リツイートの形式変更

日本時間の4月7日付けでTwitterにおけるリツイート形式が変更になりました(参考:Twitterヘルプセンター)。自分のコメント文章も載せながらリツイートできるようになりましたが、とりあえず対象はWebとiOSアプリのようで、Androidも近々対応予定とのことです。

水玉

具体的にどう変わったのか

従来はリツイートする際、自分のコメント文章を載せることはできませんでした。引用形式を使えば自分のコメント文章を入れられましたが、その場合リツイート元の文章と合わせて140文字まででした。その制限の中でコメント文章を入れたりしつつ、文字数が超過する場合はリツイート元の文章が削れていく仕様でした。

今回はリツイート元も四角く囲われた状態でしっかり出現します。他のSNSの再共有等と同じようなビジュアルですね。

リツイート

今回の変更はリツイートしたユーザーのフォロワーにとって、より見やすくなったという印象ですね。

ふわふわ

リツイートのリツイートは?

そこで、試しにリツイートした人のツイートをリツイートした場合どうなるのかやってみました。ちょっとややこしい話ですが(笑)、さらにそれをリツイートして、その上でもう一度リツイートた場合もどうなるのかテストしてみました。
つまり、リツイートのリツイートのリツイートのリツイートですね(笑)。大元のツイートをリツイートしたのではなく、飽くまでリツイート内容に被せる形で重ねてみました。

以下のような表示になりました。

4回リツイート

リツイートのリツイートの場合は青色の線で紐づけて出現するようですね。面白かったので、その青い線がどこまで続くかリツイートを繰り返したのですが、どうやら3回目ですぐに切れてしまいました。4回目となるともう大元のツイートは四角い枠内には出現しませんでした。

おわりに

ちなみにリツイートする際のコメント文字数は116文字までのようです。また、iOSアプリでも同様の確認をしましたが、表示形式は同じでした。

見やすくなったというだけなので、エンドユーザー向けの情報ですね。ただし、企業アカウントでリツイートされることを想定するのであれば、“写真使用しておけばリツイートされる際、一層キャッチーになる”ということだけ認識しておくと良いと思います。


関連記事

Instagram:まとめ機能テスト

NAVERまとめが9月末で完全終了しますが、それに入れ替わるようにInstagramでまとめ記事を作れる機能が(日本を含め)テスト導入されました。Instagramが発表していますので、その内容をご紹介します。 発表内容と機能 簡単に言うと、他の人の投稿画像や動画を周辺情報含め一定のテーマに即してま ...(続きを読む)

InstagramでTikTok!?

米中対立によってTikTokが色々と槍玉に挙がっているタイミングで...Instagramは、米国現地時間2020年8月5日に「リール(Reels)」という新機能を発表しました。まぁ簡単に言えば、早送り等を含む簡易編集しながら音楽に合わせて15秒の短尺動画を作れる機能です。TikTokみたいなもので ...(続きを読む)

Twitter:ツイート単位でクソリプ防止

Twitter Japanでは8月11日、ツイート単位でリプライ(返信コメント)に制限を設ける機能を実装しました。2017年7月よりアカウント単位で制限することは出来ましたが、今回はツイート(投稿)単位で出来るようになりました。 どんな内容? Twitterブログによれば、今回の新機能はリプライに関 ...(続きを読む)

Instagram:ショップアイコン追加

Instagramが新しくショップアイコンタブを追加しましたので、そのご紹介です。発表では、虫眼鏡アイコンからショップを選択できると記載されていますが、私が見る限りですと、ショップアイコンタブが専用に出来ています。Instagramから即行でショッピングできるようになるのは便利ですね。 Instag ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。