202001コア・アップデート

米国現地時間1月13日にコアアップデートを行うとGoogleがツイート発表しました。正確には現地時間13日の夜にコアアップデートを行うという事前告知でしたので、このブログを執筆しているタイミング(日本時間1月14日午後)にはアップデートが始まっているかと思います。

アップデート

ふわふわ

発表内容

本日、年数回実施する広範囲のコアアルゴリズムアップデートを実施します。これを2020年1月コアアップデートと呼びます。このようなアップデートのガイドとして、過去にまとめた投稿があります。詳しくはこちらのブログをご参照ください:

引用)@searchliaisonより和訳

 

2020年1月コアアップデートは今開始され、これから数日かけて様々なデータセンターを介してロールアウトされます。

引用)@searchliaisonより和訳

 
既にロールアウトしている旨も発表済みです。

ちなみにGoogleがツイート内で引用しているWebmaster Central Blogの和訳は既にこのブログでご紹介しておりますので「コアアップデートの仕組み」からご確認ください。

まぁ、いつものコアアップデートですね。昨年(2019年)は、3月、6月、9月と3ヶ月スパンでアップデートがあったので、次は2019年12月かなぁと推察していたのですが、1ヶ月遅れの2020年1月でしたね。年末年始にSEOプランナーが検証に追われないようにするためのGoogleによる気遣いだったかもしれません(笑)。

ふわふわ

実際の変動

私が今確認している段階では(14日午後)、医療系で大幅な順位変動が見受けられました。順位変動が確認できたのはいずれも身体に関することで、アンチエイジング系や悩み(及びその解消)系です。傾向としましては「サイト母体がクリニックで、権威者によって科学的に根拠のある記事をもともとしっかり記載していたにも関わらず、201903、201906、201909のいずれかのコアアップデートのタイミングで順位下落したサイトページ」が順位上昇しております。順位下落したサイトページの傾向はまだ把握できていません。

次のコアアップデートが3月になるのか4月になるのか分かりませんが、今回のアップデートによって個人的に分かったこととして「客観的に検証しても、ちゃんとしたコンテンツをちゃんと書いていれば1年以内に報われるのではないか」と言うことです。真っ当なサイトページが2019年3月に下落し、6月にも9月にも復調しなかったものが、ようやく今回復調しましたので…。

つまり、何においても地道な努力は重要ってことですね(笑)。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。