Facebook:ネット教育(日本語版)

FacebookがCSRの一環として進めてきた「デジタルリテラシーライブラリ」の日本語版がようやく完成したようですので、そのご紹介をします。私の個人的感想としましては、対象は若年層を相手にする教育者だけでなく、ネット社会に馴染みの薄い中高年層もレッスンを受けるべきだと思いました。

デジタルリテラシーライブラリ

ふわふわ

どんな背景?

SNSにおけるトラブルやいじめ、炎上や犯罪等が跋扈しておりますが、こうした問題の原因のひとつとして考えられるのは「利用者の未熟さ」だと思います。でも、もちろんFacebookがそういう言い方はできないわけで…そこで、「デジタルリテラシーライブラリ」と称した無償サービスを開始しました。要は、若者に教育していく立場の人向けに「インターネットやSNS、CGMにはこういう付き合い方をしていきなさい――と教えなさい」という指南をマインドレベルから提示してくれるサービスです。

レッスンは、教職員や親など、11~18歳の若者を教育する人たちを対象に開発されました。Youth and Media研究科の10年以上に渡る学術研究結果と、さまざまな社会経済的背景、人種、地域、教育レベルの若者の声を反映し、プライバシーと他者からの評価、アイデンティティの構築、セキュリティ、安全と安心などのテーマを扱っています。

引用)Facebookニュースルーム

今年の夏に英語版がリリースされ、その後各国語での翻訳が進められてきましたが、ようやく日本語版も登場したとのことです。

ふわふわ

どんな内容?

内容としましては、プライバシー(個人情報)の取り扱いを自社他者目線で解説してくれたり、自己主張の仕方だったり、セキュリティ面におけるパスワード設定方法だったりと、大凡“自分のアカウント”なるものを作る時の注意点が多いです。

レッスン画面例

レッスンの数は全部で18ありまして、大きく5つのカテゴリから形成されています。

いずれも1時間以上のレッスン時間ですので、マイペースに少しずつ学習していけるようになっています。

ふわふわ

対象はどこまで?

このサービスは、若者教育者向けと銘打っていますし、教育者自身でアレンジやカスタムも可能とのことですが…。昨今の著名人のSNSにおける炎上(わざと行っているものは別)や、イチ会社員の不用意な発言等を考えると、とにかく誰もが一度目を通した方が良いのではないでしょうか?


関連記事
Instagramでは、米国現地時間2019年10月2日、不当ないじめ等が起きないようアカウントを制限させる機能を世界的に実装したと発表しました。これによって、嫌なコメントに関しては当事者以外を非表示にしたり、ダイレクトメッセージを受け取れないようになりました。 どんな機能? アカウントによっては辛 ...(続きを読む)
この度、Facebookでは新しく3つの広告機能を導入すると発表しました。アンケート、プレイアブル、ARの3つです。 増えるミクロコミュニケーション InstagramでもTwitterでもYouTubeでも存在しますが、投稿にアンケート機能を付けることで、ユーザーの声やレスポンスを統計確認できます ...(続きを読む)
Instagramでは、米国現地時間7月18日に「いいね!」の数を非表示にするテストを行うと発表しました。まぁ「いいね!」欲しさの無理な投稿や競争心扇情の抑制が目的ですね。今後は本人にしか分からなくなるかもしれません。 どういう内容? Instagramで表示される“「いいね!」○件”が本人以外には ...(続きを読む)
ちょっとSNSが前進するような話でしたので、ご紹介します。Instagramでは米国現地時間2019年7月8日、コメントにヘイトな内容(攻撃的だったり、貶めるような内容)が含まれている場合、AIが判断して一旦踏みとどまらせるスキームを導入すると発表しました。 どんな内容? 簡単に言うと、Instag ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。