新GSCにAMP項目登場

AMP対応しているサイトもそんなに多くないかもしれませんので参考情報程度ですが、新しいGoogle Search ConsoleにAMP項目が付与されましたので、そのご紹介です。尚、これはAMP対応しているプロパティを対象としていますので、AMP対応していないプロパティには表示されていない項目になります。

カラーリング

ふわふわ

どんなことが分かるの?

AMP設定のエラー対象、有効だけど警告対象、有効のページがそれぞれ分かります。

AMP項目

それぞれの項目をクリックすれば、対象を棒グラフの推移として確認できます。

AMP項目②

例えば、AMP構造化データの不備等ですと、該当URLをクリックすることで、右側に新しく窓ができ、詳細を教えてくれたり、AMPテストツール結果を案内してくれたりしています。

AMP項目③

他にも警告箇所等は、以下のようにちゃんと日本語で分かりやすく丁寧に説明してくれているので分かりやすいです。

AMP項目④

ふわふわ

小出し感がハンパない

とりあえず、今回はAMP項目のみの追加紹介です。まだまだ現在は「検索パフォーマンス」「インデックス カバレッジ(名称変更しています)」「AMP」の3項目のみで、後は「近日提供予定…」としか書いてありません。「何でこんなに小出しなの?」という疑問は、Search Consoleヘルプ(英文)を読む限り、丁寧且つ慎重に、ウェブマスターに気に入ってもらえるようなUI設計をしたいからとのことです。

でも、せっかくゆっくり開示されているわけですし、これは利用者側としても少しずつ慣れる良い機会です。私もいい加減慣れていきたいと思います(笑)。


関連記事
GoogleはChromeにて、HTTPSサイトページの中にHTTPのリソースが含まれている場合、今後は混合コンテンツとしてデフォルトでブロックしていくと、Security Blogで発表しました。 混合コンテンツって? まず最初に理解しておかなければならないのは混合コンテンツというものについてです ...(続きを読む)
Google Search Console(以下:GSC)で「アドレス変更」が実装されました。新しいGSC用に生まれ変わって導入されたので、機能自体が新しいわけではありませんが、一応Googleが公表してくれています。 概要は? Googleの発表は以下の通りです。 Launching today ...(続きを読む)
最近、非常に多くなってきたリッチリザルト。構造化データのマークアップによるものが多いですが、マークアップはしたものの、サイトオーナーは「本当に出ているのかなぁ」と疑問に思うかもしれません。そこで、Google Search Console(以下:GSC)でリッチリザルト表示がどうやって確認できるかに ...(続きを読む)
今回はE-A-Tについて私なりに書いておこうかと思います。まず知っておいていただきたいこととして、E-A-Tは無形です。E-A-Tはアルゴリズムではありません。もっと言ってしまえば幻想です。「E-A-T対策」とか訳のわからないことを言う人がいますが、単純にGoogleにとってE-A-Tは「どんな人が ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。