強調スニペットクリックで該当箇所へ

強調スニペットをクリック(タップ)すると強調スニペット引用元のページに飛びますが、その引用元ページの引用文がハイライトされて、そこに直接飛べる仕様になりました。対応ブラウザとしてChromeのみです。

強調スニペット

ふわふわ

どんな内容?

Googleがツイートした内容は下記の通りです。

2018年12月からAMPページでは対応してきましたが、強調スニペットをクリックすると、引用元のテキストが明確になっていればHTMLページで実際に強調表示されている部分に移動します。但し、対応できる仕様になっているブラウザに限ります。

引用)@searchliaisonより和訳

 

ウェブマスター側に必要とされるマークアップはございません。HTMLページの[テキストへスクロール]する技術を使って自動的に実装されます。併せてこちらの仕組みもご参照ください。

引用)@searchliaisonより和訳

 
つまり、まとめると以下です。

  • 強調スニペットからのクリック先に抽出元のテキストがハイライトしてそこに一気に飛べる
  • AMPページの場合はそうだったけど、ただのHTMLでも対応するようになる。
  • これによって、どこの部分が強調スニペットに扱われていたか分かりやすくなる
  • 対応するブラウザは[テキストへスクロール]する仕様が成立しているものに限る
  • 仕様とはつまりURL末尾に#:~:text=該当テキストが通用するブラウザ
  • つまり今はChromeのみ

 
では、実際に見てみましょう。

例)「CVとは」で検索
例)CVとは

まぁ、便利ですね。確かに実際にどこの箇所からピックアップされた情報なのかがすぐに分かるので、前後の文脈も含め端的に理解できます。

でも、クリックした後の該当ページへの滞在時間は短くなりそうですね。滞在時間が短くなってしまうとサイトへのエンゲージメント力も下がってしまうので、サイトオーナー側としては、ハイライトテキスト付近にエンゲージメント力が上がる何かを施したほうが良いかもしれませんね。

これもまた、今後の検証と仮説対象となりそうです♫


関連記事
Googleの検索結果が既に最初のLPであるという認識からユーザーとGooglebotを捉えていきましょう、という啓蒙記事です。そう考えると検索結果に表示させるタイトルやスニペット等だけでなく、ランクインさせたいページの情報をどう設計すべきかまで見えてきます。 Google検索が嫌うこと まず、Go ...(続きを読む)
Googleの画像検索結果に対象画像の関連情報が表示されるようになるとのことです。とりあえず米国のGoogleモバイル検索だけが対象のようですが、Googleが米国現地時間7月8日に発表しました。 ナレッジグラフの情報から画像情報を紹介 Googleではナレッジグラフという情報データベースを保有して ...(続きを読む)
リッチリザルトテストツールがベータ版から正式版となり、構造化データテストツールは終了予定とのことです。Googleがウェブマスター向け公式ブログで発表しました。そもそも構造化データとリッチリザルトの概念の違いが分からない人もいらっしゃると思いますので、その辺もご紹介しておきたいと思います。 そもそも ...(続きを読む)
Googleはウェブマスター向け公式ブログで、改めてスパムレポートの利用方法について紹介しました。ユーザーからGoogleへ申告できるスパムレポートに関して、Googleはそれをもってすぐに当該サイトページを手動対策(通称:ペナルティ)するのではなく、アルゴリズムに組み込んでいくようにしているとのこ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。