Instagram:PCでもライブ動画を閲覧可

Instagramでは米国現地時間4月10日、ライブ動画をデスクトップでも閲覧できるように機能拡張したと発表しました。ちなみに4月17日からはコメントもデスクトップ版で入力できるようになりました。

インスタ

ふわふわ

新型コロナウィルスも背景にある

新型コロナウィルスの影響で外出の自粛要請が世界規模で起こっているのは周知の事実です。COVID-19に関する情報は大手プラットフォーム中心にSNSでも盛んに啓蒙を行っています。FACEBOOKグループもFacebookで正しい情報の取得に取り組んだり、メッセンジャーがより使いやすくなったり、Instagramで人の繋がりを大切にしたりしています。

ふわふわ

Instagramライブ配信がデスクトップでも利用可能に

そんな中、Instagramライブの利用者も増えていることから、デスクトップ版でも利用できるようにしたとのことです。

外出自粛が広がる中、Instagramライブの利用者が全世界で50%増と増加傾加にあることからも分かるとおり、多くの人たちがライブ配信を楽しみながら他の利用者とリアルタイムにつながっています*1。
*1 3月18日から24日の、その前週の3月11日から17日の7日間を比較

引用)Facebookニュースルーム

実際には、以下の機能拡張をしたとこのことです。

  • 米国現地時間4月10日に、Instagramライブをデスクトップでも視聴できる機能を追加
  • 米国現地時間4月17日に、視聴中のライブ動画にデスクトップからもコメントを投稿できる機能を追加
  • 米国現地時間4月17日に、一部のアカウントのみ配信後のライブ動画をストーリーズではなく、IGTVに投稿できる機能のテストを開始

ちなみにIGTVというのは「InstagramTV」のことで、Instagramアカウントを持っている人であれば、誰でも最大1時間までのスマホ縦型動画(横型も可)を投稿できるアプリケーションです。フォロワーはInstagramに紐づきます。ちなみに、そのまま配信はできず、一度撮影してからアップする作業になります。

ふわふわ

ビジネスシーンに少しでも役立てば

Instagramライブ動画に関しては、ビジネスシーンで利用するケースは少ないかと思います。Instagramは嗜好性が強いSNSで、C2CかB2C利用が中心です。ですから、今回の機能拡張によってB2B利用する人は少ないでしょう。そういう意味ではZoomハングアウトに取って代わるとは考えにくいです。しかし、そうではなく一般的なオピニオンリーダーや著名人が多く使っている特性を活かせば、著名人が一般ユーザーに啓蒙や働きかけをする上で、かなり有用性があるのではないかと思います。そしてそれがデスクトップになることで、一層利用者の拡大に繋がるのではないでしょうか。


関連記事

Instagram10周年

Instagramが2010年10月6日に誕生して10歳になりました。おめでたいですね。日本だけでも月間アクティブアカウントが3,300万を超えています。今回、新機能もありましたので、ちょっとだけご紹介します。 Instagramの軌跡 ここ10年間でInstagramがどう進化したかは、専用の英語 ...(続きを読む)

Instagram:まとめ機能テスト

NAVERまとめが9月末で完全終了しますが、それに入れ替わるようにInstagramでまとめ記事を作れる機能が(日本を含め)テスト導入されました。Instagramが発表していますので、その内容をご紹介します。 発表内容と機能 簡単に言うと、他の人の投稿画像や動画を周辺情報含め一定のテーマに即してま ...(続きを読む)

InstagramでTikTok!?

米中対立によってTikTokが色々と槍玉に挙がっているタイミングで...Instagramは、米国現地時間2020年8月5日に「リール(Reels)」という新機能を発表しました。まぁ簡単に言えば、早送り等を含む簡易編集しながら音楽に合わせて15秒の短尺動画を作れる機能です。TikTokみたいなもので ...(続きを読む)

Twitter:ツイート単位でクソリプ防止

Twitter Japanでは8月11日、ツイート単位でリプライ(返信コメント)に制限を設ける機能を実装しました。2017年7月よりアカウント単位で制限することは出来ましたが、今回はツイート(投稿)単位で出来るようになりました。 どんな内容? Twitterブログによれば、今回の新機能はリプライに関 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。