robots.txtのディレクティブとその代替について

前回のREPに続き、Google Webmaster Central Blogで案内されたrobots.txtのサポートされていない仕様についてご紹介します。2019年9月1日よりサポートしなくなるディレクティブに関する代替案といいますか…別のやり方を教えてくれています。

robots.txt

ふわふわ

インデックスさせない手法を案内

Googleではrobots.txtを正式な仕様にするためのインターネットドラフト作成にあたって、今まで曖昧だったディレクティブ要件を明確にしました。その結果、robots.txtの仕様にサポートされていないディレクティブを2019年9月1日に全て廃止するとのことです。

<前略>
REPの読み込み方法をオープンソース化しながら、robots.txtを利用する際のルールについて分析しました。特にフォーカスしたのは、インターネットドラフトによりサポートされていないルール、例えばcrawl-delay、nofollow、noindex等です。こういったルールがGoogleから今まで全く文書化されなかったことからも分かるように、それらのルールとGooglebotとの関係性は非常に薄いです。より深く掘り下げて見ていくと、こういったルール(crawl-delay、nofollow、noindex等)の利用頻度や活用自体が全てのrobots.txtのうちの0.001%程度、つまり他のほとんどのルールと比べても矛盾が生じたり、認識されていないことが確認できました。こういった認識の違いや細かなルールの違いが、結果としてウェブマスターが意図しているであろうGoogle検索結果から外れてしまい、自身のWebサイトの存在価値を下げることにもつながります。

健全なクロール環境を維持し、将来のオープンソースリリースの可能性に備え、Googleがサポートしていない未公開のルール(noindex等)の取り扱いコードに関しては、全て2019年9月1日をもって廃止します。robots.txtを使ってnoindexやindexを行っていた人には、クロールを制御する代替案が多くありますので、そちらをご利用ください:

  • metaタグを使ってnoindexを返す:Googleにクロールはさせるが、インデックスから削除したい場合はHTTPレスポンスヘッダー(X-Robots-Tag)でnoindexを返すか、HTMLタグ(<meta>)でnoindexを返すようにしてください。
  • 404および410HTTPステータスコードを返すどちらのステータスコードもページが存在しないことを意味します。クロールされた後、このステータスコードが処理されると対象のページはインデックスから削除されます。
  • パスワードで保護する:購読またはペイウォールコンテンツ(会員にならないと読めない記事ページ)のマークアップがされている場合を除き、ログイン後のページはインデックスから削除されます。
  • robots.txtでdisallowを設定する:検索エンジンはクロールできたページしかインデックスできないため、ページがクロールできないようにブロックすると、通常そのコンテンツをインデックスすることができません。他ページのリンクからURLを発見しインデックスすることもありますが、その場合でもコンテンツを表示させることはせず、そういったページは次第にインデックスからなくなります。
  • Search ConsoleのURL削除ツールを使うGoogleの検索結果から一時的にURLを削除するための迅速で簡単な方法です。

つまり、簡単に言うと「もうnoindexはrobots.txtでサポートしないから違うやり方でnoindexして」という話ですね。併せてrobots.txtに関する以下の内容もご参考ください。

ふわふわ

今後も仕様変更あり?

とりあえず今回は明確にnoindexについて触れられていましたが、今後の公式要件定義に向けてGoogleによるマイナーチェンジは続きそうですね。まぁ、特別な要件が無い限り、通常のサイト運用者はそこまで細かくrobots.txtの仕様が気にならないでしょう。

今後は、都度Googleから発表されるのか、それとも上記の「Robots.txtの仕様|Google Developers」部分が更新されるのか分かりませんが、しばらくは注視しておいた方が良いでしょう。


関連記事
ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで ...(続きを読む)
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。