Facebook:F8でデート機能を発表

Facebookでは、米国現地時間5月1日に開発者カンファレンス「F8」を開催しました。今後のFacebook機能等が発表されましたが、その中で「デート機能」なるものが発表されましたので、そのご紹介をしたいと思います。

マークinFB

ふわふわ

F8での発表内容

F8では、Facebookが持つ様々なウェブサイトやアプリでの新サービスや機能が発表されましたが、その中でもFacebookとInstagramのみ抜粋して以下箇条書きでご紹介します。

Facebook

  • 履歴のクリア:ユーザーのサイト、アプリ利用履歴を削除できる機能(数ヶ月以内に導入予定)
  • ストーリーズへの共有:ユーザーが他アプリからFacebookのストーリー機能やInstagramストーリーズにシェアできる機能
  • Facebookグループタブ:参加している全てのグループを管理し使いやすくできる機能
  • 災害支援ハブ:災害状況等の情報をリアルタイムに共有できる機能(今年後半に導入予定)
  • Facebook献血:インド、バングラデシュ、パキスタンのユーザーがFacebook上で献血ドナー登録できる機能
  • デート機能:のちほど

Instagram

  • ARカメラ:カメラの効果エフェクトとしてAR(拡張現実)機能を実装
  • ビデオチャット:Instagramのダイレクト機能のひとつとして個人間やグループ間でビデオチャットできる機能
  • 新しいExploreページ:今までの検索ページをより分かりやすく見やすく改善

全体として

  • AIへの注力とその精度:画像認識システムの訓練に成功し、写真にハッシュタグを付ける精度が向上
  • VR/AR:リアルなアバター作りの強化
  • コネクティビティ:通信ネットワークの強化

参考)F8の1日目まとめ:Facebookニュースルーム

参考)F8の2日目まとめ:Facebookニュースルーム

今回の印象としては、新しいサービスというより、従来の機能の強化や精度向上等が多いと感じました。それもそのはずで、従来から課題となっていたいじめ問題や災害、プライバシーやデータ流出等、ネガティブな外的要素に合わせた強化を行っているのだと思います。

ふわふわ

デート機能

さて、今回のF8ではこのデート機能というのがかなりセンセーショナルだったと思いますので、ご紹介です。使い勝手によっては、もしかしたら従来の出会い系を一掃する程の巨大プラットフォームに変わるかもしれません。

人々は既にFacebookを利用して新しい人と出会っていますが、この体験をより良いものにするため、出会いやマッチングを可能にするデート機能をFacebookアプリ内に構築します。利用者の皆様は、自身のFacebookプロフィールとは別に、デート機能専用のプロフィールを作成することができるようになり好みや共通点、共通の友人などを元におすすめのマッチングが提示されます。また、Facebookグループやイベントなどで似た関心事項を持つ人を発見することも可能です。

引用)Facebookニュースルーム

Facebookは基本的に実名やリアルな個人情報を入力しているアカウントが多いと思います。今回、そういった興味・関心の専用入力情報に合わせたマッチングサービス機能を導入するというのです。β版が今年後半から導入予定だそうです。

ユーザーのデート用プロフィールは、同じくデートを求めている、友だちでない人にだけ可視にできる。データが通常より多くなるから、本当にあなたにふさわしい人を見つけられるかもしれない。

引用)TechCrunch Japan

デート機能を使うには、Facebookアプリの自分のプロフィールページの右上に表示されるようになるハートアイコンをタップする。ここでデート機能専用の自分のプロフィール(名前はファーストネームのみでよく、写真、趣味、参加しているグループなどを登録する)を用意する。このプロフィールはデート機能を利用する人にのみ表示され、ニュースフィードには表示されない。
プロフィールを登録すると、異性のプロフィールを表示できるようになる。表示されるのは、登録したプロフィールからFacebookがマッチングした相手だ。気に入った相手がいたら、デート機能専用のメッセンジャーで会話できる。

引用)ORICON NEWS

どうやら自分が出会いを求めていることは、他の友達には知られることなく利用できるようです。もちろん、出会いと言っても様々で、恋愛だけでなく趣味の共有等でも利用できそうです。

ふわふわ

合理的といえばその通り

通常のマッチング系、出会い系サービスの場合は、新しく個人情報を入力したり、入力すること自体への劣等感や心理的ハードルがあったりしますが、Facebookの拡張サービスとして機能するのであれば、心理的ハードルはかなり下がると思います。これは業界には大きく影響してくるのではないでしょうか。

出会い系アプリ群

Facebookの利用ユーザー数や入力情報、対象エリア、その他心理的な利用障害度を考えれば、この巨大SNSの特性を活かしたデート機能はとても合理的だと思います。恋愛を抜きにしても、特にマニアック(マイノリティ)な趣味を持つ人にとっては共有できる人探しにおいて、朗報となるのではないでしょうか。


関連記事

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

Twitter:スペース始動

今年の3月に紹介しましたTwitterスペースですが、2020年12月からのテスト期間を経て、ついに5月6日、正式リリースしましたのでご紹介します。 スペースを作れる人はフォロワー600人以上 TwitterスペースはまんまClubhouseです。使い方は以前の記事をご参考ください。今までのテスト期 ...(続きを読む)

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。