Twitter:偽フォロワーを削除

1週間前の情報で恐縮ですが、Twitterが世界的に偽アカウントをロックすることで、各アカウントのフォロワーに登場させなくさせることを発表しました。それによって、各アカウントのフォロワー数が大幅に減る可能性がございます。私の(殆ど運用していない)アカウントでもフォロワー数が3人分減ったことを確認しております。

MTBハンドル

ふわふわ

どういうこと?

まず、Twitterが7月11日の段階で以下のツイートをしています。

私たちはTwitter内での信用性を確立し、健全なやり取りが奨励できるよう約束していきます。フォロワー数は意味があって正確な数字で無ければなりません。ですので、私たちはロックされたアカウントをフォロワー数から除外していきます。

引用)@Twitterより

もともと、Twitterでは、スパムのようなアカウントや同一人物からと想定される大量生成アカウント、botアカウント(機械による自動ツイートアカウント)に関しては、ロック(本人確認できるまでログインできない状況)したり、サスペンド(凍結:正式申請するまで使用停止)したり、酷い場合は削除したりしていました。今回はその中でもロックしたアカウントがフォロワーにいた場合、そのフォロワー数から除外するという話です。

以前から、Twitter上で通常と異なる行為をしている兆候のあるアカウントに対してロックをすることがありました。Twitterはこれらの行為をするアカウントの所有者に対して、現在もアカウントを管理しているどうかを確認し、パスワード変更の確認が取れるまでログインが行えないように措置を継続します。本日より、グローバルではロックされたアカウントをプロフィールに表示しないようにします。この変更により、アカウントのフォロワー数の表示が減少する可能性があります。

引用)Twitterブログ

まぁ、ロックされたアカウントからは閲覧もできなければ、いいねもリツイートも出来ませんので、フォロワーにいても意味がないですし、だったらフォロワー数からも消して良いということですね。フォロワー数そのものの数をアピールするアカウントにとっては多少の痛手になるかもしれませんが、それでも日本では4フォロワー数くらいの減少だと言われています。

フォロワー数は、良くも悪くも、Twitter上での正当性を示す重要な数値指標となっている。そのためにも、暴騰したフォロワー数を取り除くのは、信頼を回復する一つの小さな方法だろう。

引用)BuzzFeed News

特に何かに影響を及ぼすような話ではありませんが、皆さんのアカウントで「あれ?フォロワー数が減ったな」というのがあれば、これが原因かもしれません。