フィッシングメールが増え始めてる?

最近、大手企業を名乗ったフィッシングメール(なりすまして個人情報を取得しようとしている)が多いようです。かなり巧妙で、しかもそれらしいことが記載されているので、皆様も充分にご注意ください。

通行止め

ふわふわ

フィッシングメール例

年明けの心の隙を狙ったなりすましメールが多いです。まずは以下のメールをご覧ください。

フィッシングメール例1

三井住友銀行を騙っており、「不正利用が行われた疑いがある」といって、ログインを促しています。発信元のアドレスを見れば分かりますが、ロゴや住所(URLはwww無のhttpバージョンになっている)は本物を悪用しています。私はそもそもこの銀行のサービスを利用していないのですぐに分かりましたが、利用者で発信元アドレスも見ない人であれば、リンク先からIDPASSを入力してしまいそうですよね。

続いて以下のメールです。

フィッシングメール例2

思いっきりAmazonですね(笑)。どうやら登録アカウントが更新できなかったようです。これも発信元アドレスや本文をよく読めば偽物だと理解できますが(カード情報が更新できず支払わなくて済むならラッキーですしw)、パッと見では見分けがつきません。ちなみにブロックされている画像を開こうとすれば、情報搾取の警告表示がされます。

フィッシングメール例3

これらはほんの一部ですが、誰でも利用しているようなサービスで急にこんなメールが来たら、(ログイン画面の巧妙さも後押しとなり)思わずログインしてしまいそうですよね。

ふわふわ

本当に気を付けましょう

以前より、フィッシングやスパムが増加傾向にあった際は、私もこちらで警鐘を鳴らしていますが、年明けや休みボケ等、ちょっと気持ちが弛緩した時のフィッシング詐欺には充分お気をつけください。


関連記事

ARで絶滅危惧種の警鐘

Googleの検索で行う3D表示というAR機能を使って、スウェーデンの絶滅危惧種の保護について啓蒙している件について、GoogleがThe Keywordで案内していました。これもSDGsの一環だろうと思い、またこういうサービス機能もGoogleならではの素敵な試みかなと思いご紹介させていただきます ...(続きを読む)

Facebook:Ray-Ban Storiesの登場

Googleグラスじゃなくて...米国現地時間9月9日、Facebookがスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。要はInstagram含むFacebookグループのSNSに連携できるカメラ搭載型サングラスです。FacebookとEssilorLuxotticaの共同開発によ ...(続きを読む)

ノーコード開発の可能性

最近感じている「ノーコード」という言葉。EC系ではShopifyやBASE、MAツール系ではb→dashやAB Tasty等、多くのノーコードサービスが増えてきました。というわけでノーコードについて触れておこうかと思います。 ノーコードとは 今の時代においては、中途半端な機能のパソコンよりよっぽどス ...(続きを読む)

アクションモーメントを考える

電通の人が提唱(?)しているトリガーモーメントやGoogleが提唱するマイクロモーメントがありますが、いずれもアクションを起こす瞬間のユーザー心理を指していますよね。なので、ここでは私がテキトーに「アクションモーメント」と称してその重要性を書いておこうと思います。 アクションモーメント 人には行動を ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。