画像検索結果を多様化

Googleは画像検索結果にも多様性を持たせる動きを加えたと米国現地時間2月11日にツイートしました。画像検索結果に様々な画像を表示することで、ユーザーの選択肢や情報を増やすことを目的としているようです。

画像検索

ふわふわ

TwitterでのGoogle発表内容

まずは以下のツイート内容をご確認ください。

Google画像検索で何かを調べた時、同じような画像が検索結果を占有していることはありませんか? そんな現象を回避すべく、類似する画像を減らし関連性のある他の画像も表示できるよう画像検索を改良しました…

引用)@searchliaisonより和訳

 
 

また、同じクエリで違ったものを意味している場合もあります。例えば「jaguar」は動物を意味することもあれば、車を意味することもあります。にもかかわらず、たまに1つの意味のほうだけで画像検索結果を占有してしまうこともあり得るでしょう。そのような場合には、他の意味を成す画像も表示するよう改善しています…

引用)@searchliaisonより和訳

 
 

思い出していただきたい点として、画像検索結果の上部に表示されるボタンを使うことで、「ジャガー」の中でも「動物」として絞り込めるように、どなたでも検索クエリを特定の意味に絞り込むことだってできます。

引用)@searchliaisonより和訳

 
 

11月に導入したこの改善により、皆様がGoogle画像検索を通して、よりひらめきを得たり、視覚的情報を得たりすることができるようになると願っています。

引用)@searchliaisonより和訳

 
 

なんでしょう…昨年11月に画像検索結果の多様化を図る機能を導入していたようですね。

ふわふわ

実感値は…ない

どこの国や言語にどこまで入っている働きなのかは分かりませんが、ツイートのニュアンスから推察するに、「新しいアルゴリズムを入れた」というよりは「そういう働きをする傾向を強めた」という印象のほうが強いですね。そして、実際「ジャガー」と検索すれば車ばかり出てきますし、「SHIPS」と検索すればアパレルばかり、「考える人」と検索すれば像ばかり表示されます。そう考えるとあんまり実感ないですよね。

まぁ、こういうものは徐々に徐々に精度が向上してくるものですので、「気付いたら多様化してる」程度に捉えておくと良いかもしれません。


関連記事

安全な検索体験を守るGoogle

Googleによるスパム対策の話や違法コンテンツに関する話が連日続いていましたが、同様に米国現地時間4月29日のThe Keywordにて、Googleが検索結果に対してどのような安全策を講じているのか、措置を行っているのか、改めて案内していますので和訳してご紹介します。ずっと検索やSEOに接してい ...(続きを読む)

違法コンテンツに対するGoogleの措置

SEOに取り組んでいるあまり、まるでGoogleを神様や法の裁定人かのように思いがちですが、GoogleはあくまでもWebサイトを検索ユーザーに紹介するだけのプラットフォームです。ですので、第3者として提供しているに過ぎません。しかしながら、ここまで世界的規模で利用されていたり、情報提供の正確さによ ...(続きを読む)

2020年のスパム対Google

毎年恒例となりましたGoogleによる前年のスパム対策振り返り。今年もGoogleはSearch Central Blogで2020年を振り返って発表していますので和訳してご紹介したいと思います。 Googleからの発表内容 米国現地時間4月29日にGoogleが発表した内容です。若干長文ですが、ご ...(続きを読む)

パラメータ付URLについて

SEOを考えた時、パラメータ付URLが存在しているものについて懸念する人が多いです。懸念する理由を聞くと「パラメータ付URLは良くないと聞いたから」「パラメータ付URLは何となく良くなさそう」等という曖昧な返答が多い気がします。そもそもパラメータ付URLの良し悪しはケースバイケースなので、Googl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。