ガラケーのSEO的扱い

MFI等、モバイル=スマートフォンという前提で話が進んでいる昨今、忘れてはならないのがガラケー(=フィーチャーフォン)です。でももう生産も終了(気味?)ですし…このタイミングでGoogleがフィーチャーフォン用のGooglebot(Googlebot-Mobile)を使用しなくなります。

フィーチャーフォン

ふわふわ

どういうこと?

Googleウェブマスター向け公式ブログによると、大きく3つの変更がありました。

1.フィーチャーフォンはクローラーが見ない
2.アノテーションで存在を確認する
3.Search Consoleの各機能から除外

 
要は、「もうフィーチャーフォンはクロールしないよ。でも存在とインデックスはアノテーション機能で確認してるよ。それだけだからSearch Consoleでの色々な機能から外すね」ってことですね。

フィーチャーフォンはクローラーが見ない

今後は、フィーチャーフォン用のユーザーエージェントを検索のクロールに使用しないことになりました。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
つまり、以下の2つが無くなるってことですね。

  • SAMSUNG-SGH-E250/1.0 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1 UP.Browser/6.2.3.3.c.1.101 (GUI) MMP/2.0 (compatible; Googlebot-Mobile/2.1; +http://www.google.com/bot.html)
  • DoCoMo/2.0 N905i(c100;TB;W24H16) (compatible; Googlebot-Mobile/2.1; +http://www.google.com/bot.html)
  •  
    まぁ、普通にサイト運用していれば特に問題無さそうですね。

    アノテーションで存在を確認する

    フィーチャーフォン用の自己参照型代替URLリンクを、デスクトップ向けやスマートフォン向けのページに追加していただくことになりました。
    引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

     
    要はアノテーションを入れ込むってことですね。デスクトップの対象ページ(一応スマホの対象ページも?)の<head>内にフィーチャーフォンのURLに向けて以下のタグを入れるのです。

    <link rel=”alternate” media=”handheld” href=”フィーチャーフォンのURL” />

     
    ちなみに本来、アノテーション設定ですのでフィーチャーフォンの<head>内にデスクトップ(スマホ)のURLに向けたcanonicalも挿入すべきなのですが…そもそもフィーチャーフォンにはクローラーが回って来ないので要りませんね。

    Search Consoleの各機能から除外

    フィーチャーフォン用Googlebotを廃止するということは、フィーチャーフォン用の特別なサイトマップ拡張機能、Fetch as Googleのフィーチャーフォン オプション、フィーチャーフォン用のクロールエラーは必要なくなります。
    引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

     
    Search Console内のそれぞれの機能に入っていたフィーチャーフォン版の部分は削除されるということです。もちろん、サイトマップやFetch as Googleの機能自体はありますが。

    ふわふわ

    問題ないでしょ

    このように、Googleからのフィーチャーフォンに対するインデックスや方針、クロール資産等はほぼ無くなります。特に問題ないと思いますが、一応Google側は最後に以下の言葉で締めくくっています。

    一方、フィーチャーフォン向けコンテンツを配信しているサイトの運営者様におかれましては、世界中のフィーチャーフォン ユーザーが引き続きコンテンツを快適に利用できるようご協力いただけますと幸いです。
    引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

     
    フィーチャーフォンに注力している人は独自で頑張ってくださいね!ってことですかね(笑)。


    関連記事

    過去のインフォメーションページ運用

    もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

    「高品質」へのGoogleの取り組み

    このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

    ウェブ検索からのCTRを上げる

    Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

    WebフォントとSEO

    最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

    コメントを書く

    コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。