Facebook:プライバシー情報の確認を通知

Facebookは米国現地時間5月24日、ユーザーに対してプライバシーに関する情報確認の通知を順次行っていくという発表をしました例の一件以来、様々な善後策を行ったうえで、今回の動きとなります。

マークinFB

ふわふわ

どんな内容?

要は、今後数週間に渡って各ユーザーに連絡し、各ユーザーが設定している情報内容を再確認するのと、その情報の活用範囲を再確認してほしいという内容です。

ニュースフィードが表示された際に、広告、顔認識機能、プロフィールで共有している情報の詳細についての確認をお願いする通知をお送りさせていただきます。

引用)Facebookニュースルーム

ユーザー単位で「設定している情報はこれで合ってますよね?」という内容と「これらの情報はこういった形で利用させていただいています」という内容を連絡するそうです。

Facebookは今後数週間にわたり、利用者の皆様に以下の情報を含む通知を表示します。

  • Facebookが、より関連性の高い広告を表示するために、どのようにパートナーからのデータを利用しているかについて
  • プロフィールで公表されている政治観、宗教・信仰、交際ステータスについて
  • プライバシー保護の機能を含む、どのようにFacebookが顔認識機能を使用しているかについて
  • 4月に発表したサービス規約およびデータに関するポリシーの更新について

引用)Facebookニュースルーム

ふわふわ

押しつけがましくないように

また、既に情報に関する制限設定をしている項目内容については、再通知しないようにしているそうです。

利用者の皆様には、選択していただいている設定内容の要約が表示され、現在使用されていない機能について表示されることはありません。たとえば、すでに顔認証技術を用いた機能やパートナーからのデータに基づいた広告表示機能を使用しないように設定していた場合、再度、Facebookから機能を使用するように求めることはありません。

引用)Facebookニュースルーム

しつこく連絡することでユーザーの嫌悪感を誘発したり、ユーザーが面倒と感じるようなことを何度も設定させたりすることで、Facebook離れに繋がらないよう配慮しているてわけですね。

良くも悪くも5月25日より施行されているGDPR(一般データ保護規則)のタイミングと重なってしまっているため、プライバシー情報保護に関してはFacebookも一応慎重になっているようですが、世間の風当たりは強いようです。

Facebookの運営の話しになると、同社はかなりの秘密主義を展開している。ほんのわずかな’ニュースフィード“を公開し、どんなデータをどういう目的で収集しているのか詳細は一切明らかにしない。

引用)TechCrunch Japan

上記のようなコメントにもしっかり応えられる通知がユーザーに届くのか、様子を見てみたいと思います。


コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。