新GSCにAMP項目登場

AMP対応しているサイトもそんなに多くないかもしれませんので参考情報程度ですが、新しいGoogle Search ConsoleにAMP項目が付与されましたので、そのご紹介です。尚、これはAMP対応しているプロパティを対象としていますので、AMP対応していないプロパティには表示されていない項目になります。

カラーリング

ふわふわ

どんなことが分かるの?

AMP設定のエラー対象、有効だけど警告対象、有効のページがそれぞれ分かります。

AMP項目

それぞれの項目をクリックすれば、対象を棒グラフの推移として確認できます。

AMP項目②

例えば、AMP構造化データの不備等ですと、該当URLをクリックすることで、右側に新しく窓ができ、詳細を教えてくれたり、AMPテストツール結果を案内してくれたりしています。

AMP項目③

他にも警告箇所等は、以下のようにちゃんと日本語で分かりやすく丁寧に説明してくれているので分かりやすいです。

AMP項目④

ふわふわ

小出し感がハンパない

とりあえず、今回はAMP項目のみの追加紹介です。まだまだ現在は「検索パフォーマンス」「インデックス カバレッジ(名称変更しています)」「AMP」の3項目のみで、後は「近日提供予定…」としか書いてありません。「何でこんなに小出しなの?」という疑問は、Search Consoleヘルプ(英文)を読む限り、丁寧且つ慎重に、ウェブマスターに気に入ってもらえるようなUI設計をしたいからとのことです。

でも、せっかくゆっくり開示されているわけですし、これは利用者側としても少しずつ慣れる良い機会です。私もいい加減慣れていきたいと思います(笑)。


関連記事

Search Console Insightsがリリース

2020年8月にSearch Console Insightsのベータ版がリリースされていました。私はベータ版の対象者になっていたので、当時は詳細を紹介していました。これが米国現地時間2021年6月15日に正式にリリース紹介されましたので、あらためてご紹介します。ここ数日間をかけて徐々にロールアウト ...(続きを読む)

SEOが不要になる

私の個人的な意見です。個人的な意見というのは、確証が無い憶測での記事ということですので、ゆる~い感じでご覧いただければと思います。 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」の訳ですが、このSEOについて、何か特別なマークアップ以外はもう考えなくて良く ...(続きを読む)

GSCのクエリフィルタリング機能更新

先日、Google Search Console内での検索パフォーマンスで正規表現フィルタが新機能として実装されたことをご紹介しましたが、その後この機能がアップデートされたと米国現地時間6月1日にGoogleは発表しました。発表内容は日本語ですが、ここでもご紹介します。 Googleからの発表内容 ...(続きを読む)

202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。