサイト構造を実現するにはディレクトリ構造とリンク構造を合わせて考える必要があります。管理上、ディレクトリの親子関係も考慮しながら、含有するコンテンツに関係するディレクトリ名を使用してください。

引用)サイト制作時のSEO向け要件として定義しておきたい16選

また、一方でファイル名はSEO(≒検索ランキング上昇)への影響はほぼ無いという情報もございます。これは実際にGoogleのJohn Mueller氏が発言しているようです。

Googleの観点から見ると、サイトにとって意味があるならどんなファイル名やURL構造を使っても構わない。SEOを目的としたこのレベルで、URLをきれいに整える必要はない。

引用)海外SEO情報ブログ内でのJohn Mueller氏の発言

アイテム名やカテゴリの階層をURLに反映させてもSEO的なアドバンテージはないか、あったとしても極めて少ない

引用)海外SEO情報ブログ

要は、URL名やファイル名に関しては、どんな内容にしてもSEOに影響があるわけではないよ、という話だと思います。私もURL名やファイル名に関しては、飽くまで管理者が内容を把握しやすいことを目的に命名方針を捉えていました。

ふわふわ

ファイル名はSEO上も重要

しかし、今回のデジタルワークショップを学習している中で「検索エンジンによるウェブサイトの把握方法」というレッスンには以下のように記載されているのです。

画像のファイル名にもキーワードを含む名前を使うことで、関連した検索が行われたときに、検索エンジンはその画像を選択しやすくなります。image3.jpgなどの一般的なファイル名を使用すると、特定の検索では表示される可能性が低くなるため、効果的ではありません。

引用)Googleのデジタル ワークショップ

これは、実践問題の回答と解説欄に記載されていた情報なのですが、基礎中の基礎を教えるはずの講習の中で、画像ファイル名が検索エンジンの助けになる旨が明記されていることが分かります。

画像ファイル名

この場合、ALTも含めて「“検索ランキング上昇”という意味でのSEOではなく、飽くまで“見つけやすさ”という意味でのSEOだよ」というのであれば理解はできるのですが…それにしてもこういう書き方をされては、「やっぱりファイル名はSEOに寄与するのではないか」という考えを抱かずにはいられませんよね。

ふわふわ

やっときゃ良いんだよ

実際本当にSEOを考えるのであれば、アスキー文字じゃなく、日本語ファイル名の方が良いのではないか、等という疑問はちょっと話がズレますし、そこはファイル名であれば(色々な意味で)アスキー文字で設定すべきでしょう。

まぁ今回のような、この微妙なニュアンスの違いは理解しづらいかもしれませんが、いずれにしましてもファイル名は内容を推察しやすいものとし、それがSEO施策キーワードのテーマを形成する一助となることを(ほんのちょっとだけ)期待しても良いのかもしれません。

画像検索向けの施策とか、そういうわけではなく、とにかくファイル名はちゃんとオリジナルにしておきましょう、という話ですね。

ちなみに、今回ご紹介したGoogleのデジタル ワークショップ。業界関係社にはOJTのカリキュラムとして導入すると良いと思いますよ。


関連記事
Googleから今年5月にリリースされたばかりのHow-toとFAQの構造化データマークアップですが、まだHow-toの方は日本でのリッチリザルト化は見受けられません。日本へのマークアップ反映はまだのようです。一方でFAQの構造化データマークアップに関しては、迅速に反映されているようでして...それ ...(続きを読む)
もともとGoogleでは、明らかになっていないものの、QDD作用が働き、検索結果の1P以内に同ドメインをクラスタリング(連続表示)したがらない傾向にあったかと思います。しかし検索クエリによって、実際には検索結果1ページ目に同じサイト(ドメイン)が3つ4つ並ぶこともしばしば。それが今回のアップデートに ...(続きを読む)
米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。 どういう内容 昨年にGoogl ...(続きを読む)
日本時間2019年6月4日(米国現地時間6月3日)にGoogleのコアアルゴリズム・アップデートがありました。もちろん通常通りのロールアウト(徐々に展開)していく感じですが、早速一部で変化が見受けられましたのでご紹介したいと思います。 今回は予告形式 サイト運用者からの希望もあり、今回のコアアルゴリ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。