202005コアアップデート

今年の1月に続いて、日本時間5月5日にGoogleがコアアップデートの発表をしました。コアアップデートについては、すでにGoogleのブログを和訳していますが、年に数回の毎度の内容ですね。

アップデート

ふわふわ

Googleからの発表内容

Googleによるツイート内容は以下の通りです。

本日(米国現地時間5月4日)夜、年に数回行われる広範囲なコアアルゴリズムのアップデートをリリースします。呼称は2020年5月コアアップデートです。このような更新に関する案内としては、これまでにご説明した通りです。詳細は、このブログ投稿をご覧ください。

引用)@searchliaisonより和訳

 

2020年5月のコアアップデートは現在リアルタイムで展開中です。従来のアップデート同様、完全に展開するには通常1~2週間かかります。

引用)@searchliaisonより和訳

コアアップデートに関しては、事後報告パターンや事前告知パターンがありましたが、今回は今まさに展開しているという報告パターンですね。Googleはこれらの発表の違いによる世間の反応でも検証しているのでしょうか。いずれにしましても、新型コロナ禍において思い切ったアップデートかと思います。今までの流れで言えば、3月か4月にアップデートされるかなぁと個人的に思っていましたが、今年は5月でしたので、新型コロナ禍の配慮もあったのかもしれません。

ふわふわ

変動のほどは?解釈としては?

私が検証しているサイトページの中では、ほとんどのケースにおいてまだ大きな変動は見受けられていません。しかし、YMYLに強く合致しない一部のキーワード群では変動が起こっていました。ですので、確かに広範囲なコアアップデートになっている印象を受けます。

ちなみに、日本のごく一部のキーワードだけ見て「今回はGoogleが○○しようとしている」と言う人もいますが、コアアップデートは世界規模です。Googleは大局的に見て検索品質全体が比較的良好になると判断したコアアルゴリズムをアップデートしています。従って、日本のごく一部のキーワード群なんて世界規模で言えばコンマゼロゼロ…パーセント程度でしょう。それだけでGoogleのコアアップデートを語るのは非常に難しいです。日本の一部のキーワード群の中において、順位変動基準を判断するのは自由だと思いますが。

とは言っても、コアアップデートに関して「どんな塩梅ですか?」という質問も数多く受けますので、私も個人見解としてお答えしていることは多いです。また、コアアップデートによって「Googleのアルゴリズムが変わった」という言い方をする人もいますが、「Googleのアルゴリズム精度が上がった」という言い方のほうがしっくりきます。そのアルゴリズム精度向上に漏れた形で不本意な検索結果になってしまうキーワードもありますが、それはGoogleの検索品質全体を良くするためのアルゴリズムの副作用として判断するしかないですね。コアアップデートは多数決的な品質向上判断による展開ですから。言い換えれば、それだからコアアップデートに終わりは無いのでしょうね。

とにかく、とりあえず5月中旬くらいまでは順位変動が続くと考えて良さそうですね。


関連記事

配送情報の構造化データ

米Googleでは米国現地時間2020年9月22日に、Googleショッピングにおける発送関連(送料や配送スケジュール)の情報を構造化データのマークアップで対応できるようになる旨を発表しました。現時点では米国(英語圏)のみで日本は未対応ですが、ECサイト運用者は今のうちに理解だけしておくと良いと思い ...(続きを読む)

GoogleがHTTP/2に対応

Googleが2020年11月から一部のサイトでHTTP/2もクロールするようになります。私は2016年にHTTP/2を実装してみましたが、明らかにユーザー体験上の効果が出ました。そしてこの度、GooglebotもHTTP/2プロトコルを検知するようになるとGoogleが発表していますので、そのご紹 ...(続きを読む)

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。