GSCのアドレス変更に新機能

昨年の10月にGoogle Search Consoleで[アドレス変更]機能が追加されましたが、今回はその[アドレス変更]の中でも2つの新機能が追加されたとGoogleがツイート発表しました。

ドメインの引越し

ふわふわ

Googleからの発表内容

既にドメインを引越す場合の[アドレス変更]の使い方について私は記事化しています。
どういう場合に[アドレス変更]すべきか、その手順も合わせてご紹介していますので是非ご参考ください。

そして今回、Googleから発表された内容は以下の通りです。

Google Search Consoleのアドレス変更ツールの新機能!

  • 移行ドメインの代表URL5つのリダイレクト正否確認
  • 移行前ドメインと移行後ドメインの移行進捗表示

ツールの詳細はこちら
https://support.google.com/webmasters/answer/9370220

引用)@googlewmcより和訳

ツイート内の画像をご覧いただければある程度想像がつく機能かと思いますが、要は以下2つの方法で指摘をしてくれるということです。

  • 必須のリダイレクト方法を提示&設定の正否を代表的な5つのURLで例示
  • 新旧ドメインのリ引越しステータスを進捗表示

まぁ、ちゃんと設定できているかどうかを補完的に教えてくれる機能ですね。

ふわふわ

ドメインを引越す際は忘れずに

意外と忘れがちな機能なのですが、[アドレス変更]は円滑に(SEOの谷間無く)引越したいのであれば必須の手段です。最近、私の周りでもドメインを移行するところが多いので、皆様どうぞお忘れなきようご対応くださいませ。


関連記事
ディレクトリと内部リンク構造(パンくずリスト)がコンテンツテーマに則したツリー構造になっていて、それが相似しているとクローラビリティ(回遊性)とインデックス効率が良い、という話は何度かさせていただいています。これが実現できれば確かに最も美しいと思います。しかし一方で、これを遵守するあまりユーザーにと ...(続きを読む)
Googleの画像検索結果において、フェイク画像が入っていたりしてユーザーの混乱を招くこともあります。そこで、Googleではファクトチェックした画像には事実確認済みである情報を表記するようになりました。既に世界的規模で導入されているそうで、The Keywordで発表しています。私が確認した限り、 ...(続きを読む)
2018年にも発表がありましたGoogleのスパムレポートについて、2019年度版がウェブマスター向け公式ブログで発表されましたので、ご紹介します。これぞまさしくイタチごっこかもしれませんが、壮大なスパム対Googleの戦いの話です。 概要 2019年を振り返って、Googleからのレポートをまとめ ...(続きを読む)
Core Web Vitalsに関して、Googleがweb.devで計測ツールを紹介してくれていますので、和訳記事をご紹介します。Core Web Vitalsに関しては以下のページもご参考ください。 ウェブに関する主な指標 Core Web Vitalsの登場記事 Core Web Vitals ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。