Instagram:PCでもライブ動画を閲覧可

Instagramでは米国現地時間4月10日、ライブ動画をデスクトップでも閲覧できるように機能拡張したと発表しました。ちなみに4月17日からはコメントもデスクトップ版で入力できるようになりました。

インスタ

ふわふわ

新型コロナウィルスも背景にある

新型コロナウィルスの影響で外出の自粛要請が世界規模で起こっているのは周知の事実です。COVID-19に関する情報は大手プラットフォーム中心にSNSでも盛んに啓蒙を行っています。FACEBOOKグループもFacebookで正しい情報の取得に取り組んだり、メッセンジャーがより使いやすくなったり、Instagramで人の繋がりを大切にしたりしています。

ふわふわ

Instagramライブ配信がデスクトップでも利用可能に

そんな中、Instagramライブの利用者も増えていることから、デスクトップ版でも利用できるようにしたとのことです。

外出自粛が広がる中、Instagramライブの利用者が全世界で50%増と増加傾加にあることからも分かるとおり、多くの人たちがライブ配信を楽しみながら他の利用者とリアルタイムにつながっています※1。
※1 3月18日から24日の、その前週の3月11日から17日の7日間を比較

引用)Facebookニュースルーム

実際には、以下の機能拡張をしたとこのことです。

  • 米国現地時間4月10日に、Instagramライブをデスクトップでも視聴できる機能を追加
  • 米国現地時間4月17日に、視聴中のライブ動画にデスクトップからもコメントを投稿できる機能を追加
  • 米国現地時間4月17日に、一部のアカウントのみ配信後のライブ動画をストーリーズではなく、IGTVに投稿できる機能のテストを開始

ちなみにIGTVというのは「InstagramTV」のことで、Instagramアカウントを持っている人であれば、誰でも最大1時間までのスマホ縦型動画(横型も可)を投稿できるアプリケーションです。フォロワーはInstagramに紐づきます。ちなみに、そのまま配信はできず、一度撮影してからアップする作業になります。

ふわふわ

ビジネスシーンに少しでも役立てば

Instagramライブ動画に関しては、ビジネスシーンで利用するケースは少ないかと思います。Instagramは嗜好性が強いSNSで、C2CかB2C利用が中心です。ですから、今回の機能拡張によってB2B利用する人は少ないでしょう。そういう意味ではZoomハングアウトに取って代わるとは考えにくいです。しかし、そうではなく一般的なオピニオンリーダーや著名人が多く使っている特性を活かせば、著名人が一般ユーザーに啓蒙や働きかけをする上で、かなり有用性があるのではないかと思います。そしてそれがデスクトップになることで、一層利用者の拡大に繋がるのではないでしょうか。


関連記事

Instagram:リールから直接ショップへ

Instagramで今年8月にリリースされた新機能「リール」。この短尺動画であるリール内の表示アイテムから直接ショップ機能にに進めるようになりました。米国現地時間12月10日からリリースされた旨をFACEBOOKが発表しています。 どういうこと? リールという短尺動画の中で表示されている商品に合わせ ...(続きを読む)

Twitter:2020年を振り返る

日本のTwitterブログが2020年を振り返った記事を発表しています。新型コロナの影響もあり、世界全体で見ても、今年はテレビや映画に関して1分当たり7000以上ものツイートがあったそうです。 日本でのリツイートトップ Twitterブログの発表によれば、日本で最も「いいね」とリツイートされたのは「 ...(続きを読む)

Twitter:フリート機能

Twitterが2020年11月11日よりフリート(Fleets)機能を実装しました(「ee」と重ねるのはTweetからの語呂合わせでしょうか)。24時間で消えるツイートです。画像や動画だけでなくテキストの色や配置もいじれます。Instagramのストーリーズ機能にめちゃくちゃ似ています。 フリート ...(続きを読む)

Instagram:ライブ配信機能拡張

Instagramでは、新型コロナ禍において、今までもライブ配信やIGTVに関してデスクトップでも利用できるようになったりして機能拡張をしてきましたが、この度ライブ配信に関して更なる機能拡張をしました。ライブ配信時間がそれまでの1時間から最大4時間までになったことが大きな拡張ポイントですかね。米国現 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。