フィッシングメールが増え始めてる?

最近、大手企業を名乗ったフィッシングメール(なりすまして個人情報を取得しようとしている)が多いようです。かなり巧妙で、しかもそれらしいことが記載されているので、皆様も充分にご注意ください。

通行止め

ふわふわ

フィッシングメール例

年明けの心の隙を狙ったなりすましメールが多いです。まずは以下のメールをご覧ください。

フィッシングメール例1

三井住友銀行を騙っており、「不正利用が行われた疑いがある」といって、ログインを促しています。発信元のアドレスを見れば分かりますが、ロゴや住所(URLはwww無のhttpバージョンになっている)は本物を悪用しています。私はそもそもこの銀行のサービスを利用していないのですぐに分かりましたが、利用者で発信元アドレスも見ない人であれば、リンク先からIDPASSを入力してしまいそうですよね。

続いて以下のメールです。

フィッシングメール例2

思いっきりAmazonですね(笑)。どうやら登録アカウントが更新できなかったようです。これも発信元アドレスや本文をよく読めば偽物だと理解できますが(カード情報が更新できず支払わなくて済むならラッキーですしw)、パッと見では見分けがつきません。ちなみにブロックされている画像を開こうとすれば、情報搾取の警告表示がされます。

フィッシングメール例3

これらはほんの一部ですが、誰でも利用しているようなサービスで急にこんなメールが来たら、(ログイン画面の巧妙さも後押しとなり)思わずログインしてしまいそうですよね。

ふわふわ

本当に気を付けましょう

以前より、フィッシングやスパムが増加傾向にあった際は、私もこちらで警鐘を鳴らしていますが、年明けや休みボケ等、ちょっと気持ちが弛緩した時のフィッシング詐欺には充分お気をつけください。


関連記事

有益情報を発信するツイート紹介

最近、色々なサービス展開上、Webページデザインの勉強をしている私です。とはいえ技術的なコーディングやプログラミングではなく、市場参入視点やユーザーへのコンバージョンやエンゲージメント視点での勉強です。これに関しても終わりがなく、且つ伝えたい内容によってUIデザインは変化するので、常にインプットが必 ...(続きを読む)

PDRがしっくりくる

先日、SEOや新規ビジネスを考えている中、「やっぱりPDCAだとうまくいかないなぁ」と思いまして...PDRにしてみたところうまく回りだしたので、そんなPDRをご紹介してみたいと思います。 PDRとは PDRとは2011年頃にハーバードビジネススクール(HBS)のLinda Annette Hill ...(続きを読む)

訴求方法における他社参考のしかた

自分のWebサイトページにおける訴求方法を考える時、無作為に他社のWebサイトやランディングページを見て、見た後にそこから何かを得ようとする人がいます。でも、無作為に他人のWebサイトページを見ているだけでは、あまり気付きも参考要素も得られません。そこでここでは他社のWebサイトページを見る時の心構 ...(続きを読む)

NAVERまとめが終了

2014年に一世を風靡した(...私の中で)あのNAVERまとめがついに終了するそうです。残念とか悲しいとかではなく、なんとなく感傷的な気分になりましたのでご紹介しておきます。あの1件以来まるで目立たなくなってしまいましたが...それでも私はユーザーとして普通に見ていたんですけどね...。 終了の通 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。