カフェイン・アップデートとは

先日、商談中にひょんなことからカフェイン・アップデートの話になりました。その時「そういえばこのブログでカフェイン・アップデートに触れていなかったなぁ」と思いまして…ですので、今回はカフェイン・アップデートについてお話ししたいと思います。

カフェイン

ふわふわ

カフェイン・アップデートとは

米国時間2010年6月8日に完成発表されたGoogleの新しいウェブインデックス・システムのことで、これにより新規サイトページに対するGoogleの検知スピードや量が飛躍的に向上しました。このコードネーム「カフェイン」の登場により、従来の段階的なサイトページの検知方法ではなく、新しいサイトページ(情報)がよりリアルタイムに検索結果に反映されるようになりました。

カフェイン・アップデートは、膨大な量のウェブページをインデックスし、検索結果を常時更新させます。実際には1秒あたり何10万ものウェブページを処理します。紙に例えるなら、1秒で3マイル(約4.8km)分が積み上がります。また、カフェイン・アップデートは1つのデータベースで約1億GBの情報を蓄積した上で、1日数10万GBの割合で新情報を追加できます。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

カフェインというシステムは、先々のことも見据えて膨大な情報量を得られるようなインデックス機能だからこそ、これからも起こる様々なアルゴリズム更新にも耐えられていくとのことです。

ふわふわ

MFIとカフェインの関係性は?

カフェイン・アップデートがウェブインデックス・システムなのであれば、MFI(モバイルファーストインデックス)にも影響するはずです。MFIは“クオリティ・ニュートラル(デスクトップ評価時に比べ、大きくずれないようなMFI評価にすること)”とGoogleは謳っているくらいですので、きっとランキングアルゴリズムを改善するよりも、カフェインを刷新しているのではないかと考えられます。しかし一方で、カフェインは飽くまでインデックスを記録するだけなのであれば、MFIによるカフェイン・アップデートはさほど必要ではないという考えにも至ります。

でもまぁ、こんな私の憶測を並べてもしかたないですし、いずれにしましてもMFI導入に向けて何かしらインデックス・システムは変わると思いますので、今のうちにカフェイン・アップデートに関して覚え直しておいても良いと思いました。


関連記事

安全な検索体験を守るGoogle

Googleによるスパム対策の話や違法コンテンツに関する話が連日続いていましたが、同様に米国現地時間4月29日のThe Keywordにて、Googleが検索結果に対してどのような安全策を講じているのか、措置を行っているのか、改めて案内していますので和訳してご紹介します。ずっと検索やSEOに接してい ...(続きを読む)

違法コンテンツに対するGoogleの措置

SEOに取り組んでいるあまり、まるでGoogleを神様や法の裁定人かのように思いがちですが、GoogleはあくまでもWebサイトを検索ユーザーに紹介するだけのプラットフォームです。ですので、第3者として提供しているに過ぎません。しかしながら、ここまで世界的規模で利用されていたり、情報提供の正確さによ ...(続きを読む)

2020年のスパム対Google

毎年恒例となりましたGoogleによる前年のスパム対策振り返り。今年もGoogleはSearch Central Blogで2020年を振り返って発表していますので和訳してご紹介したいと思います。 Googleからの発表内容 米国現地時間4月29日にGoogleが発表した内容です。若干長文ですが、ご ...(続きを読む)

パラメータ付URLについて

SEOを考えた時、パラメータ付URLが存在しているものについて懸念する人が多いです。懸念する理由を聞くと「パラメータ付URLは良くないと聞いたから」「パラメータ付URLは何となく良くなさそう」等という曖昧な返答が多い気がします。そもそもパラメータ付URLの良し悪しはケースバイケースなので、Googl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。