検索アナリティクス活用のその後

前回、検索アナリティクスが楽しいとご紹介しました。しかし、お取引先ご担当者様へのレポート提出を考えますと、”使えるだけに意外と使いづらい”部分が出てきました…。結局Analyticsとの併用は続きそうでございます。

pc

クエリとLPの相関性

Informational QueryのようなクエリでSEO施策を行う場合、とにかくコンテンツを充実させ、広く深く追及しなければなりません。また、そういったコンテンツ施策を行っていくと、運営側としては意図していないクエリから来訪しているケースも多々あります。「こんなクエリで意外と多く来訪しているんだな」と。そうなると「そのランクインページ(以下:LPとします)をもっとテコ入れして検索順位を向上、アクセスを伸ばそう」という気付きに繋がったりするものです。

ふわふわ

WebMasterToolで確認する方法

そのクエリとLPの相関性を探るには、今のWebMasteToolですと以下の手順が手っ取り早いと思います。

クエリを確認

クエリをクリック
まず普通にクエリを確認します(デフォルトの表示状態)。その後、確認したいクエリ部分をクリックします。

クエリ単位で表記

クエリでフィルタリング
そうするとクリックしたクエリだけを見られる状態になっていますので、そこでページのラジオボタンをチェックします。

クエリのLPを確認

クエリのLP
すると、そのクエリから来訪してきた該当サイト内のLPが判明します。上記の絵の場合はトップページ以外にも4ページ程出現していますが、クリックはされていませんね。

ふわふわ

面倒な作業

手っ取り早いと言ったものの、これは結構面倒な作業でして…一度に分かればどんなに楽か…。CSVでダウンロードしようにもクエリ別とページ別でダウンロードしたところで、紐づけようがありません。ここまで見ることができるようになっているのであれば、あとちょっとなのですが…。

ちなみに、上記のやり方はクエリを確認してからそのLPを見たい場合のやり方です。勿論、検索アナリティクスにおけるページのラジオボタンをチェックして、ページを確認している画面からクエリでフィルタリングしても確認することはできます。でも、それでも面倒なんです…。

ふわふわ

願わくば

そこで、なんとなく私が思ったのは、(昔のサードパーティ制被リンク確認ツールであったりしましたが)クエリのプルダウンを押すとLPが抽出される仕様になると嬉しいな…なんて(笑)。↓のような感じのビジュアルになったら楽ですよね。

願わくば

しかも、CSVをダウンロードしたらそのLPも含まれた一覧が表記される、みたいな。
まだβ版とのことなので、今のうちに言いたいことは言いたいと思い、こっそりここで希望事項を記載してみました。

画像が見づらくて恐縮ですが、Google先生!なんとかお願いします!


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。