Messengerルームを発表

FACEBOOKがMessengerを使ったグループビデオ通話「Messengerルーム」を立ち上げることを発表しました。かなり有用な印象を受けましたので、ここでご紹介します。

モバイル使用イメージ

ふわふわ

Messengerルーム概要

FACEBOOKニュースルームによれば、Messengerルームは以下の機能を備えているそうです。

  • 無料で50人まで同時利用可能。
  • Facebookアカウント不要で参加可能。
  • Instagramのダイレクト機能、WhatsApp、Portalからもルーム作成可能。
  • ARエフェクトによるウサ耳等の化粧・装飾が可能。
  • モバイルの場合、360度展開する背景設定が可能。
  • カメラフィルターにより明るさ設定可能。
  • その他演出できるARエフェクト有。
  • ルーム作成者は招待する対象者の設定と共に、対象外に対してルームロック可能
  • ルーム作成者はいつでもゲストを削除可能

どうですか。満を持しての登場のように感じますね。手軽さとエンターテイメント性、安全性を謳っている感じで、プライベート利用には非常に有用なアプリケーションだと思います。人数以外の有限性は無く、特別なダウンロードも不要とのこと。セキュリティに関しても細心の注意を払っているようで、Zoomで起こったトラブル等に関しても加味されているようですね。

デスクトップ使用イメージ
デスクトップ使用イメージ

もちろん、このタイミングでのMessengerルームの発表背景には、この世界的な自粛やロックダウンが影響しています。

つながりを保つため、人々はこれまで以上にMessengerやWhatsAppを使用しています。7億以上のアカウントがMessengerやWhatsAppで毎日、音声またはビデオ通話をしており、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの国で通話数が倍以上になりました。一部の国では、グループビデオ通話数が10倍以上になっています。

引用)FACEBOOKニュースルーム

気になるMessengerルームの導入時期ですが、一部の国で今週から提供が開始され、その後(米国を含む)他の国々にも数週間で展開されていく予定とのことです。それ以降は数ヶ月間に渡って機能を充実させていくようです。

プロモーション動画

プライベートで楽しむには良さそうなアプリかと思いますので、日本への導入を楽しみにして待ちたいと思います。


関連記事
米国現地時間5月21日、Workplaceに新機能が実装されたとFacebookが発表しました。Workplaceの新しいビデオ通話機能や、VRを活用したOculus for Businessを広く利用可能にしました。 Workplaceについて Workplaceとは以前ご説明した通り、ビジネス向 ...(続きを読む)
日本時間5月12日、Instagramでは、お気に入り店舗のギフトカードを購入したり、応援スタンプを作成したり、料理注文機能のパートナーを拡大したりすることを発表しました。これらは新型コロナ禍に苦しむ中小ビジネス支援を目的としていますが、主に飲食系の独立店舗向けに対するコミュニケーション救済の印象を ...(続きを読む)
Instagramでは米国現地時間4月10日、ライブ動画をデスクトップでも閲覧できるように機能拡張したと発表しました。ちなみに4月17日からはコメントもデスクトップ版で入力できるようになりました。 新型コロナウィルスも背景にある 新型コロナウィルスの影響で外出の自粛要請が世界規模で起こっているのは周 ...(続きを読む)
2020年3月24日から2021年3月23日までの1年間、Instagramで次世代のショッピング体験コンセプトストアとして「フューチャーポップアップストア」が立ち上がりました。これはKDDI株式会社とFacebook Japan株式会社がXR(クロスリアリティ)技術(ARとかVR等の仮想空間技術の ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。