Instagram:いいね!数の撤廃!?

Instagramでは、米国現地時間7月18日に「いいね!」の数を非表示にするテストを行うと発表しました。まぁ「いいね!」欲しさの無理な投稿や競争心扇情の抑制が目的ですね。今後は本人にしか分からなくなるかもしれません。

インスタ

ふわふわ

どういう内容?

Instagramで表示される“「いいね!」○件”が本人以外には表示されなくなるわけですね。

このテストは、コミュニティに「いいね!」の数ではなくInstagram上でのつながりやシェアする写真や動画の内容を重視してもらいたいという思いから実施するもので、対象となるアカウントのフィードやプロフィール画面などの全ての写真・動画に対する「いいね!」数と動画再生回数が、投稿した利用者本人にのみ表示されるようになります。投稿上の「XXXさん他が『いいね!』しました」をタップすると、引き続き自分の投稿に付いた「いいね!」数と動画再生回数を確認することができ、どのアカウントが「いいね!」したのかも一覧で確認することができます。

引用)Facebookニュースルーム

この措置はまずカナダで5月に試され、今回日本をはじめ、オーストラリア、イタリア、アイルランド、ブラジル、ニュージーランドでも始まった。

引用)AFPBB News

表示サンプル

ふわふわ

なんか健康的

人はSNSを通じて、いいね!数欲しさに無茶な行動をした投稿をしたり、焦燥感に駆られ依存症になったりします。ですのでこういった数値の非公開は、非常に健康的なSNSの運用に繋がるのではないでしょうか。実際、あんまりいいね!数で勝負したくないから、と非公開アカウントにする人もいるでしょうし、フォロワー数に躍起になる人もいるかと思います。特にタレント等の著名人にとっては人気バロメーターにもなりかねませんので死活問題にもなるでしょう。だから今回の数値非公開テストは英断的です。

プラットホーム側から考えれば、いいね!数は競争心を煽るので、SNSの頻繁な利用を促進させ、アクティブユーザーの向上にも繋がるはずです。だから自社のメリットだけを考えれば、今回のテストは有益ではないはずです。しかし、それ以上にSNSの健全化を包括的に捉え、今回のテストに踏み切ったのかと思います。もしかしたら、テストにしたのは「これによってInstagramの収益がどれくらい下落するかについてもテストしよう」という裏事情が隠れているのかもしれませんが(笑)。

いずれにしましても、私は今回のこのテストには賛成ですね。


関連記事

Instagram:リールから直接ショップへ

Instagramで今年8月にリリースされた新機能「リール」。この短尺動画であるリール内の表示アイテムから直接ショップ機能にに進めるようになりました。米国現地時間12月10日からリリースされた旨をFACEBOOKが発表しています。 どういうこと? リールという短尺動画の中で表示されている商品に合わせ ...(続きを読む)

Twitter:2020年を振り返る

日本のTwitterブログが2020年を振り返った記事を発表しています。新型コロナの影響もあり、世界全体で見ても、今年はテレビや映画に関して1分当たり7000以上ものツイートがあったそうです。 日本でのリツイートトップ Twitterブログの発表によれば、日本で最も「いいね」とリツイートされたのは「 ...(続きを読む)

Twitter:フリート機能

Twitterが2020年11月11日よりフリート(Fleets)機能を実装しました(「ee」と重ねるのはTweetからの語呂合わせでしょうか)。24時間で消えるツイートです。画像や動画だけでなくテキストの色や配置もいじれます。Instagramのストーリーズ機能にめちゃくちゃ似ています。 フリート ...(続きを読む)

Instagram:ライブ配信機能拡張

Instagramでは、新型コロナ禍において、今までもライブ配信やIGTVに関してデスクトップでも利用できるようになったりして機能拡張をしてきましたが、この度ライブ配信に関して更なる機能拡張をしました。ライブ配信時間がそれまでの1時間から最大4時間までになったことが大きな拡張ポイントですかね。米国現 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。