202001コア・アップデート

米国現地時間1月13日にコアアップデートを行うとGoogleがツイート発表しました。正確には現地時間13日の夜にコアアップデートを行うという事前告知でしたので、このブログを執筆しているタイミング(日本時間1月14日午後)にはアップデートが始まっているかと思います。

アップデート

ふわふわ

発表内容

本日、年数回実施する広範囲のコアアルゴリズムアップデートを実施します。これを2020年1月コアアップデートと呼びます。このようなアップデートのガイドとして、過去にまとめた投稿があります。詳しくはこちらのブログをご参照ください:

引用)@searchliaisonより和訳

 

2020年1月コアアップデートは今開始され、これから数日かけて様々なデータセンターを介してロールアウトされます。

引用)@searchliaisonより和訳

 
既にロールアウトしている旨も発表済みです。

ちなみにGoogleがツイート内で引用しているWebmaster Central Blogの和訳は既にこのブログでご紹介しておりますので「コアアップデートの仕組み」からご確認ください。

まぁ、いつものコアアップデートですね。昨年(2019年)は、3月、6月、9月と3ヶ月スパンでアップデートがあったので、次は2019年12月かなぁと推察していたのですが、1ヶ月遅れの2020年1月でしたね。年末年始にSEOプランナーが検証に追われないようにするためのGoogleによる気遣いだったかもしれません(笑)。

ふわふわ

実際の変動

私が今確認している段階では(14日午後)、医療系で大幅な順位変動が見受けられました。順位変動が確認できたのはいずれも身体に関することで、アンチエイジング系や悩み(及びその解消)系です。傾向としましては「サイト母体がクリニックで、権威者によって科学的に根拠のある記事をもともとしっかり記載していたにも関わらず、201903、201906、201909のいずれかのコアアップデートのタイミングで順位下落したサイトページ」が順位上昇しております。順位下落したサイトページの傾向はまだ把握できていません。

次のコアアップデートが3月になるのか4月になるのか分かりませんが、今回のアップデートによって個人的に分かったこととして「客観的に検証しても、ちゃんとしたコンテンツをちゃんと書いていれば1年以内に報われるのではないか」と言うことです。真っ当なサイトページが2019年3月に下落し、6月にも9月にも復調しなかったものが、ようやく今回復調しましたので…。

つまり、何においても地道な努力は重要ってことですね(笑)。


関連記事
Googleのリッチリザルトテストツールにおいて、テスト結果内に表示される「ページの読み込みに関する問題 詳細を表示」をクリックすると読み込めない外部リソースを指摘してくれる機能が追加された、とGoogleがツイート発表していましたのでご紹介します。 どういう内容? まずはGoogleのツイート内容 ...(続きを読む)
Googleはモバイルの検索結果画面のデザインを2019年5月に変えました。アイコン表示によってサイト選択の直観性を重視した形となりました。その後、デスクトップ版でも同様の検索結果デザインが散見されましたが、いよいよ正式にデスクトップの検索結果デザインも変更したとツイート発表されましたのでご紹介しま ...(続きを読む)
SEOにおいて考える時、まず最初に「サイトをどうしたいのか」という要件が必要です。もう数年前までのように「○○というキーワードで検索1位を」云々という人はおらず、どういう市場に対してどうアプローチをしていくべきか、までしっかり見定めてからご相談いただくケースも多くなってきています。しかし、その時点で ...(続きを読む)
あけましておめでとうございます。2020年です。さて、昨年の米国現地時間12月27日にGoogleのWebmaster Central Blogにて2019年を振り返った記事があがっておりましたので、今年一発目としてそのご紹介をしたいと思います。年始ボケから頭を切り替えるにはちょうど良いかもしれませ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。