facebook:データポータビリティ化

2月21日、facebookでは、写真や動画のコピーを他社サービスへ転送できる機能を実装したことを発表しました。データポータビリティという概念から検証を重ねてようやく実装に至ったようですので、今回はそのご紹介をしたいと思います。

facebookのtips

ふわふわ

データポータビリティって?

文字通り「データの軽便化(手軽で便利にすること)」となります。インターネットやインタラクティブな社会の場合、特定のサービスやアプリ、プラットフォーム内で蓄積した写真や動画等の情報(個人情報になりますね)を、特定のサービス内に留まらせず、自分で自由に他サービスに移行できたりすることです。このデータポータビリティに関して、プライバシーポリシーの見地からも含め、facebookではいち早く姿勢を示していました。

私たちは、政策立案者、規制当局、研究者、その他関係者との対話を行い、政策に関する議論を促進するためには過去の実例やツールが有益であることがわかりました。そのため、私たちはフィードバックを踏まえて新製品を開発し、利用者の皆様や専門家が評価できる機能を提供することで、データポータビリティポリシーを進展させるきっかけになると考えています。

引用)Facebookニュースルーム

ふわふわ

データ移行プロジェクトって?

そして並行して、2018年に複数のサービス間でデータを転送できるプロジェクト――「データ移行プロジェクト」が立ち上がっていました。これにはアップル社、FACEBOOK、Google、マイクロソフト、Twitter社が参画(コラボ)しています。

データ移行プロジェクト(DTP)は、2つのオンラインサービスプロバイダーを接続できるオープンソースコードを使用して共通のフレームワークを構築することを約束する組織のコラボレーションであり、2つのプラットフォーム間でデータをシームレスに直接ユーザーが開始できる移植性を実現します。

引用)Data Transfer Projectより和訳

ふわふわ

facebookの新機能

そしてfacebookでは、個人情報のダウンロード方法に関して準備を進めながら、前述のデータ移行プロジェクトで開発したコードを元に、新しく「写真または動画のコピーを転送」機能を実装しました。これは、[設定]の[あなたのFacebook情報]から進むことができます。

dtpへの導線

写真または動画のコピーを転送

とりあえず、今はGoogleフォトへ移行できるのみですが、今後DTPへの参画企業(サービス)が増えて行くことで移行先やインタラクティブ性は高まっていくものと考えられます。

本日、利用者の皆様がFacebook上の写真や動画を直接他社のサービスへ移行することができる新しい機能を紹介いたします。この機能により、始めにGoogle フォトへの移行が可能になります。

引用)Facebookニュースルーム

ふわふわ

利便性向上なるか

今回は(転送先サービスへの利用促進に繋がるリスクを背負いながら)facebookが第一人者となり、今後も大手プラットフォームやSNS中心に活性化するかもしれないデータポータビリティですが、私が思うにこの概念が進んでいくともっと利便性が高まるのではないかと思います。例えば、転職サイト同士のデータポータビリティやデータ移行プロジェクトが成立すれば、同じ履歴書で様々な転職サイトに一括登録できるようになるかもしれません。そうなると転職サイト側によるユーザーケアやサービス競争は激化しますが、ユーザーにとっては非常に有益になりますよね。同じように長期検討するような不動産や中古車販売等、希望事項を横串にデータベース化できるようになれば、どんどんボーダレスになっていきます。企業側や各サービス情報サイト側によるユーザーへの囲い込み戦略も精度が増していくでしょう。一方で情報流出リスクも拡大しそうで怖いですが…(笑)。

おそらく何年も先の話になりそうですし、企業としては性善説に基づいたプロジェクト参画が必須となりますが、いつかデータポータビリティが実現するインターネット社会になったら凄いですね。


関連記事

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用し ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。