FacebookはFACEBOOKに

Facebookでは米国現地時間11月4日にアプリケーションとしてのFacebookとは別に、企業ロゴと社名を大文字にすることを発表しました。製品群と企業ロゴを“音”ではなく“形”で分けるみたいですね。

FACEBOOKロゴ

色がグラデーションシフトするイメージになるようで、近いうちに様々な局面で変更されていくとのことです。

ふわふわ

FACEBOOKへ

Facebookには、Facebook、Messenger、Instagram、WhatsApp、Oculus、Workplace、Portal、Calibra等のアプリケーションや製品があります。だいぶ多岐に渡るようになりました。それを取りまとめるのがひとつのアプリケーションと同じ表記のFacebookだと少しややこしいのかもしれませんね。ですが、一方で“Facebook”という名前にはこだわりがあり、結果的に大文字にしたのだと思われます。

各製品をFacebookが提供していることを今まで以上に明確にするため、企業ブランディングを一新いたします。これに伴い、新しい企業ロゴを導入し、企業としてのFacebookとアプリとしてのFacebookのさらなる区別化を図ります。アプリは今後独自のブランディングを維持していくことになります。

引用)Facebookニュースルーム

 

「あらゆる選択肢を考えたが、社名を維持することが重要だという結論に達した。これまでずっと、そしてこれからも我々はFacebookであり続ける。我々が体現するもの、我々が下す決断、人々に対する我々の責任、そしてブランド間の関係を維持していくためには、名前を変えないことが重要だった」。

引用)TechCrunch Japan

また、各サービスには下絵のようにクレジット表記にも“FACEBOOK”が使用されるようになるそうです。

インスタ等の表記

WhatsApp等の表記

Facebookとしては、従来からあったInstagramやWhatsAppを買収し、その売上を拡大していったのはFacebook社としての功績であり、決して本来のアプリケーションのポテンシャルだけではないことを強調したかったようです。だからこそ、Facebookの名前にこだわり、今後より一層企業ブランディングに注力していく表れかと推察されます。

5000万ユーザー以下だったInstagramを現在の10億ユーザーの会社に変えたのは、スパム対策、国際化、広告などにFacebookのリソースを使ったからだと同氏(※ザッカーバーグ氏のこと)は強調した。

引用)TechCrunch Japan

ふわふわ

その一方で

こうした企業ブランドの一新をする一方で、未だ不正アクセスや情報流出等の悪い話は絶えません。

私個人としては、今までの正の財産も負の遺産も含め、企業名を一切合切変えちゃっても良かったのではないかと思いますが…世界的な一流企業なので色々あるのでしょう(笑)。実際には特に何が変わるわけではありませんが、今後、企業として紹介する時は“FACEBOOK”、SNSアプリを紹介する時は“Facebook”として記載するように気を付けます。


関連記事

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

Twitter:スペース始動

今年の3月に紹介しましたTwitterスペースですが、2020年12月からのテスト期間を経て、ついに5月6日、正式リリースしましたのでご紹介します。 スペースを作れる人はフォロワー600人以上 TwitterスペースはまんまClubhouseです。使い方は以前の記事をご参考ください。今までのテスト期 ...(続きを読む)

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。