Answers in Suggestがデフォルト有効化

既に2014年の9月頃にAndroid版のGoogle Chromeでは検索クエリの入力時にアドレスバーにそのまま検索クエリの回答を表示していました。しかしこれがデフォルト設定では無効化されていました。最近、何気なく見ていたところ、デスクトップ版のGoogle Chrome含め、そのアドレスバーの直接回答がデフォルトで有効化されていることに気付きましたので、ご紹介します。

発見

ふわふわ

どういうこと?

OMG! Chromeによると、Android向けGoogle Chromeが、検索クエリの入力中に、その検索への回答をアドレスバー上に直接表示する機能を搭載した。2014年9月17日時点でこの機能はデフォルトでは無効になっている。Android向けGoogle Chromeのアドレスバーに chrome://flags と入力して、”Answers in Suggest”(日本語版Chromeでも同様の名称)を有効にしてブラウザを再起動することで利用可能となる。この機能は日本語版でも有効。
引用元)SEMリサーチ

 
とあります通り、もともとAndroid向けChromeにはAnswers in Suggest機能として設定次第では「検索クエリを入力時に直接的な回答をアドレスバーに表示する」ことができました。これはオートコンプリート機能とは別に存在していましたが、最近これがPCでも以下のように機能していることが分かりました。

Answers in Suggest

上記のように「アインシュタイン△誕生日」とか「坂本龍馬△誕生日」「twitter△設立」「facebook△設立」と入力すると直接的な回答がアドレスバーにサジェストとして表示されます。

たまたま私も発見しましたので、既出の情報かもしれませんが、一応ここでご報告です。

ふわふわ

スマホ版Chromeでも確認

Chromeの機能ですので、Android版だけでなく、iOSでも表示されます。もともとiOS版は2015年3月頃に対応はしていました。
スマホでのAnswer in Suggest

ふわふわ

プライベートモードでは表示されず

プライベートブラウズ機能をオフ(≒シークレットモード、パーソナライズド解除)にするとこのAnswers in Suggestは表示されないようです。

Answers in Suggestが出ない

ふわふわ

マイナーアップデートは常時!?

繰り返しになりますが、本件を既にご存知でしたらすみません。それにしても、Googleのアルゴリズムもそうですが、Chrome等にも代表されるこうした他サービスでも常時マイナーチェンジは起こっているのでしょうね。他にも「私だけが発見!こんな機能!」等がございましたら是非ご教示くださいませ(笑)。


関連記事

Search On 2020の内容

米国現地時間10月15日にGoogleがオンライン開催したSearch On 2020。このフォローアップ記事がThe Keywordに掲載されていますので、和訳しながらご紹介したいと思います。結構長いので、挫けず頑張ります...。 The Keywordより ブログ掲載されている内容をまずは和訳し ...(続きを読む)

文節(passages)単位でマッチング

Googleは検索クエリに対するマッチングとして、ただのページ単位での概念でなく、コンテンツの一節のみでも最適な回答になっていると判断した場合、検索上位に影響してくる旨を発表しました。Search Onのイベント内で発表したようですが、Twitterでもフォローアップしていましたので、ご紹介したいと ...(続きを読む)

今後のコンテンツと目次

Googleのニューラルマッチングシステムの技術により、検索クエリを通して検索者を理解する概念が高まっています。検索者を理解する概念というのは、つまり「どんな人によるニーズか」という概念です。そして、その概念が、(今度はRankBrainによって概念化された)コンテンツとどうマッチングして検索ランキ ...(続きを読む)

鼻歌検索

いよいよGoogle検索を通して鼻歌で曲を探すことができるようになりました。(Googleアシスタント等に入力される)音声検索で音の連鎖でマッチングした結果を表示するようです。米国現地時間10月15日にGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 The Keywordで発表されたGoogl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。