202005コアアップデート

今年の1月に続いて、日本時間5月5日にGoogleがコアアップデートの発表をしました。コアアップデートについては、すでにGoogleのブログを和訳していますが、年に数回の毎度の内容ですね。

アップデート

ふわふわ

Googleからの発表内容

Googleによるツイート内容は以下の通りです。

本日(米国現地時間5月4日)夜、年に数回行われる広範囲なコアアルゴリズムのアップデートをリリースします。呼称は2020年5月コアアップデートです。このような更新に関する案内としては、これまでにご説明した通りです。詳細は、このブログ投稿をご覧ください。

引用)@searchliaisonより和訳

 

2020年5月のコアアップデートは現在リアルタイムで展開中です。従来のアップデート同様、完全に展開するには通常1~2週間かかります。

引用)@searchliaisonより和訳

コアアップデートに関しては、事後報告パターンや事前告知パターンがありましたが、今回は今まさに展開しているという報告パターンですね。Googleはこれらの発表の違いによる世間の反応でも検証しているのでしょうか。いずれにしましても、新型コロナ禍において思い切ったアップデートかと思います。今までの流れで言えば、3月か4月にアップデートされるかなぁと個人的に思っていましたが、今年は5月でしたので、新型コロナ禍の配慮もあったのかもしれません。

ふわふわ

変動のほどは?解釈としては?

私が検証しているサイトページの中では、ほとんどのケースにおいてまだ大きな変動は見受けられていません。しかし、YMYLに強く合致しない一部のキーワード群では変動が起こっていました。ですので、確かに広範囲なコアアップデートになっている印象を受けます。

ちなみに、日本のごく一部のキーワードだけ見て「今回はGoogleが○○しようとしている」と言う人もいますが、コアアップデートは世界規模です。Googleは大局的に見て検索品質全体が比較的良好になると判断したコアアルゴリズムをアップデートしています。従って、日本のごく一部のキーワード群なんて世界規模で言えばコンマゼロゼロ…パーセント程度でしょう。それだけでGoogleのコアアップデートを語るのは非常に難しいです。日本の一部のキーワード群の中において、順位変動基準を判断するのは自由だと思いますが。

とは言っても、コアアップデートに関して「どんな塩梅ですか?」という質問も数多く受けますので、私も個人見解としてお答えしていることは多いです。また、コアアップデートによって「Googleのアルゴリズムが変わった」という言い方をする人もいますが、「Googleのアルゴリズム精度が上がった」という言い方のほうがしっくりきます。そのアルゴリズム精度向上に漏れた形で不本意な検索結果になってしまうキーワードもありますが、それはGoogleの検索品質全体を良くするためのアルゴリズムの副作用として判断するしかないですね。コアアップデートは多数決的な品質向上判断による展開ですから。言い換えれば、それだからコアアップデートに終わりは無いのでしょうね。

とにかく、とりあえず5月中旬くらいまでは順位変動が続くと考えて良さそうですね。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。