GSCのアドレス変更に新機能

昨年の10月にGoogle Search Consoleで[アドレス変更]機能が追加されましたが、今回はその[アドレス変更]の中でも2つの新機能が追加されたとGoogleがツイート発表しました。

ドメインの引越し

ふわふわ

Googleからの発表内容

既にドメインを引越す場合の[アドレス変更]の使い方について私は記事化しています。
どういう場合に[アドレス変更]すべきか、その手順も合わせてご紹介していますので是非ご参考ください。

そして今回、Googleから発表された内容は以下の通りです。

Google Search Consoleのアドレス変更ツールの新機能!

  • 移行ドメインの代表URL5つのリダイレクト正否確認
  • 移行前ドメインと移行後ドメインの移行進捗表示

ツールの詳細はこちら
https://support.google.com/webmasters/answer/9370220

引用)@googlewmcより和訳

ツイート内の画像をご覧いただければある程度想像がつく機能かと思いますが、要は以下2つの方法で指摘をしてくれるということです。

  • 必須のリダイレクト方法を提示&設定の正否を代表的な5つのURLで例示
  • 新旧ドメインのリ引越しステータスを進捗表示

まぁ、ちゃんと設定できているかどうかを補完的に教えてくれる機能ですね。

ふわふわ

ドメインを引越す際は忘れずに

意外と忘れがちな機能なのですが、[アドレス変更]は円滑に(SEOの谷間無く)引越したいのであれば必須の手段です。最近、私の周りでもドメインを移行するところが多いので、皆様どうぞお忘れなきようご対応くださいませ。


関連記事
新型コロナウィルスの影響により、実店舗だけでなく(特に物流ビジネスを主としている)オンラインビジネスでも停滞を余儀なくされているサイト運用者もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな運営の停滞に伴って、Google検索におけるSEO上の措置についてGoogleが案内してくれていますので、ご紹介します ...(続きを読む)
SEOに向けて分析している中で、「競合サイトや他の業界はどのくらいのペースや頻度でページを増加しているんだろう」と思ったことはございませんか? 以前、before/after:の検索コマンドをご紹介したことはありましたが、厳密に日付単位で順位状況は分かっても、その時期に公開されたページかどうかは分か ...(続きを読む)
コロナウィルスによって、エンターテイメント業界中心に数多くのイベントや催事が世界レベルで中止や延期になっていますよね。経済破綻の恐れもある中で、各運営元も選択を余儀なくされています。そんな時、検索ユーザーに対してもいち早く対応できるよう、構造化データの共同母体であるSchema.orgの情報更新に伴 ...(続きを読む)
最近耳にするようになった「リードナーチャリング」という言葉。マーケティング用語の一環ですが、その名の通り「lead(導いて)」「nurturing(育てる)」という意味からも、潜在顧客にアプローチし購買意欲を高めるための見込み顧客育成として使われます。要はリーチした潜在顧客をCold→Cool→Wa ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。