Messengerルームを発表

FACEBOOKがMessengerを使ったグループビデオ通話「Messengerルーム」を立ち上げることを発表しました。かなり有用な印象を受けましたので、ここでご紹介します。

モバイル使用イメージ

ふわふわ

Messengerルーム概要

FACEBOOKニュースルームによれば、Messengerルームは以下の機能を備えているそうです。

  • 無料で50人まで同時利用可能。
  • Facebookアカウント不要で参加可能。
  • Instagramのダイレクト機能、WhatsApp、Portalからもルーム作成可能。
  • ARエフェクトによるウサ耳等の化粧・装飾が可能。
  • モバイルの場合、360度展開する背景設定が可能。
  • カメラフィルターにより明るさ設定可能。
  • その他演出できるARエフェクト有。
  • ルーム作成者は招待する対象者の設定と共に、対象外に対してルームロック可能
  • ルーム作成者はいつでもゲストを削除可能

どうですか。満を持しての登場のように感じますね。手軽さとエンターテイメント性、安全性を謳っている感じで、プライベート利用には非常に有用なアプリケーションだと思います。人数以外の有限性は無く、特別なダウンロードも不要とのこと。セキュリティに関しても細心の注意を払っているようで、Zoomで起こったトラブル等に関しても加味されているようですね。

デスクトップ使用イメージ
デスクトップ使用イメージ

もちろん、このタイミングでのMessengerルームの発表背景には、この世界的な自粛やロックダウンが影響しています。

つながりを保つため、人々はこれまで以上にMessengerやWhatsAppを使用しています。7億以上のアカウントがMessengerやWhatsAppで毎日、音声またはビデオ通話をしており、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの国で通話数が倍以上になりました。一部の国では、グループビデオ通話数が10倍以上になっています。

引用)FACEBOOKニュースルーム

気になるMessengerルームの導入時期ですが、一部の国で今週から提供が開始され、その後(米国を含む)他の国々にも数週間で展開されていく予定とのことです。それ以降は数ヶ月間に渡って機能を充実させていくようです。

プロモーション動画

プライベートで楽しむには良さそうなアプリかと思いますので、日本への導入を楽しみにして待ちたいと思います。


関連記事

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用し ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。