Yahoo! JAPANもAMP導入

現地時間3月7日のAMP Conf 2017において、いよいよYahoo! JAPANも検索結果にAMPを導入することを発表しました。AMP主任担当のであるGoogleのDavid Besbris氏による発表です。

Yahoo!とワードプレス

ふわふわ

ついにYahoo! JAPANも

AMPプロジェクトでも公式に発表しており、BaiduSogouと合わせてアジア圏でのAMP導入になるようです。

ニューヨークで開催したAMP developer conferenceの初日に、BaiduとSogou(中国検索市場の約90%)のAMP導入化を発表しました。それに加えてYahoo! JAPANも検索結果へのAMP導入を発表したことで、毎日5,800万人が訪れるYahoo! JAPANユーザーにもAMPによる快適さをもたらすでしょう。

引用)Accelerated Mobile Pages Projectより意訳

これによって、Google、LinkedIn、Pinterest、Baidu、Sogou、Yahoo! JAPANと6つの検索結果においてAMP化導入されるわけです。そして、AMP化しているサイトもニュース系サイトだけでなく、ECサイトや旅行サイト、レシピサイト等、様々なジャンルのサイトが世界的に対応を始めているようです。

ふわふわ

押し寄せるAMPの波とちょっとのジレンマ

私のこのブログもAMP対応していますので、Googleの一般検索結果からはほぼ全てAMP化ページのほうにアクセスされます。私自身もニュースサイトを見る時、それは大抵AMP化したページであることが多いです。既に一般ユーザーも(AMPというものを認識していなくても)AMPに触れ、表示速度の速さを直観的に感じていると思います。

しかし、WordPressでAMP化している私のこのブログを見ていて、いくつかストレスな箇所があるのも事実。ついついGoogleの検索結果画面に戻ってしまったり、他ページへの遷移方法が良く分からなかったり…。もちろん私のブログのAMP化デザインに問題があるのですが、このストレスは意外と他サイトでも起こっていたりします。

AMPの使い勝手

WordPressの場合、デザインテーマや各種プラグイン等、各調整は増えているのですが…AMPデザインには、もうちょっと試行錯誤する必要がありそうです。

まぁでも、表示速度が改善される点においては純粋に喜ばしいことですね。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。