Twitterにコレクション機能

先月の「Google+にコレクション機能」に引き続き、Twitterまでコレクション機能が登場しました。日本はまだのようですが、海外では試験運用が始まったようです。

ノスリ

ふわふわ

インフラの整理?

確かにTwitterの投稿数は世界的に日々相当挙がっていますが、そこに登場する固有名詞やエンティティ情報をないがしろにせず、DB化すればユーザーの滞留化とリピート数は上がると思います。

Twitterによると、何百万人ものユーザーがお気に入りの買い物や楽しかった場所、書籍、休みの計画といった情報を毎月ツイートしているという。しかし、探している商品や場所と関連性の高いツイート、画像、ビデオを見つけるのは至難の業だった。そこで同社がテストを始めた機能が、商品・スポットのページおよびコレクションの2つである。
引用元)CNET Japan

 
Twitterはユーザーの見つけやすさを追求した結果としての機能という言い方をしていますが、果たしてどこまで使い勝手が良くなるのでしょうか。
正直、Google+のコレクションは活性化はしていないように見受けられますが、Twitterの場合はどうなのでしょう。

また、商品・スポットのページは、1製品に1ページが割り当てられ、その中に購入ボタンもできるようです。製品ページでは概要説明の他に、製品画像、関連製品、価格、オンラインショップへのリンクなども見られます。なるほど、そうなると広告やアライアンス、アフィリエイト等のビジネス(マネタイズ)機会も増加し、Twitterにとっても収入源が拡大するわけですね。
Amazonを目指しているのでしょうか。

ふわふわ

SNSのポータル化

流行要素の強いSNSですから、事業拡大してポータル化していく方向性はアリだと思います。むしろ、SNSは多チャンネル化されるべきだと私は考えていますので、すでにユーザー数を数多く保有している大手SNSはポータル化していくのはアリですね。個人から発せられるニュースもあるわけですし…。

今後はFacebookもTwitterももっとポータルメディアとして機能していくのかもしれません。

…となると、どうしましょう?Google+は(笑)。


関連記事

人がメディア化する時代のYouTube

私は常々「人がメディア化している今の時代において、もはやプラットフォームはなんでも良い」と言っています。TwitterやYouTube、Instagram等のSNSが盛んになることで、ユーザーは当初そのプラットフォームの可能性を楽しんでいましたが、SNSが成長期から成熟期になるにつれ、プラットフォー ...(続きを読む)

Clubhouseを始める前に

連日マスコミでも取り上げていることもあり、Clubhouseの招待枠が1人5枠までロールアウトしていることを機に、アーリーアダプターからアーリーマジョリティまで利用者が広がっているようです。そこで、Clubhouseの利用を始める際、最初にClubhouse側から案内される招待記事を和訳しましたので ...(続きを読む)

音声SNS「Clubhouse」とは

久しぶりに世間を騒がすSNSプラットフォームのお話です。もうすっかりあちこちで話題になっているClubhouse(クラブハウス)ですね。すでにあちこちで色々な解説記事があがっていますが、一応私も触れておきたいと思います。 Clubhouseとは 2020年3月に米国ベンチャーが開発・リリースした音声 ...(続きを読む)

Twitterの透明性取り組み(17回目)

Twitterがブログで第17回「Twitterの透明性に関するレポート」からのインサイトについて発表しました。Twitter内の健全性のための世界的取り組みや措置について発表していますので、このブログでもご紹介しておきます。 Twitter透明性センター もともとTwitterでは2012年に公序 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。