HITSアルゴリズム

かなり前からある情報ですが、最近SEOの勉強を始めた方の中では、意外とご存じないケースもあろうかと思いますので本ブログでも触れておきます。リンクによる重要度と発見性を高め、評価するアルゴリズムの話です。「HITSアルゴリズムとは|SEO 検索エンジン最適化」を参考にしています。

ススキ

HITSアルゴリズムを説明するにはオーソリティスコアとハブスコアを説明しなければなりませんので、まずはその2つについて記載します。

ふわふわ

オーソリティスコアとは

“良いサイト”からリンクを受けていることにより得られる権威力。この場合の”良いサイト”とはオーソリティスコアの高いサイトを指していると考えられますが、そういう言い方だと堂々巡りで分かりづらいと思いますので…関連性が高く、一定のカテゴリで広く深い情報を発信しているような信頼できるサイト(ページ)という解釈をしておくと良いと思います。

 

ハブスコアとは

様々なオーソリティスコアの高いサイト(ページ)を紹介することにより得られる紹介力。オーソリティスコアのあるサイト群を紹介していれば、それはオーソリティスコアサイト(ページ)の軸となるサイトページであると理解できるため、評価や価値が高まります。

 

HITSアルゴリズムとは

オーソリティスコアとハブスコアが”卵と鶏”の関係性のようにも感じますが、このことによりいずれも発見性が高まり、あるカテゴリにおけるリーダー的な存在とその軸となる存在、サッカーで言うところのシュートする人とアシストする人みたいな存在はいずれも価値が高いわけです。
そして、これらを評価してSEOにおける重要度を増加しようとするアルゴリズムをHITS(Hypertext Induced Topic Selection)アルゴリズムと言います。

HITSアルゴリズムの見方

ふわふわ

実在の有無

HITSアルゴリズムが実際にどこまで機能し、存在力のあるアルゴリズムかは分かりませんし、もちろん数値化も難しいですが、検索上位にあるキュレーションサイト(ページ)や比較サイト(ページ)を見ていると、このアルゴリズムが働いている裏付けであることもうかがえる気がします。

外部への発リンクにrel=”nofollow”をどこまで入れるか考えたりする時もありますが、自発的であれば基本的にnofollowを入れることを推奨しない、というGoogleの言うこともこのアルゴリズムを知っていればなんとなく頷けるのではないでしょうか。


関連記事
Googleから今年5月にリリースされたばかりのHow-toとFAQの構造化データマークアップですが、まだHow-toの方は日本でのリッチリザルト化は見受けられません。日本へのマークアップ反映はまだのようです。一方でFAQの構造化データマークアップに関しては、迅速に反映されているようでして...それ ...(続きを読む)
もともとGoogleでは、明らかになっていないものの、QDD作用が働き、検索結果の1P以内に同ドメインをクラスタリング(連続表示)したがらない傾向にあったかと思います。しかし検索クエリによって、実際には検索結果1ページ目に同じサイト(ドメイン)が3つ4つ並ぶこともしばしば。それが今回のアップデートに ...(続きを読む)
米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。 どういう内容 昨年にGoogl ...(続きを読む)
日本時間2019年6月4日(米国現地時間6月3日)にGoogleのコアアルゴリズム・アップデートがありました。もちろん通常通りのロールアウト(徐々に展開)していく感じですが、早速一部で変化が見受けられましたのでご紹介したいと思います。 今回は予告形式 サイト運用者からの希望もあり、今回のコアアルゴリ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。