Facebook:Ray-Ban Storiesの登場

Googleグラスじゃなくて…米国現地時間9月9日、Facebookがスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。要はInstagram含むFacebookグループのSNSに連携できるカメラ搭載型サングラスです。FacebookとEssilorLuxotticaの共同開発によるレイバンのサングラスです。価格は299米ドル(約3.3万円)です。

ふわふわ

カメラ付きサングラス!

色々な国の事情により、販売する国は米国、オーストラリア、カナダ、アイルランド、イタリア、英国の一部の小売店になります。Webでも購入できますが、日本では購入できないようになっています。

日本では購入不可

Ray-Ban Storiesはフレームの両脇に500万ピクセルのデュアルカメラが内蔵されており、自分の目線で撮影が可能です。写真は2592×1944pxまで、動画は1184×1184pxで最大30秒まで撮影できます。撮影ボタンを押すか音声コマンドを使うことで撮影できますので、携帯電話を取り出して…等することなくパッと瞬間的に撮影することができます。撮影中はサングラスのキャプチャーLEDが点灯しているため、撮影中であることを周囲の人に知らせることもできるとのことです。音声の録音も可能です。

撮影した映像はそのままFacebookグループ系の各SNSやアプリと連携できるため、そのままアプリ上で編集や投稿をすることができます。また、スマートフォンと連携もできるため、そのままカメラロールに保存も可能です。

Ray-Ban Storiesは新しいFacebook Viewアプリと連携しているので、自身のストーリーや思い出を友人やソーシャルメディアのフォロワーとシームレスに共有することができます。Facebook ViewアプリはiOSおよびAndroidに対応しており、Ray-Ban Storiesで撮影したコンテンツをスマートフォン上のFacebookやInstagram、WhatsApp、Messengerをはじめ、Twitter、TikTok、Snapchatなどのアプリに簡単に取り込み、編集・共有することができます。また、コンテンツをスマートフォンのカメラロールに保存し、そこから編集して共有することも可能です。

引用)Facebookニュースルーム

完全ワイヤレスイヤホンみたいに、充電ケースで充電できるのもポイント。スピーカー・マイクも内蔵しており、音楽再生・通話もこなせます。

引用)GIZMODE

ふわふわ

諸々大丈夫?

まぁ、Googleグラスがそうであったように、一番の問題は“盗撮”ですよね…。良く分かりませんが、周りにも撮影していることをアピールする機能があるようで、その辺の仕組みは出来ているようです。

Ray-Ban Storiesは、あらかじめプライバシーに配慮して設計されており、Ray-Ban Storiesの所有者だけでなく、周囲の人々にもコントロールと安心感を提供するための多くの機能が組み込まれています。これらの機能および責任ある使用方法に関する新しいガイドラインの詳細はRay-Ban Storiesプライバシー・マイクロサイト(英文のみ)にてご覧いただけます。

引用)Facebookニュースルーム

金額も廉価ですので、誰でも手に入れることが出来ますし…色々な悪用が心配ですね。ただ、いずれここから始まってARやVR対応できるようになるかもしれませんし、危険性がある一方で利便性も広がっていくかと思います。アイウェア型アプリケーションの一歩はGoogleではなく、まさかのFacebookになるのでしょうか。


関連記事

ARで絶滅危惧種の警鐘

Googleの検索で行う3D表示というAR機能を使って、スウェーデンの絶滅危惧種の保護について啓蒙している件について、GoogleがThe Keywordで案内していました。これもSDGsの一環だろうと思い、またこういうサービス機能もGoogleならではの素敵な試みかなと思いご紹介させていただきます ...(続きを読む)

ノーコード開発の可能性

最近感じている「ノーコード」という言葉。EC系ではShopifyやBASE、MAツール系ではb→dashやAB Tasty等、多くのノーコードサービスが増えてきました。というわけでノーコードについて触れておこうかと思います。 ノーコードとは 今の時代においては、中途半端な機能のパソコンよりよっぽどス ...(続きを読む)

アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントやGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。 アクションモーメント 人には行動を ...(続きを読む)

グリッドデザインについて

近々本ブログをリニューアル予定です。目的としては私個人の仕事に対する向き合い方が変わってきたことと、仕事自体がニューノーマルになることで改めて気合を入れて仕事に取り組んでいこうと思ったこと、後は気分転換です(笑)。イメージとしてはNeumorphism(ニューモーフィズム)デザインで全体を形成しつつ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。