実装後のHTTP/2効果を探る

HTTP/2を実装してみた」から約3週間経過しました。読込速度の向上を狙ってHTTP/2を導入してみましたが、その後の数値にどう影響したかレポートしたいと思います。

電車

ふわふわ

おさらい

2月18日に「HTTP/2を実装してみた」通り、まさに当日実装完了しました。直後の数値変化は元記事にあるように、GTmetrixPageSpeed Insightsでも効果を実感しておりました。ただ、実は私が実装したサイト…画像が最適化されていません(笑)。画像ばかりのサイトということもあり、画像ファイルの重さが半端ないんです(笑)。「いい加減、HTTP/2を実装したサイトを教えろ」という声もあろうかと思いますが…そこはビジネス上のコミュニケーションを取っている方のみお分かりいただける内容となっておりまして…別途お問合せください(笑)。
恐らく、画像も最適化されていればもっともっと高速化できると思います。

ふわふわ

確認できた内容

そんな中、2つの軸でHTTP/2の凄さを確認できましたので、実数値をご紹介します。

Search Console内クロールの統計情報

Google Search Console内にある「クロールの統計情報」項目に変化が見受けられました。あまりこの項目は注視することもなかったのですが、この中にある「ページのダウンロード時間(ミリ秒)」が2月18日を境に大きく下落していることが分かります。

ダウンロード時間
 

Analytics内ページ速度

Google Analytics内にある「サイトの速度 > ページの速度」項目にも変化が見受けられました。下図の濃いブルーの折れ線ラインが、やはり2月18日を境に大きく下落していることが分かります。平均の読み込み時間(薄いブルーの折れ線ライン)には大きな変化がないところを見ると…やはり画像が重いせいですね。今後の施策課題でございます。

サーバーの応答時間
 
ふわふわ

表示速度はサーバーだけじゃないという実感

これらを見て分かったこととしましては、HTTP/2導入によってサーバーのレスポンスをいかに良くしようとも、ファイルベースで重たければ充分な効果を発揮できないということですね(笑)。本当に実感しました。私自身、画像の取り扱いを見直しながら、精進していきたいと思います。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。