Instagram:アカウントを制限する

Instagramでは、米国現地時間2019年10月2日、不当ないじめ等が起きないようアカウントを制限させる機能を世界的に実装したと発表しました。これによって、嫌なコメントに関しては当事者以外を非表示にしたり、ダイレクトメッセージを受け取れないようになりました。

インスタ

ふわふわ

どんな機能?

アカウントによっては辛辣なコメントが寄せられたりするケースがあると思います。でも、そのコメントは送った側と受け取った側だけでなく、第3者にも見えてしまうわけです。コメントの数や内容によっては、それを見た第3者に余計な勘繰りをさせたり、変に扇情させてしまうことだってあるでしょう。こうした、いわゆる「オンライン上のいじめ」を少しでも軽減すべく、今回Instagramでは新しい機能を世界中で一斉に導入しました。これをアカウントの「制限」機能と呼んでいます。制限機能には大きく以下があります。

  • 特定のコメントを自分とコメント投稿者以外には非表示にする機能。
  • 制限対象としたアカウントからのダイレクトメッセージは自動的にメッセージリクエストに振り分け。
  • いずれも通知は届かなくなるが、確認はできる。

アカウント制限手順

使用方法は以下の通りです。

  • 特定のアカウントを「制限」したいときは、コメントを左にスワイプします。または、[設定] の [プライバシー設定]や相手のプロフィールからでも直接設定が可能です
  • 「制限」機能を有効にすると、指定したアカウントが自分の投稿に対して追加するコメントはそのアカウントにのみ表示されるようになります
  • 「コメントを見る」をタップして制限したアカウントからのコメントを確認したり、承認して他の利用者に表示することができます。もちろんコメントを削除したり、承認せず無視したりすることも可能です。制限したアカウントからコメントがあっても、通知は届きません
  • 制限したアカウントからのダイレクトメッセージは自動的にメッセージリクエストに移動され、通知は届きません。メッセージを見たい場合は読むことができますが、既読になったことや自分がInstagram上でオンラインであることは相手に表示されません
  • 「制限を解除」した場合、その後のダイレクトメッセージは通常通り受け取れるようになります

引用)Facebookニュースルーム

ふわふわ

もう少し期待したい機能

この「制限」機能自体は素晴らしいことかと思いますが、今回は第3者には分からないだけで、コメント投稿者やダイレクトメッセージ送信者からすれば「さすがにもう見ているだろう」という推察は出来てしまいますよね。ですので、コメントに関しては、受信されてから設定するのではなく、事前に特定のグループや非フォロワーに対して制限できるようになれば良いのになぁ、と思いました。アカウント単位ではなく一定のグループであれば逆恨みはされなくて済みそうですし…。それにしても、こうしたインタラクティブ性の強いサービスに関しては、副産物となるコミュニケーションが付きものですので、プラットフォーム側は終わりなき戦いになるのでしょうね。

ちなみに、本当にこうした悪のコミュニケーションに辟易している人。
私から言えるのは「ブログはいいよ~」ですね(笑)。


関連記事

Instagram:リールから直接ショップへ

Instagramで今年8月にリリースされた新機能「リール」。この短尺動画であるリール内の表示アイテムから直接ショップ機能にに進めるようになりました。米国現地時間12月10日からリリースされた旨をFACEBOOKが発表しています。 どういうこと? リールという短尺動画の中で表示されている商品に合わせ ...(続きを読む)

Twitter:2020年を振り返る

日本のTwitterブログが2020年を振り返った記事を発表しています。新型コロナの影響もあり、世界全体で見ても、今年はテレビや映画に関して1分当たり7000以上ものツイートがあったそうです。 日本でのリツイートトップ Twitterブログの発表によれば、日本で最も「いいね」とリツイートされたのは「 ...(続きを読む)

Twitter:フリート機能

Twitterが2020年11月11日よりフリート(Fleets)機能を実装しました(「ee」と重ねるのはTweetからの語呂合わせでしょうか)。24時間で消えるツイートです。画像や動画だけでなくテキストの色や配置もいじれます。Instagramのストーリーズ機能にめちゃくちゃ似ています。 フリート ...(続きを読む)

Instagram:ライブ配信機能拡張

Instagramでは、新型コロナ禍において、今までもライブ配信やIGTVに関してデスクトップでも利用できるようになったりして機能拡張をしてきましたが、この度ライブ配信に関して更なる機能拡張をしました。ライブ配信時間がそれまでの1時間から最大4時間までになったことが大きな拡張ポイントですかね。米国現 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。