強調スニペットクリックで該当箇所へ

強調スニペットをクリック(タップ)すると強調スニペット引用元のページに飛びますが、その引用元ページの引用文がハイライトされて、そこに直接飛べる仕様になりました。対応ブラウザとしてChromeのみです。

強調スニペット

ふわふわ

どんな内容?

Googleがツイートした内容は下記の通りです。

2018年12月からAMPページでは対応してきましたが、強調スニペットをクリックすると、引用元のテキストが明確になっていればHTMLページで実際に強調表示されている部分に移動します。但し、対応できる仕様になっているブラウザに限ります。

引用)@searchliaisonより和訳

 

ウェブマスター側に必要とされるマークアップはございません。HTMLページの[テキストへスクロール]する技術を使って自動的に実装されます。併せてこちらの仕組みもご参照ください。

引用)@searchliaisonより和訳

 
つまり、まとめると以下です。

  • 強調スニペットからのクリック先に抽出元のテキストがハイライトしてそこに一気に飛べる
  • AMPページの場合はそうだったけど、ただのHTMLでも対応するようになる。
  • これによって、どこの部分が強調スニペットに扱われていたか分かりやすくなる
  • 対応するブラウザは[テキストへスクロール]する仕様が成立しているものに限る
  • 仕様とはつまりURL末尾に#:~:text=該当テキストが通用するブラウザ
  • つまり今はChromeのみ

 
では、実際に見てみましょう。

例)「CVとは」で検索
例)CVとは

まぁ、便利ですね。確かに実際にどこの箇所からピックアップされた情報なのかがすぐに分かるので、前後の文脈も含め端的に理解できます。

でも、クリックした後の該当ページへの滞在時間は短くなりそうですね。滞在時間が短くなってしまうとサイトへのエンゲージメント力も下がってしまうので、サイトオーナー側としては、ハイライトテキスト付近にエンゲージメント力が上がる何かを施したほうが良いかもしれませんね。

これもまた、今後の検証と仮説対象となりそうです♫


関連記事

Google検索セントラルブログへ

Googleは今まで検索に関するブログをWebmaster Central Blog(ウェブマスター向け公式ブログ)という名称で運営していましたが、この度、Webmaster(ウェブマスター)という名称を廃止し、developers.google.com配下で運用するようになりました。 新旧の違い ...(続きを読む)

古いコンテンツの削除ツールが刷新

リンク否認ツールに続き、古いコンテンツの削除ツールがリニューアルしました。GoogleがTwitterで発表しています。インターフェースの変更のようですが、サイトオーナー側で行う作業ではなく、第3者が行うツールですのであまり馴染みがないかと思います。でも何かと便利かもしれませんので、知っておくと良い ...(続きを読む)

リンク否認ツールが刷新

リンク否認ツールがリニューアルしました。GoogleがTwitterで発表しています。マイナーチェンジではありますが、ご紹介します。 Today we're completing the migration of the Disavow links tool to the new Search Co ...(続きを読む)

Core Web Vitalsの導入時期

Core Web Vitals(ウェブに関する主な指標)について、今までご紹介してきました。そしてCore Web Vitalsが導入されるのは2021年であることと、導入6ヶ月前に発表すること、が前提でした。そしてこの度ついに来年5月になると発表されましたので、ご紹介します。 ▼Core Web ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。