Facebook:ネット教育(日本語版)

FacebookがCSRの一環として進めてきた「デジタルリテラシーライブラリ」の日本語版がようやく完成したようですので、そのご紹介をします。私の個人的感想としましては、対象は若年層を相手にする教育者だけでなく、ネット社会に馴染みの薄い中高年層もレッスンを受けるべきだと思いました。

デジタルリテラシーライブラリ

ふわふわ

どんな背景?

SNSにおけるトラブルやいじめ、炎上や犯罪等が跋扈しておりますが、こうした問題の原因のひとつとして考えられるのは「利用者の未熟さ」だと思います。でも、もちろんFacebookがそういう言い方はできないわけで…そこで、「デジタルリテラシーライブラリ」と称した無償サービスを開始しました。要は、若者に教育していく立場の人向けに「インターネットやSNS、CGMにはこういう付き合い方をしていきなさい――と教えなさい」という指南をマインドレベルから提示してくれるサービスです。

レッスンは、教職員や親など、11~18歳の若者を教育する人たちを対象に開発されました。Youth and Media研究科の10年以上に渡る学術研究結果と、さまざまな社会経済的背景、人種、地域、教育レベルの若者の声を反映し、プライバシーと他者からの評価、アイデンティティの構築、セキュリティ、安全と安心などのテーマを扱っています。

引用)Facebookニュースルーム

今年の夏に英語版がリリースされ、その後各国語での翻訳が進められてきましたが、ようやく日本語版も登場したとのことです。

ふわふわ

どんな内容?

内容としましては、プライバシー(個人情報)の取り扱いを自社他者目線で解説してくれたり、自己主張の仕方だったり、セキュリティ面におけるパスワード設定方法だったりと、大凡“自分のアカウント”なるものを作る時の注意点が多いです。

レッスン画面例

レッスンの数は全部で18ありまして、大きく5つのカテゴリから形成されています。

いずれも1時間以上のレッスン時間ですので、マイペースに少しずつ学習していけるようになっています。

ふわふわ

対象はどこまで?

このサービスは、若者教育者向けと銘打っていますし、教育者自身でアレンジやカスタムも可能とのことですが…。昨今の著名人のSNSにおける炎上(わざと行っているものは別)や、イチ会社員の不用意な発言等を考えると、とにかく誰もが一度目を通した方が良いのではないでしょうか?


関連記事

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

Twitter:スペース始動

今年の3月に紹介しましたTwitterスペースですが、2020年12月からのテスト期間を経て、ついに5月6日、正式リリースしましたのでご紹介します。 スペースを作れる人はフォロワー600人以上 TwitterスペースはまんまClubhouseです。使い方は以前の記事をご参考ください。今までのテスト期 ...(続きを読む)

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。