Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。この機能は日本を含むグローバルに展開していく予定です。

インスタ

ふわふわ

3つの新機能

Instagram内には若年層の安全に特化した専門チームがあるらしく、若年ユーザーに対するルールやマナーの啓蒙や機能開発に励んでいるようです。今回はAIや機械学習を使って、以下の3つの機能を導入するようです。

  1. 18歳未満の利用者と彼らがフォローしていない大人とのダイレクト機能を制限
  2. 不審な行動を取るアカウントとのやりとりを警告し、対応策を通知(2021年3月より数か国で提供開始し、より多くの国と地域で順次利用可能に)
  3. 18歳未満の利用者にアカウント非公開を推奨する通知を表示

引用)Facebookニュースルーム

 
ふわふわ

1つ目に関しては、(大人である)一般ユーザーがフォロワーではなく18歳未満の利用者にメッセージを送れない機能をグローバルに導入したとのことです。これに関して、18歳未満かどうかをInstagramgが判断する材料として、機械学習を用いて利用者の年齢を予測する機能(写真やフォロー、フォロワー、コメント等からの特定機能)と登録時の登録年齢に則しているとのことです。

例えば、ある大人が自分をフォローしていない18歳未満の利用者にダイレクト機能でメッセージを送ろうとしても、送ることができないと通知が表示されます。

引用)Facebookニュースルーム

ふわふわ

2つ目に関しては、フォローをし合っていようがいまいが、コミュニケーションが不審な感じだと「この人は知っていますか?」というような形で、18歳未満(と思われるアカウント)側にInstagramから注意喚起のメッセージが表示されます。これは、ダイレクトメッセージ等でもそうですし、不審なアプローチを受けた際に判別されて発動する機能なようです。3月中に順次各国に導入されます。

例えば、ある大人が18歳未満の利用者に大量のフォローリクエストやメッセージリクエストを送っている場合、このツールを使ってダイレクト機能内で受信者に警告し、会話を終了するか、その大人をブロック、報告、制限するかの選択肢を提供します。

引用)Facebookニュースルーム

ふわふわ

3つ目は18歳未満の利用者に対して、Instagram側から非公開アカウントにするよう促進することです。非公開アカウントであれば、他のアカウントからはプロフ画像とIDだけで年齢や性別等の判断が難しいはずですので、よっぽどのInstagramerを目指さない限り(18歳未満で目指すものでもないかと思います)、非公開を推奨するというわけです。むしろ悪質ないじめ等に繋がらないためにも非公開にして良いのではないかと思います。

Instagramは、18歳未満の利用者がアカウントを新たに作成する際に、公開アカウントと非公開アカウントのどちらに設定するか選択肢を全世界で表示しています。

引用)Facebookニュースルーム

ふわふわ

長い目で利用者を増やしたいなら

Instagramのこの新機能は末永く健全な利用者を増やしていきたいと考えている裏付けかと思います。目先のことを考えれば、未成年者であろうが、それを狙う悪質な大人であろうが、アクティブユーザーの増加はマネタイズのチャンスなわけです。しかし、そういった悪質なコミュニケーションが風評を呼び、未成年者の親が利用を禁止するようになっていけば、長い目で見て負のスパイラルに突入してしまうでしょう。

健全な利用が親世代から子世代まで継承されていくことで、安心して親がアカウント開設を促せるプラットフォーム作りを目指しているのだと思います。特に物事の判断感覚が乏しい若年層に対して、悪質なユーザーとの接触を避ける仕組みをプラットフォーム側で作るというのは素晴らしい取り組みだと思います。


関連記事

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用し ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

Twitter:クソリプ抑止テスト再開

以前より、Twitterではリプライ時にセンシティブな内容を含んでいる場合、いったん立ち止まって考えるようiOSアプリでテストをしていました。これが2020年5月頃の話です。その後2020年8月にiOSやAndroidアプリ、Webにてテストを行いつつ、並行してツイート時にリプできる対象者を絞る機能 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。