Instagram:いいね!数の撤廃!?

Instagramでは、米国現地時間7月18日に「いいね!」の数を非表示にするテストを行うと発表しました。まぁ「いいね!」欲しさの無理な投稿や競争心扇情の抑制が目的ですね。今後は本人にしか分からなくなるかもしれません。

インスタ

ふわふわ

どういう内容?

Instagramで表示される“「いいね!」○件”が本人以外には表示されなくなるわけですね。

このテストは、コミュニティに「いいね!」の数ではなくInstagram上でのつながりやシェアする写真や動画の内容を重視してもらいたいという思いから実施するもので、対象となるアカウントのフィードやプロフィール画面などの全ての写真・動画に対する「いいね!」数と動画再生回数が、投稿した利用者本人にのみ表示されるようになります。投稿上の「XXXさん他が『いいね!』しました」をタップすると、引き続き自分の投稿に付いた「いいね!」数と動画再生回数を確認することができ、どのアカウントが「いいね!」したのかも一覧で確認することができます。

引用)Facebookニュースルーム

この措置はまずカナダで5月に試され、今回日本をはじめ、オーストラリア、イタリア、アイルランド、ブラジル、ニュージーランドでも始まった。

引用)AFPBB News

表示サンプル

ふわふわ

なんか健康的

人はSNSを通じて、いいね!数欲しさに無茶な行動をした投稿をしたり、焦燥感に駆られ依存症になったりします。ですのでこういった数値の非公開は、非常に健康的なSNSの運用に繋がるのではないでしょうか。実際、あんまりいいね!数で勝負したくないから、と非公開アカウントにする人もいるでしょうし、フォロワー数に躍起になる人もいるかと思います。特にタレント等の著名人にとっては人気バロメーターにもなりかねませんので死活問題にもなるでしょう。だから今回の数値非公開テストは英断的です。

プラットホーム側から考えれば、いいね!数は競争心を煽るので、SNSの頻繁な利用を促進させ、アクティブユーザーの向上にも繋がるはずです。だから自社のメリットだけを考えれば、今回のテストは有益ではないはずです。しかし、それ以上にSNSの健全化を包括的に捉え、今回のテストに踏み切ったのかと思います。もしかしたら、テストにしたのは「これによってInstagramの収益がどれくらい下落するかについてもテストしよう」という裏事情が隠れているのかもしれませんが(笑)。

いずれにしましても、私は今回のこのテストには賛成ですね。


関連記事

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用し ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。