ChatWorkに採用支援プラン

様々な事業展開を行っているChatWorkですが、昨年12月に始まったChatWorkアシスタントに続き、ChatWork 採用支援がリリースされましたのでご紹介です。

ChatWork 採用支援

ふわふわ

どういう内容?

導入企業数が120,000社を超えたビジネスチャットツールであるChatWorkでは、この度採用支援事業をリリースしました。まずは学生の新卒採用サービスから開始するようです。実際には、ChatWorkが保有する学生のデータベースを活かし、募集企業側の人物像に合わせてマッチング。費用体系は成功報酬型で1名の内定獲得あたり30万円という価格帯です。新卒採用における一般的な内定あたりの獲得コストを考えると、(新規取り組みのため、そもそもの獲得有無を余剰計算としておくことも必要かもしれませんが)費用対効果は高いです。

まだ出会えていない優秀な学生に直接オファーしませんか。このような悩みをお持ちの企業におすすめです。
・求人募集になかなか学生が集まらない
・自社にあった学生が応募してくれない
・他社の新卒採用サービスの費用が高い

「ChatWork 採用支援」の特長
・国内最大級の学生データベースを活用
・他社より先に早期アプローチが可能
・採用が決まるまでは完全無料
・チャットサポートによる採用支援

「ChatWork 採用支援」は、採用したい学生に直接オファーを送れる新しい形の採用支援サービスです。
引用)ChatWork 採用支援

ふわふわ

個人的に利用してみたいか

個人的な見解としましては、いかんせん新規の取り組みになりますので、新卒採用となると(そもそも設定する採用人数スケジュールに合わせて動かないとならない分)計画が立てづらいと思います。このプランだけに新卒採用を依存することはできませんし、恐らくChatWork側もフォロワー戦略として「こういう網を張ってみても面白いでしょう」という意図があると(勝手ながら)推察しています。

しかし、これが中途採用サービスに拡大されるとなると非常に興味深いです。中途採用サービスが成果報酬プランになるかは分かりませんが、中途採用で成果報酬プランでしたら…想像するだけでちょっとワクワクします。

いずれにしましてもいつか利用してみたいプランですね♪


関連記事
昔はマスメディアのことをAbove The Lineと呼び、インターネット周りをBelow The Lineと呼んでいた時代もありましたが...ついに2019年の日本の広告費の中でテレビCMをインターネット広告が上回ったようです。電通の「2019年 日本の広告費」により明らかになりました。マス系広告 ...(続きを読む)
Amazonのレビューが海外中心に荒れていることは皆さん結構ご存知の状況かと思います。競合他社による嫌がらせレビュー(わざと悪くコメントする)や自作自演(わざと良くコメントする)等、この専用事業者もいるほど横行しており、かなり問題視されている事象です。そこで今回は、既に有名なツールかと思いますが「サ ...(続きを読む)
私は頻繁にYahoo!メールを活用しているのですが、そのYahoo!メールにおいて、先日Yahoo! JAPAN側から「ブランドアイコン表示企業が増えました」という発表がございましたので、ご紹介したいと思います。 どんな内容? Yahoo!メールに届く送信元表示部分にファビコンのようなアイコンを付け ...(続きを読む)
今年の春頃からテスト的に各キャリア(docomoとかsoftbankとか)が5G対応を進めていくようで、問題がなければ少なくとも年内にはすっかり5G化しているかと思います。5Gになることで、よりシームレスなコミュニケーションが実現できますし、未来的な話は既にこのブログでもご紹介させていただいています ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。