本当に有害コンテンツ?

先日、私が運用していたサイトにSearch Consoleからセキュリティの問題として有害コンテンツを指摘されました。結論から申し上げますと“不当なアラート”でした。昨年末の話だったのですが、もしかしたら同じケースを受けたサイト運用者の方もいらっしゃるかもしれないと思いましたので、ここで共有させていただいます。

有害コンテンツ

ふわふわ

何があったか?

まず、以下のメッセージがSearch Consoleの「セキュリティの問題」項目に出現しました。特に(Search Consoleに登録している)メールでの連絡もありませんでした。

貴サイトのページの一部で有害なコンテンツが検出されました。できるだけ早くこのコンテンツを削除されることをおすすめします。コンテンツが削除されるまでの間、Google Chromeをはじめとする各ブラウザでは、サイトの訪問者や、サイトから特定のファイルをダウンロードしようとしたユーザーに対して警告が表示されるようになっています。
引用)Google Search Console

キャプチャーとしては以下の内容です。

SC内「セキュリティの問題」

これによることでGoogle Chromeからの警告表示があったわけでも無く、検索流入数に変動もございませんでしたが、なんか気持ち悪いですよね。しかも、実際に該当する有害コンテンツやマルウェアも指摘されていませんでしたし、セーフブラウジングツールでも何も発見されませんでした。

ふわふわ

で、どうしたの?

とりあえず上記キャプチャー内にある「再審査をリクエスト」し、そこには

「詳細を表示」部分にURLの指摘もなく、検出された箇所も見当たりませんが、該当するような部分がございましたらご指摘くださいませ。

のような文言を記載して送信しました。そして当日中(中9時間くらい)にGoogle側から回答がございました。

SC内メッセージ

これはメッセージとして(Search Consoleに登録している)メールにも連絡がきました。恐らく誤報だったと推測できます。

ふわふわ

マルウェア等に対する強化における副作用?

もしかしたら昨年夏頃にもセキュリティ関連の通知方法等をアップデートしておりましたので、そういった関連からバグが生じたのかもしれません。サイト運用者としての実害もございませんでしたが、たまにこういうこともあるようですので、もし不当に通知を受けたとしても慌てず対処していきましょう(笑)。


関連記事

ECに商品固有IDを

ECサイト等で展開する商品について、Googleは商品固有ID(GTINまたはMPN)の属性を構造化データや商品フィードに入れ込むことを推奨する内容を米国現地時間2月26日にSearch Central Blogで発表しました。これによりGoogleからのファインダビリティ(見つけやすさ)や正確な商 ...(続きを読む)

GSCの関連付け機能が拡張

Googleは、Search Consoleに関連付けられるサービスが新しく増えた旨、発表しました。今まではGoogle Analyticsとだけ関連付けられましたが、Google広告やYouTube等が加わる形になっています。ここでは、その発表内容の和訳とともにご紹介します。 Googleからの発 ...(続きを読む)

画像検索結果を多様化

Googleは画像検索結果にも多様性を持たせる動きを加えたと米国現地時間2月11日にツイートしました。画像検索結果に様々な画像を表示することで、ユーザーの選択肢や情報を増やすことを目的としているようです。 TwitterでのGoogle発表内容 まずは以下のツイート内容をご確認ください。 Have ...(続きを読む)

Passage(文節)ランキング始動

昨年10月に告知されたGoogleのPassage Indexingについて、「文節単位でしっかりとインデックスしてランキング」しますというPassage Ranking(パッセージランキング)が米国現地時間2月10日にローンチしたと発表されましたのでご紹介します。 Googleの発表内容 Goog ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。