GSCのアドレス変更に新機能

昨年の10月にGoogle Search Consoleで[アドレス変更]機能が追加されましたが、今回はその[アドレス変更]の中でも2つの新機能が追加されたとGoogleがツイート発表しました。

ドメインの引越し

ふわふわ

Googleからの発表内容

既にドメインを引越す場合の[アドレス変更]の使い方について私は記事化しています。
どういう場合に[アドレス変更]すべきか、その手順も合わせてご紹介していますので是非ご参考ください。

そして今回、Googleから発表された内容は以下の通りです。

Google Search Consoleのアドレス変更ツールの新機能!

  • 移行ドメインの代表URL5つのリダイレクト正否確認
  • 移行前ドメインと移行後ドメインの移行進捗表示

ツールの詳細はこちら
https://support.google.com/webmasters/answer/9370220

引用)@googlewmcより和訳

ツイート内の画像をご覧いただければある程度想像がつく機能かと思いますが、要は以下2つの方法で指摘をしてくれるということです。

  • 必須のリダイレクト方法を提示&設定の正否を代表的な5つのURLで例示
  • 新旧ドメインのリ引越しステータスを進捗表示

まぁ、ちゃんと設定できているかどうかを補完的に教えてくれる機能ですね。

ふわふわ

ドメインを引越す際は忘れずに

意外と忘れがちな機能なのですが、[アドレス変更]は円滑に(SEOの谷間無く)引越したいのであれば必須の手段です。最近、私の周りでもドメインを移行するところが多いので、皆様どうぞお忘れなきようご対応くださいませ。


関連記事

GoogleがHTTP/2に対応

Googleが2020年11月から一部のサイトでHTTP/2もクロールするようになります。私は2016年にHTTP/2を実装してみましたが、明らかにユーザー体験上の効果が出ました。そしてこの度、GooglebotもHTTP/2プロトコルを検知するようになるとGoogleが発表していますので、そのご紹 ...(続きを読む)

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。