ARグラスがドコモとauで販売

昨秋、FacebookとRay-Banがスマートグラス(カメラ搭載型サングラス)の販売を発表しましたが、日本では未発売でした。しかしこの度、AR(現実拡張)可能なサングラス型ディスプレイ「Nreal Air(エンリアルエアー)」をドコモauが3月4日にそれぞれ販売開始することが発表されました。

どんな商品?

今回は眼鏡型ディスプレイという言い方になりますが、Nreal社が2021年10月に発表したNreal Airはカメラが付いていません。あくまでもディスプレイです。単体で使用するものではなく、スマートフォンと連携することで、スマホで閲覧する映像をサングラスで視聴できるというものです。Nreal Air自体に複雑な機能が搭載されているわけではないので、商品自体も76gと非常に軽量です。とはいえ、サングラスで映像を視聴できるというは日本においても新しいので、話題性はあると思います。

メガネ型ディスプレイの Nrealが、新モデル「Nreal Air」を3月4日にNTTドコモとKDDIから発売すると発表しました。メーカー希望小売価格は4万9800円ですが、ドコモでは3万9800円、auでも3万9799円で予約を受付中。なお、Nreal Airの一般販売は、日本が世界初になるとのことです。

引用)engadget日本版

映像は、ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当で表示されます。また、ツルの部分にスピーカーも搭載しており、「低音強調アルゴリズムとノイズキャンセリングにより、まるで仮想の専用 IMAXシアターにいるかのように、エンターテインメントの臨場感を高めます」と説明されています。
スタンドアロン型ではなく、スマートフォンとUSB Type-Cで接続して利用します。このため、利用するには、USB-Cポートを備え、Display Port(Alternate mode)に対応していることが条件となります。ただ、拡張性を高めるアクセサリとして、「Nreal Streaming Box」も発売され、これを利用すれば、Miracastに対応したスマートフォンならNreal Airを利用可能となります。

引用)TechCrunch Japan

【参考】各社の発表内容

どうでしょう?

うーん・・・今回の商品、これはあくまでも私個人の予想と感想ですが、レンズがついていない以上、ARと言っても、実際に見ているレンズ内にバーチャル表示されるだけだと思います。つまり、実際に見ているモノに合わせてバージャルなオブジェクトが変化するわけではないと思います。そういう意味では、車のフロントガラスにスピードメーターが表示されているようなものかと思います。これではあまりARって感じでも無いような…。だから、あくまでも眼鏡型ディスプレイという言い方なのかもしれませんね。

今の法律や社会情勢、技術等のPEST的マクロ環境下においては、これが限界なのでしょう。Googleグラスがそうであったように、モラルとの妥協点を見出すまではなかなか難しいです。とはいえ、私が子供の頃に思い描いていた未来はドラゴンボールのスカウターのようなものでしたので、ついついサングラス型デバイスに敏感になってしまうのも事実。これからもウェアラブル端末にはアンテナを張っていきたいと思います(笑)。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事