GAでAMPセッションが適正化

ちょっと前の話ですが、Google Analytics(以下:GA)で、AMP対応ページに入って来たユーザーが内部リンクを辿ってAMP非対応ページに遷移した際、別々のユーザーのセッションとして計測されてしまっていたのですが、今後今回そういった問題が解消されることをGoogle Developers Japanブログで発表されていました。

速さ

ふわふわ

どういうこと?

AMPとは、そもそもGoogleでの検索結果画面から推移した時に表示させるページです(もちろん専用にURLが設定されているケースがほとんどだと思います)。ですので、ユーザーが検索から入ったランディングページはAMPでも、そこからサイト内の別のページに移動すれば、移動先のページはAMPではなくなります(内部リンクもAMPのURLで設定していれば話は別ですが)。

GAでは、その推移におけるサイト訪問者のIDがAMP対応ページとAMP非対応ページで異なる付与をしていたため、同じセッションユーザーという認識が取れず、使用者にとってはしっかりと分析できない状況が続いていました。

しかしこの度、そのAMPと非AMPを跨いだセッションでも同一のユーザーと見なせるようになったとのことです。

ユーザーがウェブサイトのAMPページと非AMPページをまたいで遷移する際のナビゲーションをさらに正確に捉えられる拡張機能をリリースしたことをお知らせいたします。これにより、AMPおよび非AMPを含むサイト全体におけるユーザーのエンゲージメントをより正確に理解することができます。

引用)Google Developers Japan

サイト運営者様のドメインから提供されるAMPページのサイト訪問者と非AMPページのサイト訪問者が一致するようになります。2つのページ形式によらずサイト訪問者が統一されるので、ユーザー解析の精度が上がります。

引用)Google Developers Japan

ふわふわ

AMPの運用も通常運転できるようになるってこと

この機能の実装は数週間で導入完了するようです。今まで同一ユーザーが別ユーザーとしてカウントされていたため、AMP導入しているサイトではGA上、ユーザーが減少しているようにも受け取れるかもしれません。また、IDの統一によって新たにセットされるため、既存ユーザーも新規ユーザー扱いになってしまい、一時的に新規ユーザー数が増加しているように見えるかもしれません。でも、数値が適切になるための変動なので、そこは悪しからずってことのようです。

私が確認しているAMP対応サイトのGAではまだ変化が見受けられませんが、今後はAMPと非AMPでのセッションも確認できるようですので、AMP化による効果(滞在時間、セッション、直帰率等)を可視化していくことはできますね。

実際にAMP効果を確認できるようになるので、これは嬉しい情報だと思います。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。