強調スニペットクリックで該当箇所へ

強調スニペットをクリック(タップ)すると強調スニペット引用元のページに飛びますが、その引用元ページの引用文がハイライトされて、そこに直接飛べる仕様になりました。対応ブラウザとしてChromeのみです。

強調スニペット

ふわふわ

どんな内容?

Googleがツイートした内容は下記の通りです。

2018年12月からAMPページでは対応してきましたが、強調スニペットをクリックすると、引用元のテキストが明確になっていればHTMLページで実際に強調表示されている部分に移動します。但し、対応できる仕様になっているブラウザに限ります。

引用)@searchliaisonより和訳

 

ウェブマスター側に必要とされるマークアップはございません。HTMLページの[テキストへスクロール]する技術を使って自動的に実装されます。併せてこちらの仕組みもご参照ください。

引用)@searchliaisonより和訳

 
つまり、まとめると以下です。

  • 強調スニペットからのクリック先に抽出元のテキストがハイライトしてそこに一気に飛べる
  • AMPページの場合はそうだったけど、ただのHTMLでも対応するようになる。
  • これによって、どこの部分が強調スニペットに扱われていたか分かりやすくなる
  • 対応するブラウザは[テキストへスクロール]する仕様が成立しているものに限る
  • 仕様とはつまりURL末尾に#:~:text=該当テキストが通用するブラウザ
  • つまり今はChromeのみ

 
では、実際に見てみましょう。

例)「CVとは」で検索
例)CVとは

まぁ、便利ですね。確かに実際にどこの箇所からピックアップされた情報なのかがすぐに分かるので、前後の文脈も含め端的に理解できます。

でも、クリックした後の該当ページへの滞在時間は短くなりそうですね。滞在時間が短くなってしまうとサイトへのエンゲージメント力も下がってしまうので、サイトオーナー側としては、ハイライトテキスト付近にエンゲージメント力が上がる何かを施したほうが良いかもしれませんね。

これもまた、今後の検証と仮説対象となりそうです♫


関連記事

安全な検索体験を守るGoogle

Googleによるスパム対策の話や違法コンテンツに関する話が連日続いていましたが、同様に米国現地時間4月29日のThe Keywordにて、Googleが検索結果に対してどのような安全策を講じているのか、措置を行っているのか、改めて案内していますので和訳してご紹介します。ずっと検索やSEOに接してい ...(続きを読む)

違法コンテンツに対するGoogleの措置

SEOに取り組んでいるあまり、まるでGoogleを神様や法の裁定人かのように思いがちですが、GoogleはあくまでもWebサイトを検索ユーザーに紹介するだけのプラットフォームです。ですので、第3者として提供しているに過ぎません。しかしながら、ここまで世界的規模で利用されていたり、情報提供の正確さによ ...(続きを読む)

2020年のスパム対Google

毎年恒例となりましたGoogleによる前年のスパム対策振り返り。今年もGoogleはSearch Central Blogで2020年を振り返って発表していますので和訳してご紹介したいと思います。 Googleからの発表内容 米国現地時間4月29日にGoogleが発表した内容です。若干長文ですが、ご ...(続きを読む)

パラメータ付URLについて

SEOを考えた時、パラメータ付URLが存在しているものについて懸念する人が多いです。懸念する理由を聞くと「パラメータ付URLは良くないと聞いたから」「パラメータ付URLは何となく良くなさそう」等という曖昧な返答が多い気がします。そもそもパラメータ付URLの良し悪しはケースバイケースなので、Googl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。