画像検索結果のアイコン表記

今までモバイル検索結果では表記されていたGoogle画像検索結果に表記されるアイコンラベルが、デスクトップ(PC)でも表示されるようになるそうです。米国現地時間の今週末から変更されるとGoogleがツイート発表しています。

画像検索

ふわふわ

発表内容について

Googleが公式にツイートした内容は以下です。

今週末、Google画像検索では、デスクトップ版でも新しいアイコン表示を行い、画像が販売商品、レシピ、または動画コンテンツに繋がる表示元ページかを示すようになります。マウスオーバーすると、アイコンはそれぞれ展開し、テキスト表示したり動画再生時間を表示したりします。

引用)@searchliaisonより和訳

 
 

この変更に伴って、Google画像検索結果のサムネイルにマウスオーバーすると現在表示されている画像サイズ表記は無くなります。その代わり、サムネイルを選択した際の詳細表示時の画像をマウスオーバーすることでサイズ表示されます。

引用)@searchliaisonより和訳

 
 

ちなみに、先週発表した“ライセンス情報”アイコンはベータ版ですので、まだ表示されません。詳細はこちらをご覧ください。

引用)@searchliaisonより和訳

デスクトップ版のGoogle画像検索結果に表示されるラベルが変わってアイコン表示されるようになるとのことです。既にモバイル版では以下のように表示されています。

モバイルでの画像検索結果

デスクトップでは、まだ以下のように「マウスオーバーすると画像サイズが表示される」だけですね。

Googleデスクトップ画像検索結果

これが、今週末から変わるんですね。

ふわふわ

画像検索心理に合わせた仕様変更

以前からご説明しております通り、画像検索は新しい“気付き”を得るために利用されているケースが多いです。ですので、調べたい画像が「販売している商品」なのか「レシピ」なのか「動画紹介」なのかが直観的に分かるだけでも無駄な思考が減りますよね。

ちなみに、サイト運用者側としては対象ページの構造化データマークアップとして、対象となる画像をプロパティ指定すれば良いだけです。そうすればGoogle側で、それが「商品」なのか「レシピ」なのか「動画」なのか分かりますよね。

私の予想では今後、サムネ画像に表示されるアイコン種類は増えていくと思いますので、以下を参考にマークアップをしていくと良いと思いますよ。

こうして考えると、構造化データのマークアップはコーダーの必須業務になりつつありますね。


関連記事
新型コロナウィルスの影響により、実店舗だけでなく(特に物流ビジネスを主としている)オンラインビジネスでも停滞を余儀なくされているサイト運用者もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな運営の停滞に伴って、Google検索におけるSEO上の措置についてGoogleが案内してくれていますので、ご紹介します ...(続きを読む)
SEOに向けて分析している中で、「競合サイトや他の業界はどのくらいのペースや頻度でページを増加しているんだろう」と思ったことはございませんか? 以前、before/after:の検索コマンドをご紹介したことはありましたが、厳密に日付単位で順位状況は分かっても、その時期に公開されたページかどうかは分か ...(続きを読む)
コロナウィルスによって、エンターテイメント業界中心に数多くのイベントや催事が世界レベルで中止や延期になっていますよね。経済破綻の恐れもある中で、各運営元も選択を余儀なくされています。そんな時、検索ユーザーに対してもいち早く対応できるよう、構造化データの共同母体であるSchema.orgの情報更新に伴 ...(続きを読む)
最近耳にするようになった「リードナーチャリング」という言葉。マーケティング用語の一環ですが、その名の通り「lead(導いて)」「nurturing(育てる)」という意味からも、潜在顧客にアプローチし購買意欲を高めるための見込み顧客育成として使われます。要はリーチした潜在顧客をCold→Cool→Wa ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。