いいね!ボタンにリアクション機能

遅ればせながら…Facebookのいいね!ボタンのリアクション機能に関するご紹介記事です。既に「TechCrunch Japan」や「ハフィントンポスト」で充分紹介されておりますので、私は軽く触れておきます。

Facebook

ふわふわ

1月14日から実装開始

既にデスクトップ(PC)では1月14日から日本で実装されています。スマホアプリではiOSもAndroidでもいいね!ボタンを長押しすることで実装を確認済みです。

いいね!ボタン

ちなみにリアクション機能は日本語版では「いいね!」「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」という6パターン。日本語の関西弁設定バージョンでは、「ええやん!」「めっちゃええやん!」「笑たやん」「すごいやん」「悲しいわ」「そら怒るわ」に変わります。英語版では「Like」「Love」「haha」「Wow」「Sad」「Angry」です。

ふわふわ

何でも“いいね!”の回避

Facebookのリアクション機能に関しましては、かねてよりどんな投稿に関しても「いいね!」ということに違和感を感じるということから、ずっといいね!の多様化が告知されていました。ついに実装されたようですね。この機能によって、ボタンシグナル数自体の数は(ボタン押しの手間から)全体的に減るかもしれませんし、ちゃんと(リアクションできるため、躊躇なくボタンを)押せることで、増えるかもしれません。

まぁ、今までもいいね!ボタンは様々な意味を含有して、確認のために押されていたような節もございますので、これによって大きくボタンシグナル数が変動することもないかと思います。ただ、何かを問いかけるような投稿だった場合、意見の参考値として見ることはできるかもしれませんね。


関連記事

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用し ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。