YouTube Red

YouTube(Google)が、月額$9.99で広告非表示機能が出来る等の有料サービス開始を発表しました(ニューヨーク現地時間:10月21日)。「YouTube Red」と称したこのサービスは米国で10月28日から導入されるようですが、日本ではまだ未定(正式発表されていない)のようです。

動画

ふわふわ

YouTube Redとは

月額課金にすることで、広告を非表示にできるだけでなく、動画を端末(ローカル)にダウンロードすることで、ネットに繋げなくても閲覧出来たりするようです。「広告観たくなければお金払え」という解釈をしてしまうと乱暴に聞こえますが、他の機能等を考えれば、メリットも感じられるかもしれません。それが「YouTube Red」です(笑)。

YouTube Redのメリットを整理すると次のようになる。

  • バナーや動画などいっさいの広告が表示されない
  • ダウンロードしてオフラインで視聴できる
  • バックグラウンドで再生できる
  • Google Play Musicも無料で利用できる
  • 特別番組を視聴できる(2016年開始)

引用元)ITmediaニュース

 

YouTube Redのユーザーは、YouTubeの広告非表示、動画のオフライン再生、バックグラウンド再生、YouTube Red専用動画の視聴といった特典を受けることができます。課金してYouTube Red会員になれば、YouTube GamingやYouTube Musicにも有料会員として適用されるようです。
引用元)すまほん!!

 

YouTubeではさらに、同サイトで最も人気のあるタレントの何人かが、Red会員向けに動画や番組を公開する予定だとうたっている。たとえば、ビデオゲームにヒントを得た恐ろしい状況に同サイトで大人気の動画クリエイターFelix Kjellberg氏本人が陥るというリアリティホラーシリーズ「Scare PewDiePie」や、Superwomanのハンドルネームで知られるクリエイターLilly Singh氏が世界中を旅して回る様子を追った「A Trip to Unicorn Island」などだ。
引用元)CNET|Japan

 

ふわふわ

日本で考えたら…

サービスや料金がそのまま日本で、ということを考えますと、月間1,000円ちょっと支払うことで、動画中の広告の鬱陶しさが消えるというのは…うーんって感じですね。ローカルに落として動画をオフライン閲覧できるのは、そういうアプリが既にあったりしますし、カリスマYouTuberの特別動画をお金を払ってでも観たいか、と考えると…うーん…300円くらいだったら受け入れるかもしれません(笑)。

Redが赤字サービスにならないことを願いつつ、もうちょっと利点があることを願いつつ、様子をみましょう。


関連記事

Twitter:フリート廃止

2020年11月に実装されたTwitterのフリート機能ですが、不人気のため廃止となるようです(笑)。Twitterが公式ブログで発表しました。8月3日までですので、実質約9ヶ月の稼働でしょうか...。音声コミュニケーションの可能性の問題なのか、Twitterユーザー特性の問題なのか。 公式ブログよ ...(続きを読む)

Instagram:リール広告開始

Instagramでは、2020年8月にリール機能が始まり、その後12月にそのままショップ機能に繋がるようになりました。そんなリールで広告配信が始まりましたのでご紹介します。 リール広告はTikTokの合間に流れるYouTube広告みたいなもの リール自体は30秒以内の動画です。そのリールだけをひた ...(続きを読む)

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。