202001コア・アップデート

米国現地時間1月13日にコアアップデートを行うとGoogleがツイート発表しました。正確には現地時間13日の夜にコアアップデートを行うという事前告知でしたので、このブログを執筆しているタイミング(日本時間1月14日午後)にはアップデートが始まっているかと思います。

アップデート

ふわふわ

発表内容

本日、年数回実施する広範囲のコアアルゴリズムアップデートを実施します。これを2020年1月コアアップデートと呼びます。このようなアップデートのガイドとして、過去にまとめた投稿があります。詳しくはこちらのブログをご参照ください:

引用)@searchliaisonより和訳

 

2020年1月コアアップデートは今開始され、これから数日かけて様々なデータセンターを介してロールアウトされます。

引用)@searchliaisonより和訳

 
既にロールアウトしている旨も発表済みです。

ちなみにGoogleがツイート内で引用しているWebmaster Central Blogの和訳は既にこのブログでご紹介しておりますので「コアアップデートの仕組み」からご確認ください。

まぁ、いつものコアアップデートですね。昨年(2019年)は、3月、6月、9月と3ヶ月スパンでアップデートがあったので、次は2019年12月かなぁと推察していたのですが、1ヶ月遅れの2020年1月でしたね。年末年始にSEOプランナーが検証に追われないようにするためのGoogleによる気遣いだったかもしれません(笑)。

ふわふわ

実際の変動

私が今確認している段階では(14日午後)、医療系で大幅な順位変動が見受けられました。順位変動が確認できたのはいずれも身体に関することで、アンチエイジング系や悩み(及びその解消)系です。傾向としましては「サイト母体がクリニックで、権威者によって科学的に根拠のある記事をもともとしっかり記載していたにも関わらず、201903、201906、201909のいずれかのコアアップデートのタイミングで順位下落したサイトページ」が順位上昇しております。順位下落したサイトページの傾向はまだ把握できていません。

次のコアアップデートが3月になるのか4月になるのか分かりませんが、今回のアップデートによって個人的に分かったこととして「客観的に検証しても、ちゃんとしたコンテンツをちゃんと書いていれば1年以内に報われるのではないか」と言うことです。真っ当なサイトページが2019年3月に下落し、6月にも9月にも復調しなかったものが、ようやく今回復調しましたので…。

つまり、何においても地道な努力は重要ってことですね(笑)。


関連記事
Googleが運用するweb.dev(開発者向けにWebサイトの分析やパフォーマンスを確認できる「Lighthouse」のWebサイト版)内のブログでCore Web Vitalsに関するしきい値について紹介されていましたので、和訳してご紹介します。Core Web Vitalsに関しては既にご説明 ...(続きを読む)
GoogleがCrUXに基づいた新たな概念として、Web Vitalsを導入しました。このWeb Vitalsを形成する核心の部分がCore Web Vitalsであり、このCore Web Vitalsは3つの指標(LCP、FID、CLS)で形成されています。この3つの指標(LCP、FID、CLS ...(続きを読む)
ナレッジパネルとナレッジグラフについて、Googleは5,000億以上の事実要素から50億ものエンティティを作成してきました。そして、このタイミングで改めてThe Keywordでナレッジパネルとナレッジグラフの説明をしてくれているので、ご紹介します。 Google’s Knowledge Grap ...(続きを読む)
レシピの構造化データマークアップの中には、「ガイダンス」と言って、(Google Home等のスマートディスプレイで使われる)Googleアシスタントを使用してガイド付きレシピを案内できる手法があります。今回、そのガイド付きレシピに関して、Google Search Consoleでレポートしてもら ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。