Twitter:音声ツイートが可能に

Twitterでは、米国現地時間6月17日に、録音した音声の投稿が一部のiOSユーザーでテスト開始したと発表しました。あと数週間のうちにすべてのiOSユーザーで使えるようになるとのことです。

音声ツイート

ふわふわ

どんな内容?

iOSを使ったTwitterの投稿画面から波形アイコンをタップすると、録音画面になります。録音は140秒までです(ツイートの文字数上限である140文字と同じ数字なので覚えやすいですね)。長時間録音したい場合はそのまま録音し続けると、1つのスレッドとなります。その1つのスレッドの中で140秒の1ツイートを連続投稿できるので、140秒単位のツイートがいくつも連なっていくイメージです。ただし、1スレッドで25ツイートまでしか連なることはできません。つまり、1スレッドで最長58.3分(140秒×25ツイート)まで録音できるという仕組みです。

各音声ツイートは、最長で140秒の音声を収録できます。もっと収録したい場合は話し続けてください。1回のツイートの上限時間に達すると、新しい音声ツイートが自動的に開始され、スレッドが作成されます。音声の収録が終わったら「Done」(終了)ボタンをタップし、ツイート作成画面に戻ってツイートができます。

引用)Twitterブログ

音声ツイートはフォロワーのタイムラインにいつもの投稿と同じように表示されますし、フォロワーは再生中にスクロールしても音声だけ聞くことができます。

皆さんの音声ツイートは、他のツイートに並んでタイムライン上に表示されるようになります。音声ツイートを再生するには、画像をタップします。こちらの機能をご利用いただけるのは現在iOSのみですが、「再生」をタップすると、タイムラインの下部に新しい小さな再生ウインドウが開き、Twitter上でタイムラインをスクロールしているときや、スマートフォンで他のことをしていたり持ち歩いている間も、引き続き聞き続けることができます

引用)Twitterブログ

ふわふわ

期待と懸念

特に最近では、著名人はわざわざ記者会見等を開かず、TwitterやInstagramで投稿するケースが増えています。そのほうが余計な質問や野暮な質問を受けなくて済みますし、事務所としても記者会見コストを抑えることができるからでしょう。しかしいずれもSNSだと文字数制限や読みづらさ等もあるため、一度文章を打ち込んで、それを画像化してツイートしたりInstagramに上げたりしていますよね。

今回の音声ツイートなら、著名人にとってその様々な制限をクリアし、声のトーンでニュアンスも理解してもらえるという点で非常に有効的なのではないでしょうか。

文章だと伝えることが難しいことや、本意が解釈されづらいことがあり得るなかで、音声によるツイートが聞き手にとっても語り手にとっても、さらに人間味あふれる体験を生み出すことを期待しています。わが家の自慢の猫や犬などのほっこりしたネタから、記者が伝える速報ニュース、抗議行動に参加してる人たちの現場の生の声など、この音声ツイートによって、意見や考えを素早く簡単にご自身の声で共有できます。

引用)Twitterブログ

但し、一方で誹謗中傷する音声ツイートや公序良俗に抵触していたりいじめを誘発したりするツイートに対して、音声識別AIでもない限り、取り締まることが難しいのも事実。この辺に関しては、通報機能や通報内容の吟味を強化していく必要がありそうです。とはいえ、元々ツイートできる音声付き動画でも同じことが言えたわけですのでそこまで大きな懸念にはならないでしょう。

ヘイトスピーチや嫌がらせの音声ツイートをどう取り締まるのかと懸念する向きもあるが、Twitterは、音声ツイートはテキストよりも自分の考えを早く簡単に共有でき、「より人間的な体験が生まれることを願っている」としている。

引用)ITmedia NEWS

数週間で全てのiOSに実装されるようですので、まだ実装されていない方は楽しみにして待ちましょう。


関連記事

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

Twitter:スペース始動

今年の3月に紹介しましたTwitterスペースですが、2020年12月からのテスト期間を経て、ついに5月6日、正式リリースしましたのでご紹介します。 スペースを作れる人はフォロワー600人以上 TwitterスペースはまんまClubhouseです。使い方は以前の記事をご参考ください。今までのテスト期 ...(続きを読む)

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。